補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

自宅マンションのフローリング床を自ら補修する人も見かけますが…。

2017年04月04日 17時30分01秒 | フローリング補修

水がとぶキッチンは、ひび割れや汚れ、目立つ傷みが残るので最新の注意が必要です。床に見つけた水汚れや油汚れは、見て見ぬふりをしないように注意が必要です。
長い年月置いた家具の荷重に耐えかねてフローリングの床が歪んだなど、意外なことで生まれる厄介なへこみキズ。大きいものから小さいものまで専門家の手にかかれば全部きれいになります。
 [PR]フローリング、床の補修はリペアアキ東京・神奈川・千葉、関東一円OK
うっかりきれいな床にキズを見つけても大丈夫です。正しいやり方でリペアを実行したら目立たなくなります。キズの程度によって違うリペア法をご紹介します。
床の汚れ度合をかんがみて、プロならではのリペアの方法で、大切なフローリングの修理をいたします。狭い範囲のリペアから大きなマンションの大規模床補修も対応できます。
直接塗り込める補修材も買っておくと、フローリングの模様に木目が生かされている場合は、けっこう消すことができるとのことです。

傷は小さくても発見すると気になって困りますが、東急ハンズなどで手に入るリペアセットを上手に活用することで、アマチュアでも気楽にさまざまな補修ができるんです。
一戸建て・アパートのフローリング床の補修の場合は、いわゆるフローリングリフォームと比較して、張り替えの面倒な手間がいらないので、コストも低く納得の結果が得られます。
たいしたことのない傷の場合なら、キズを消したい場所に床に合う色のいわゆる補修用クレヨンをのばし、余分なものを布でぬぐい、仕上げにワックスを塗り重ねます。
フローリング床の厄介なキズは大型から小型まで、ひどすぎないサイズなら、“フローリングにも安心のキズ補修剤”と呼ばれるものを買ってあっというまに補修することが可能です。
普通のマンションで選ばれている床に塗られているのは1ミリにも満たない膜ですから、普段の生活の中で行ったり来たりするだけでもこすれてしまったり、小さな砂粒や日常の砂ぼこりで肉眼では見えない傷が残ってしまうのです。

目の前で見るとプロの業者のリペア作業は申し分なく、リペアが完了した後のフローリングは目をこらさないとどこの箇所に補修が施されたのかまず気づきません。
床本体に深い傷が残った場合じゃなくても、何も手入れしないと、色落ちしたところが大きくなったり、傷が大きくなるケースがあるため、早めの対処が大切です。
仕上げにあまり光沢がないウレタン塗料やつや消し剤を塗れば、フローリング床の小さな傷が見えにくくなり、メンテナンスの間隔を先延ばしにすることができるようになっています。
自宅マンションのフローリング床を自ら補修する人も見かけますが、やめたほうがいいです。どうしてもプロの補修やリフォームは仕上がりがよく、素人の付け焼刃の作業とは全然異なります。
気を付けていたのにへこみやキズに気づいたら、床用の補修剤というものを買って修復できます。まったくの新品というのは実現できなくても、だいたいは補修できます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フローリングの補修あれこれ... | トップ | ひょんなことから木材ででき... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL