補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

家の床にワックスを塗ることで膜があるので…。

2016年10月16日 20時30分08秒 | フローリング補修

ありふれたリビングの床が素敵なフローリングを敷くことで、自慢のマイホームになる体験は、あなたにとって最高の瞬間のはずです。
この10数年で床がフローリングの新築物件が次々に建てられていて、そのため専門のリペア業者も増加しています。それも、以前よりもリペア代が低価格になっているというのは本当です。
    [PR]リテーナーの臭いとリテーナの洗浄剤、リテーナークリーンVIVAおさらばしよう!
床に物を誤って落下させてつくった小さな傷とか、大事な家具にのこってしまった傷は、木材のものならおそらくリペア可です。プロフェッショナルに頼めば、ありとあらゆるキズの補修が可能です。
家の床にワックスを塗ることで膜があるので、傷、水汚れ、油汚れから床を守ります。ひどい汚れがたやすくとれるので、いつものお掃除が簡単にできるというおまけもあってありがたいですね。
日常歩くだけでだんだんフローリングに塗ったワックスはなくなっていきますが、こまめに手入れしてある床とほったらかしの床では、早くにはっきりとした差異が分かります。

床の木材が傷をおった場合じゃなくても、放っておくと、ワックスがはげたところがひどくなったり、傷が治らなくなる例も過去にあったので、早めに策を講じることが必要でしょう。
たいていは床や建具など木製製品の傷というのは元に戻せないとあきらめてしまいますが、専門家に聞くとそうとは限りませんから、ちゃんと点検するといいですよ。
新築時、表面に被膜を作っているウレタン塗料などが薄くなってしまった廊下などのフローリングは、まだらになった場所にクリアー塗料などで補修する方法が最適です。
 [PR]フローリング、床の補修はリペアアキ東京・神奈川・千葉、関東一円OK
床の状態をかんがみて、経験豊かな熟練のリペア技術で、大切なフローリングの修理を請け負います。小さなリペアから1フロア全体の床の補修作業もできます。
お手本となる一枚目のフローリングがなめらかな弧だと、それに続くフローリングの仕上がりもなめらかな弧を描き、見栄えがいい床ができます。

普段の生活の中でできるフローリング床のキズは家族の歩みではありますが、キズが増えると外見に影響を与えるため、可能なら補修・リペアするべきです。
ソファーなどをずらしてできた深いキズをいつまでもほったらかしにすると、フローリング床を保護する働きをする塗膜層がちょっとずつ薄くなっていき、床全体にダメージが及びます。
フローリングの張り替えの値段より低価格で請け負ってもらえるいわゆる床リペアは、傷が消えてしまったと思える状態まで実現されます。賃貸住宅におすすめの補修のやり方だと言えます。
専門のリペア業者いわく、専門業者が使う道具と私たちが使う道具はどういうところに差があるのか疑問をぶつけたところ、「そんなに変わらない」という話を聞きました。
何年も、荷重に耐えていたフローリングは木の繊維が壊れ沈み込んだようになりがちです。一般に木材は水分を含むと膨張するので、これをうまく利用したリペアのコツは有名です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長年置きっぱなしの家具の重... | トップ | アパートで使用される専用の... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL