補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

1年に1回のペースでフローリングの表面にワックスコーティングすると…。

2017年12月09日 09時30分00秒 | フローリング補修

プロに頼まないで行うリビングのフローリング補修にいる各種材料は、DIYショップで手に入ります。さまざまなフローリング補修材で、「かくれん棒」というものが有名なようです。
1年に1回のペースでフローリングの表面にワックスコーティングすると、面倒なキズが最小限になります。それだけやっても尖った物をぶつけてさまざまなキズとして残る場合も珍しくありません。
かなめになる初めのフローリングがなめらかな弧を描いて敷設してあると、それに続く全体のフローリングも美しい曲線を描き、完璧な床が手に入ります。
汚れ防止に木の温かみを残すいわゆるシルクマットやつや消し塗料を選ぶと、フローリング床の小さな傷が目立ちにくくなり、メンテナンスの間隔を延ばすことができるようになっています。
フローリング床の継ぎ目から発生する実鳴りをリペアで抑えるには、実鳴りに効くものとして定評のある補修剤を用いて、床材と床材の間を滑らかにすることで、擦れるのを防止しうざったい実鳴りの音を最小限にします。

アパートなどに取り入れられている床を覆っているものは1ミリにも満たない膜ですから、普段の生活の中で使うだけでもへこんだり、細かい砂ぼこりなどで虫眼鏡でないと見えない傷がつくそうです。
何の変哲もない家の床が素敵なフローリングになることによって、素敵なスペースへと生まれ変わるリフォームは、施主にとってうれしい体験ではないですか。
何かを落として、新築のフローリングに気になるキズがついてしまっても、プロに頼まずに消したい傷を判別しにくくする道具がフローリングのリペアに役立つ専用キットです。
リペアの専門家によると、プロが用いるツールと私たちが使う道具はどこが違うのか伺ってみたら、「そんなに区別はない」という驚きの答えだったんです。
純粋な無垢木材はいわば“生命体”。ですから、放っておけないほどの傷でなければ、施工直後に補修するのは我慢して、2、3か月は変化を観察して補修を検討したほうがいいと思います。

100%無垢フローリングは、全体が同一の木材ですから、表面を削ることができます。キズが大きい床なら、ホイールサンダーという電動工具を使うことをおすすめします。
 [PR]フローリングや床の補修はお任せリペアアキ東京・神奈川・千葉
たいしたことのない傷の時は、キズのところに床より濃いめの色の補修専用クレヨンをつけて、浮き上がっている分を古布でふき取り、仕上げ用ワックスを重ねます。
ふと床の上に固い物を落として、自慢のフローリングにキズを作った苦い経験があるでしょう。フローリングリペアにトライして、床に作った傷の補修をしましょう。
床に深い傷が残った場合じゃなくても、何も手を打たなかったら、剥げた箇所がひどくなったり、傷が拡大する例も過去にあったので、早急な対策が大切です。
数種類の材料を集めた集成材であれ天然木100%であれ、たいていのフローリングは何らかの木材を利用しているので、毎日使っているとだんだんとどんな場所にも多少の傷が残ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加