補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

フローリングの補修あれこれ|フローリング床に傷をみつけたら…。

2017年03月19日 13時00分04秒 | フローリング補修

自分で模様をかける補修材も使えば、フローリングの材質が木目調である家は、けっこう消すことが可能です。
浅いキズなら、半日で5か所ぐらいはリペアすることも問題ないと言われています。ということは、工務店に発注するのであれば少数の傷ではなく、ある程度の数の傷を依頼するといいですよ。
今一番使われている床材でできたフローリング。さっと掃除するだけでOKで、台所でも洗面所でも、どこでも問題なく使用できるのがメリットでしょう。
 [PR]フローリングや床の補修はお任せリペアアキ東京・神奈川・千葉
他と比較して水気と相性の悪い床は、よく絞った古布でしばしば拭き掃除するだけで傷みが生じます。フローリング床の傷みがひどくなる前に、きちんとしたケアが必要です。
中でも、キャスターのついたチェストなどをダイレクトに使い続けると、ひっかき傷などが起こるので、敷物で傷がつかないようにするといいです。

フローリング床や柱のさまざまなキズにちょうどいいのが「かくれん棒」という補修剤だと思います。塗るだけで大切なローリングや柱に作った様々な傷が消えたようになり、短時間で補修が可能です。
プロフェッショナルが手掛ける床補修は、深刻なキズ、ヘコミ、シミなどを完成当初の家の床の状態まで補修可能です。取り替えるのではなく、市販の補修材を利用して補修を実施します。
ふつう大切な床や柱など木についた傷は元に戻せないとして放置されますが、本当は意外と大丈夫だったりしますので、ちゃんと見定めをすることが必要です。
フローリング床に傷をみつけたら、ワックスがけをして、乾かしてからはじめてリペアをします。ほんの小さなキズなら、ワックスがけしただけで元の状態になると思います。
木材でできた床は歩いていて気持ちよく優しさがありますが、反面傷は避けられません。ソファーの足などに傷を防ぐ専用シートを貼付するのが傷防止には有効です。

生活の中の掃除の仕方は水ぶきはせず、たいしたことない傷があったら、一般的な補修剤やクレヨンですぐに補修するのがフローリング管理のキーだと思います。
普段の生活の中でできるフローリング床のキズは一家の歴史ではありますが、キズだらけになると家全体の見た目がよくないので、なんとかひどくならないうちにリペアするといいでしょう。
借りていたマンションを出るときは、当然原状回復(賃貸開始時と変わらない状態に戻して返却する)が求められます。その時はフローリングの部屋は確認が必要です。
サネの凸凹部分はがっちり合わさっていることが大事です。でないとフローリングの繋ぎ目が隙間になって、美的にもいただけないでしょう。
確かに、たいしたことない傷ならお店で販売されているリペアセットを使って補修すれば直りますが、傷の範囲が広かったりたくさんあると、自分一人で補修するのはかなり大変です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両面テープでくっつけられる... | トップ | 一般的な住宅・賃貸マンショ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL