補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

日々の掃除の仕方は水ぶきはせず…。

2018年01月22日 10時30分03秒 | フローリング補修

大型マンションで採用されている音を伝わりにくくするフローリングは無垢材のみが使われているのではなくて、合板と合板の間に防音の働きがある特殊材を重ねて下の階への音が伝わりにくい仕組みになっています。
特別に床材の種類はなんでもOKというみなさんは、「複合フローリング」というものにすれば大丈夫だとだれもが認めるほど、バランスのいい優秀な床材です。
防音対策でいわゆる緩衝材が貼られているもの、床暖房を敷けるように加工されたもの、風呂場などの水廻り用に特別な加工がしてあるすぐれたフローリングもあるそうです。
フローリング表面に被膜を作っているシルクマットなどが剥げてしまった廊下などのフローリングがあったら、一部分だけにコーティングを使って補修する方法が最適です。
汚れやキズができたら、フローリング床専用のいわゆる補修剤を買って修復できます。最初の通りとまではいきませんが、それなりに目立たなくなります。

天然木のフローリングの特徴としては、表面も中身もひとつの素材ですから、研磨によるリペアができるというメリットがあります。キズが目立つ際は、専用工具の使用をおすすめします。
日々その上を歩くことで知らず知らずのうちにフローリングの塗装は減りますが、こまめに手入れしてある床とほったらかしの床では、早くに明瞭な違いに気づきます。
リペアのプロフェッショナルの話では、工務店で使っているツールと趣味で使うDIYツールはどこが違うのかを問うてみたら、「まったくと言っていいほど差はない」という驚きの答えを聞きました。
交換する以外に方法がないくらいのキズじゃなかったら、売られている補修剤を使って補修にトライするほうが安く済むし手軽という大きなメリットも忘れてはなりません。
 [PR]フローリングや床の補修ならリペアアキ金属補修もOK!
フローリングの傷は見つけると気になって困りますが、日用雑貨店で販売されているリペアグッズを使えば、素人でも短時間で修復ができます。

床にできたうれしくないキズは深いものから浅いものまで、ひどすぎないものならば、“フローリングにも安心のキズ補修剤”と呼ばれるものを使って自分で補修することが可能です。
職人の専門知識が生きた安心の補修サービスを低価格でさせていただきますので、あきらめていたキズを割安価格で完璧にリペアすることができます。
日々の掃除の仕方は水ぶきはせず、何かのキズに気づいたら、一般的な補修剤やクレヨンですぐに補修するのが美しい状態を維持する重要なポイントだと言えます。
テープで接着できるようなフローリング床なら、今の床材に重ねて使用できるから、DIY感覚で気楽にリフォームを実現することができるそうです。
世の中では東急ハンズなどで便利な修復キットが購入できるように“木材でできた床や家具のキズ補修”は普通の日曜大工なんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加