補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

フローリングの補修あれこれ|取り替えするしかないほどの深刻なキズでなければ…。

2017年05月19日 21時40分01秒 | フローリング補修

大事な床に水汚れや傷がつくのは避けられないとして、無視できない程度になったらリペア補修のプロに理想の補修をしてもらって気になるキズを消してしまいましょう。
建築後しばらくたったマンションのフローリングなどにシミが残っている部屋もあるようです。シミは可能な限り早く取り去ることが大事で、そのままにしておくと残ってしまいます。
殺風景なリビングの床が素敵なフローリングにリフォームされて、自慢のマイホームを実現する経験は、みなさんにとって憧れのときでしょう。
家の中でとりわけ傷つきやすく摩耗も早い「床(フローリング)」ですから、できた時の質のみならず、使いながら維持することが必須だと考えられます。
かなりの傷や大きなへこみ傷なら、リペア用のかくれん棒といった製品を活用します。それ以外にも専門のツールもいるので、業者に意見をもらうのが得策だと思います。
 [PR]フローリング、床の補修はリペアアキ東京・神奈川・千葉、関東一円OK

俗にいうフローリングは材料が木なので、置物などとぶつけたり荷物の移動なんかの時にすぐに傷がつきます。ダイニングなど目につきやすい場所だと、かなりわかります。
飼い猫の排泄物の他、意外にも多いウォーターサーバーが原因の補修。フローリングは木でできているから、見つかった時には手遅れでシミがついている場合がほとんどのようです。
小さい傷の時は、キズのある場所に床に合う色の補修クレヨンや補修剤をつけて、つけすぎた補修材などを布で取り除き、フローリングワックスで保護します。
床の板材張り替えを決める前に、シミの周囲の補修で大丈夫なものは少なくありません。床のシミ補修は汚れやへこみのキズ補修に比して時間はいりますが、価格は張り替えにかかる値段より格段に低くなります。
サネという突起部分はきっちり噛み合っていることが大事です。さもなくばフローリングがずれて、見た感じがよろしくないでしょう。

例えば無垢材でできたフローリングの小さなへこみの場合、湿らせた布を当て布にして、アイロンをあてるようにすると、温度が上がることでフローリング材が膨らみ、平らになることもあるそうです。
本棚などの移動による細かい傷を無視し続けた場合、傷ついた床を保護する働きをする塗膜層が少しずつ消耗していき、床全部にダメージが及びます。
長年置きっぱなしの家具の重さで大切な床がへこんだようにみえるなど、ちょっとしたきっかけでついてしまう困ったキズ。どんな傷でも専門業者に依頼すれば全部きれいになります。
いわゆる集成材であれ天然木100%であれ、ほとんどのフローリングは天然の木を使用していますから、普通に暮らしているだけでだんだんとよく使う場所には多少の傷がつくのは当たり前です。
取り替えするしかないほどの深刻なキズでなければ、店頭で手に入る補修剤を買って補修にトライするほうが安価できれいにできるというすばらしい利点も忘れてはなりません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何の変哲もない家の床が今ど... | トップ | 数種類の材料を集めた集成材... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL