補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

長年置きっぱなしの重い家具の負担のせいで大切な床が傷ついたといった…。

2017年05月05日 20時30分24秒 | フローリング補修

毎日行き来することなどで少しずつフローリングを覆う膜は減りますが、ちゃんと手入れされている床と手入れされていない床では、あっという間にものすごい差異が分かります。
キズが小さければ、1回作業で5〜10箇所のキズをリペアで補修できるそうです。ようするに、専門家にお願いするのであれば1個だけでなく、いくつかまとめて依頼するといいですよ。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ関東一円OK!
床というものは一部分を入れ替えるのがとても難しいのです。たとえ交換しても色調が合わず、どことなくおかしい時もあるので、リペアというやり方が何よりもいいと思います。
たいていは床や扉など木製製品の傷というのはまず消えないと言われていますが、実例を見ると意外と大丈夫だったりしますので、よく判断しましょう。
古い集合住宅のフローリングに汚れのようなシミが付着しているケースが報告されています。シミは手遅れになる前に除くことが大切で、時間の経過により跡になります。

長年置きっぱなしの重い家具の負担のせいで大切な床が傷ついたといった、ちょっとしたきっかけで生じる嫌なキズ。キズの程度は関係なく専門業者に依頼すれば全部きれいになります。
日本でもてはやされている木材のフローリング床。さっと掃除するだけでOKで、リビングでもダイニングでも、好きな場所で便利に採用していいのがありがたいと思います。
キッチンの床に不測の傷やヘコミがつくのは当然として、ひどくなってきたらリペアや補修専門の工務店に補修作業をやっていただいて厄介なキズを直してしまうといいです。
キズが浅ければ、DIY用品売り場で各種「床材用補修カラーや補修剤」が売られていますから、床にぴったりの色をレジに持っていき、自分の力で床のリペアすることをお勧めします。
何年も、負担を受けていたフローリングは繊維が破壊されぎしぎしきしみます。もともと木は湿るとかさが増すため、そこに着目したリペアのやり方を紹介しましょう。

普通のフローリングはキャスターで動くイスと相性が合わないと言われています。重みのかかったキャスターで一定の箇所を幾度も運ぶと、隅がせりあがって変形することがあります。
目立たないすり傷で幅もさほどの太さでなければ、補修ペンという製品を使用するのが一般的です。複数本がセット売りされている補修ペンもあり、重ね塗りによってもとの床の色に近づけることもできます。
小さい傷のケースは、キズができた箇所に床より少し暗い色の補修専用クレヨンを塗布し、過剰なものを除去し、仕上げにワックスでコーティングします。
新築マンションなどに敷かれている音を伝わりにくくするフローリングは無垢素材だけでできているのではなく、合板と一緒にさまざまな防音材を張って雑音や足音ができるだけ伝わらないようにしてあります。
フローリング床や柱のいろいろなキズにちょうどいいのが「かくれん棒」シリーズという定番商品。すりこむだけでフローリングなどにできたちょっとした傷が分からなくなり、気楽に納得の補修ができます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロフェッショナルの専門知... | トップ | マンションの中でとても傷み... »

フローリング補修」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL