補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

ひょんなことから木材でできた床にキズを作ってしまった場合でもあわてる必要はありません…。

2017年04月05日 17時00分01秒 | フローリング補修

木製の床はナチュラルで安心感がありますが、反面傷がよくできます。テーブルの脚に傷を防ぐ専用フェルトシートを予め貼るのがいいと思います。
仕上げに木の温かみを残す塗料やつや消しを塗れば、床表面の浅い傷が見えにくくなり、メンテナンスの時期をさらに先延ばしにすることができるそうです。
建築資材の中でも特に傷がつきやすく老朽化の早い「床(フローリング)」だから、今この瞬間の完成度は当然ながら、これからの手入れが必要だと思います。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ関東一円OK!
フローリングの張り替えの費用に比べて低価格でできる床リペアという方法は、傷がわからなくなるくらいまで補修されます。賃貸物件の床に合う補修のやり方だと言えます。
リペア専門の工務店によると、専門業者が使う道具と一般人に手に入るツールは本当に違うのかを問うてみたら、「ほとんど違わない」という驚きの答えが返ってきました。

水汚れがつきやすい台所は、ひびやシミ、いろいろな傷みが生まれやすいので気をつけたほうがいいですよ。フローリング床についた面倒な汚れも見て見ぬふりをしないようにしてください。
ひょんなことから木材でできた床にキズを作ってしまった場合でもあわてる必要はありません。正しいやり方できちんとリペアすればきれいになります。キズの大小で異なるリペアのやり方を取り入れましょう。
汚れやキズに気づいたら、フローリング床専用の補修剤というものを利用して直すことが可能です。新築同様というのは不可能でも、そこそこ気にならなくなります。
築年数が古い家屋のフローリングにシミが残っている部屋が見受けられます。シミは早い段階で除去することが不可欠で、放っておくと手の施しようがなくなります。
年1回の頻度で床のフローリングにワックスを重ね塗りすると、小さなキズが残りにくくなります。そこまでしても何か重いものを落として厄介なキズやヘコミができるケースも珍しくありません。

一番数が多い木材でできているものの補修というと床補修の他にありません。模様替えの際にできたひっかき傷やぶつけてできた凹みキズなど、フローリング床のキズもタイプはいろいろなんです。
可愛いペットのおしっこによる汚れの他、見過ごすことができないのがウォーターサーバーの水漏れでできたシミ補修でしょう。フローリングの場合、あっと思った時にはもう遅くてシミが残っていることがほとんどです。
日々の家庭生活でつく床のちょっとしたキズは家族の歴史としての味がありますが、キズだらけになると家全体の見た目の印象が悪いので、なんとか早めにリペアしたほうがあとあと楽です。
相当の傷や結構なサイズの凹みキズの場合は、例えばかくれん棒といったリペア材を活用します。いくつかの専門的なツールも必要ですから、プロの工務店などに質問するべきでしょう。
手を加えずすべてフローリングの乾燥が済んだら、少しの量で何度も塗り、また放置して乾燥させて塗る。この方法がフローリングワックスを成功させるコツでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自宅マンションのフローリン... | トップ | 床のどこかが傷ついていた時... »

フローリング補修」カテゴリの最新記事