こんにちは!高知市議・細木りょうです。

議会活動や日頃の活動報告をお知らせします
携帯090-8972-1478

2017年6月議会 個人質問行いました

2017-06-22 09:49:23 | 日記
1)市長の政治姿勢「憲法」
憲法施行70年の憲法記念日に首相は2020年までに憲法改正を明言。憲法審査会では「国と地方」のありかたが論議されているが、県選出の国会議員は「地域主権はおぞましい」との問題発言を行った。92条「地方自治の本旨」の現代的な意義について聞く。
市長)自らの地域を地域住民が自らの発意と話し合いに基づく意思決定によってつくっていくことで、民主主義国家としての基礎を築こうとするものだと認識している。

2)中心市街地活性化基本計画
・新図書館西敷地の活用方針について
市長)西敷地については、様々な議論があるが、4つの機能に絞り込まれているので、広場機能も含め、4つの機能を複合的に含む提案をする」
※4つの機能(Aランク) ①広場、②家族で訪れ子どもが安全に遊べる場所、③観光客のリピーターを増やす、④日曜市やよさこいを充実させる。

・まちなかにあるオープンスペースの価値は
市長)多様な方々の居場所の創出や地域コミュニティの場を提供し、暮らしを豊かにする役割を果たす空間として期待できる

中心市街地東エリアの活性化については、自然・文化・歴史を生かした賑わいづくりを。貴重な生物が生息する新堀川にふたをする道路工事(はりまや工区)は25億円もかかり時代遅れ。工事は中止し、親公園として整備してはどうか。
市長)交通渋滞の解消、交通量が多く通学路の危険回避のため本路線の整備は必要。可能な限り環境面では配慮したい。
*道路拡幅により通行量増加、車のスピードアップなどより危険が高まることを指摘しました。

3)土壌汚染対策
東京ガス跡地である豊洲の土壌汚染は無害化できず深刻。高知市内のガス工場跡地は汚染していないのか。土壌調査は市に報告されているのか。市民から不安の声が上がっている。事業者に報告を求めるとともに今後の対応を含めて聞く。
市長)有害物質使用特定施設に該当していないことから報告されていない。自主的な報告等を待っている状況。

4)太陽光発電施設開発工事
 三里地域の大平山で、大規模な太陽光発電施設設置工事が行われている。無許可で工事範囲拡大、土砂流出や落石も発生し危険な状況。県の太陽光発電の設置運営ガイドラインに基づく住民説明会なども行われていない。市の工事進捗管理は適切に行われていたのか。また本市独自の太陽光発電施設設置ガイドラインを早急に整備すべき。
市長)工事中止や、口頭による指導を行い、造成計画の提出や災害防止に必要な措置を講ずるよう厳しく指導を行っている。ガイドラインについては、県のガイドライン(施行1年となり、現在見直し作業中)に即した対応を行っていく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月議会 個人質問行いました

2017-06-22 09:49:23 | 日記
1)市長の政治姿勢「憲法」
憲法施行70年の憲法記念日に首相は2020年までに憲法改正を明言。憲法審査会では「国と地方」のありかたが論議されているが、県選出の国会議員は「地域主権はおぞましい」との問題発言を行った。92条「地方自治の本旨」の現代的な意義について聞く。
市長)自らの地域を地域住民が自らの発意と話し合いに基づく意思決定によってつくっていくことで、民主主義国家としての基礎を築こうとするものだと認識している。

2)中心市街地活性化基本計画
・新図書館西敷地の活用方針について
市長)西敷地については、様々な議論があるが、4つの機能に絞り込まれているので、広場機能も含め、4つの機能を複合的に含む提案をする」
※4つの機能(Aランク) ①広場、②家族で訪れ子どもが安全に遊べる場所、③観光客のリピーターを増やす、④日曜市やよさこいを充実させる。

・まちなかにあるオープンスペースの価値は
市長)多様な方々の居場所の創出や地域コミュニティの場を提供し、暮らしを豊かにする役割を果たす空間として期待できる

中心市街地東エリアの活性化については、自然・文化・歴史を生かした賑わいづくりを。貴重な生物が生息する新堀川にふたをする道路工事(はりまや工区)は25億円もかかり時代遅れ。工事は中止し、親公園として整備してはどうか。
市長)交通渋滞の解消、交通量が多く通学路の危険回避のため本路線の整備は必要。可能な限り環境面では配慮したい。
*道路拡幅により通行量増加、車のスピードアップなどより危険が高まることを指摘しました。

3)土壌汚染対策
東京ガス跡地である豊洲の土壌汚染は無害化できず深刻。高知市内のガス工場跡地は汚染していないのか。土壌調査は市に報告されているのか。市民から不安の声が上がっている。事業者に報告を求めるとともに今後の対応を含めて聞く。
市長)有害物質使用特定施設に該当していないことから報告されていない。自主的な報告等を待っている状況。

4)太陽光発電施設開発工事
 三里地域の大平山で、大規模な太陽光発電施設設置工事が行われている。無許可で工事範囲拡大、土砂流出や落石も発生し危険な状況。県の太陽光発電の設置運営ガイドラインに基づく住民説明会なども行われていない。市の工事進捗管理は適切に行われていたのか。また本市独自の太陽光発電施設設置ガイドラインを早急に整備すべき。
市長)工事中止や、口頭による指導を行い、造成計画の提出や災害防止に必要な措置を講ずるよう厳しく指導を行っている。ガイドラインについては、県のガイドライン(施行1年となり、現在見直し作業中)に即した対応を行っていく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪はなんとしても廃案を!

2017-06-13 16:09:32 | 日記
 国会会期末を控え、現代版治安維持法「共謀罪」法案をめぐり緊迫した状況となっています。「加計・森友学園問題」等の疑惑には後ろ向き、国連人権理事会からの「プライバシーや表現の自由を侵害する恐れがある」との指摘には無視、抗議といった“国連何するものぞ”のような国際的信義が問われる驚くべき態度を取っています。
 金田法相は参議院の審議で、「治安維持法は制定、刑の執行とも適正だった」、「環境保護、人権擁護団体も“隠れみの”かどうか日常的に監視する」など問題発言が相次ぎ、国民からは共謀罪に対し、さらに不安と疑問が高まっています。最後まで廃案めざし、頑張りましょう!



 10日に行われた「止めよう!辺野古埋め立て・共謀罪法案は廃案に!国会大包囲行動」に参加しました。1.8万人が集結し、文字通り国会を包囲しました。下の写真は、首相官邸(写真右の建物)前の様子。日本共産党仁比そうへい参議院議員が政党代表であいさつし、国会の審議や法案の酷さを鋭く告発する迫力ある演説を行いました。


13日は、高知市内中心部でも3ヶ所で早朝宣伝を行いました。(上町2丁目にて)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まちなか広場市民フォーラムに40名が参加

2017-06-07 12:02:03 | 日記

 3日、高知県婦人会館にて、高知まちなか広場プロジェクト主催「まちなか広場市民フォーラム」が開催されました。このフォーラムは、来年夏、追手前小学校跡地に完成予定の新図書館西側敷地の活用について、全国の事例など通じ、自由に意見交換をしてもらおうと計画したものです。
 基調講演は国土交通省四国地方整備局の担当者から「中心市街地におけるオープンスペースの役割」と題し、あるものを活かす、市民やNPOとの連携強化、市民合意の大切さなど、新たな都市再生の考え方にもとづき、柔軟なまちづくりに関する国の支援制度、全国の素敵で楽しい広場活用事例などが紹介されました。
 続いて高知市の担当者から、この間の西敷地に関する経過報告があり、今後のスケジュールについては6月議会に西敷地利活用方針が提案され、プロポーザル(提案型)公募を年内に行い、業者を選定する方向が示されました。参加者からは「広場には発展性や創造性がありワクワクさせてくれる」など「広場」としての整備を求める声が圧倒的に多く、市民アンケートでも示された「広場」を求める市民の意向とプロポーザル実施との矛盾を厳しく指摘する意見も出されました。

関心のある方はぜひご参照ください
国土交通省 http://www.mlit.go.jp/toshi/park/toshi_parkgreen_tk_000064.html
まちなか広場研究会 https://www.facebook.com/machinakahiroba/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第二期高知市中心市街地活性化基本計画について

2017-05-31 10:17:30 | 日記
 5月25日に行われた第3回第二期高知市中心市街地活性化基本計画策定検討委員会を傍聴しましたのでご報告いたします。
 まず計画区域ですが、北は高知駅、南は一部鏡川まで、西は枡形商店街、東はさえんば商店街までの市中心部約142haとなっています。
 この会では、中心市街地における課題として、高知城歴史博物館オープンや来夏完成の新図書館複合施設(オーテピア)、幕末維新博、外国クルーズ船寄航増加などをチャンスと捉えた対応、滞留時間増、居住人口増、偏在化是正と回遊性向上などが挙げられており、めざす中心市街地像として、「チャンスを活かし、もてなし集い、過ごす新たなまち、”土佐の高知”」が提案されています。
 また活性化の目標として①訪れるにも便利、過ごすにも便利、暮らすにも便利なまち②商業・観光・歴史・文化・教育・福祉などが融合した多機能なまち、として42項目にのぼる事業(新図書館西敷地活用など継続27事業、新規15事業)が登載されています。
 新規事業として子育て支援施設と共同住宅の複合施設(民間)建設や、日曜市活性化、オーテピア連携事業、既存イベント登載などですが、あまり新味はありません。
 一期計画でどのような効果が生まれたのかの検証、国の認定を受ける必要性、まちづくりは人づくりの視点、商店個店の魅力向上などが大切ではないかと感じました。
 また委員からは公共交通利用促進の観点で、かるぽーと前への電停新設要望が出され、市事務局は県道一宮はりまや線の拡幅工事とあわせての検討事項と回答する場面もありました。


外国クルーズ船の寄航増により、高知城からひろめ市場、帯屋町周辺は多くの外国の方でにぎわいを見せています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『まちなか広場市民フォーラム』にぜひご参加を!

2017-05-24 00:39:32 | 日記
新図書館西敷地活用について考える企画(主催:高知まちなか広場プロジェクト)です。

日時:6月3日(土)15:00~17:00 
場所:高知県婦人会館(永国寺町6-19)
基調講演
 「中心市街地におけるオープンスペースの役割と活用」
              (国土交通省四国地方整備局担当より)
〇新図書館西敷地活用の経過報告
〇なんでも語ろう!まちなか広場
*参加無料でどなたでもご参加いただけます!

(まちなか広場プロジェクトが作成している案内ちらしより)
 高知市は、2018年夏に完成予定の県市合築図書館の西側に生まれる敷地約2500㎡について、現在の中心市街地活性化計画で「賑わい広場整備」と位置づけしているものを変更し、民間業者に30年から50年間占有させて、容積率・建ぺい率いっぱいにビルを建設する「高度利用」計画に変更しようとしています。
 この土地は、歴史ある追手前小学校の跡地に生まれた、高知市の中心部にある市民の大切な財産です。
 わたしたち「高知まちなか広場プロジェクト」は、大学や高校、新図書館、高知城歴史博物館など文教地区と中心商店街、日曜市などが集積するこの場所の活用について、市民の憩いの場、市街地のにぎわい創出などのオープンスペースとして活用していくことを求めています。

●市民も「広場」を求めています
 昨年末、高知市が実施した市民アンケート(※下記)では、「広場」機能を求める声がトップに。その他上位にランクインしたものも憩いの空間によって生み出される機能が上位となっています。
※図書館西敷地の利活用に関する市民アンケート(2016年12月高知市実施)結果「ふさわしい機能」
1 広場機能(62.9%)
2 観光客のリピーターを増やすことができる機能(58.4%)
3 家族連れでこどもが安全に遊ぶことができる機能(56.8%)
4 日曜市やよさこい祭りを充実、発展させる機能(55.1%)
5 街への移動に不便を感じている高齢者や障がい者学生等
  が利用できる機能(45.8%)    

●国土交通省のオープンスペースの考え方
 国交省は、「社会資本が一定程度整備された中で、緑とオープンスペースのもつ多機能性を再認識し、各種施策に取り組むことが必要である」との「新たな時代の都市公園等のあり方検討会最終報告書」をまとめています。いま、全国で「まちなか広場」が注目されていて、空間は都市の〝風格や品格〟を高めるものとして評価されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成の治安維持法=共謀罪が強行採決

2017-05-24 00:37:06 | 日記
 
 
 国民の8割近くが説明不足と答える中、23日衆議院で「共謀罪」が強行採決されました。
 電話・メール・LINEを覗かれるなど、警察の国民監視をさらに“凶暴”化する法律を
数の力で”強暴“採決するアベ政治を絶対に許しません。
 同日県庁前で行われた市民・野党共同の抗議行動に参加。ビラを受け取ってくれた市民
の方は「本当に腹が立ってしょうがない。国会前へ行って抗議したいくらい」と怒りの声が。
 なんとしても四たび廃案へ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山市の「リノベーション」と水辺を活かしたまちづくり

2017-05-17 06:27:09 | 日記

シャッター通り商店街を「リノベーション」
和歌山市では人口減少に伴い、まちの衰退が著しく、写真の中心的な商店街「ぶらくり丁」でも空き店舗が増加し、いわゆる“シャッター通り商店街”となっていました。リノベーションとは建物を改修、または使い方を変更し新たな価値を生み出すことですが、

写真のおしゃれな洋菓子店は、もとはぼろぼろの空き店舗だったものを市の主催するリノベーションスクール(短期集中合宿)に参加した若い方が改装、地元の農産物を使い好評のようです。こうした店舗が商店街の中にいくつか生まれ、波及的に空き店舗が埋まり、産業振興、雇用創出、コミュニティ再生、エリア価値の向上につながっています。

水辺を楽しく使いこなすまちづくり
 和歌山市も高知市とおなじ城下町ですが、和歌山市駅とまちなかの商店街をつなぐ「市堀川」に注目、河川敷地占用許可の緩和を活かし、今あるインフラ=“水辺”を活かした官民協働のまちづくりをすすめています。水辺を使った「まちなか河岸」、マーケット&カヌー体験などの楽しい企画が好評で、大勢の市民が楽しんでいるとのことでした。

 空き店舗をリノベーションしてオープンした地酒バー「水辺座」

 左側にある和歌山市営の駐車場を今後撤去し、イベントも可能な親水公園として整備する方針が決まっています。
 
 補助金頼みの商店街の活性化や、川にふたをして道路をつくる計画などが高知市で進められていますが、今あるものを“人づくり”とあわせ活かし、楽しいまちづくりを進める和歌山の取り組みは非常に参考になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県道「はりまや町一宮線」拡幅事業

2017-05-13 16:48:09 | 日記

未着手部分の工事 今年度に判断
 都市計画道路として、比島交通公園からかるぽーと前木屋橋までの全長1,765m区間のうち、2011年3月に、はりまや橋(旧新堀)小学校までの北側が整備されましたが、残る区間280m(うち110mは写真のように開口 工事費用約26億円)については、新堀川に生息する希少生物(「絶滅危惧種」のコアマモ、シオマネキ、「注目種」のアカメ、トビハゼなど)の扱いや、新堀川を覆うことへの反対意見などから、工事を一時中止して、整備後の交通量や新堀川の自然環境の復元状況調査を県が実施し、今年度工事を再開するかどうか判断することとしています。
 2012年の交通量調査では、4車線化により交通量が増加している現状が報告されています。また近隣の市民アンケートでは、道路が広がり通勤などに便利になった、歩道が整備され散歩しやすくなったなど肯定的な意見がある一方、大型バス運行含め交通量増加により通学児童への通学が危険、車のスピードが速くなり危険、水辺や緑が減ったなどの意見も出されています。




自然・文化・歴史を生かしたまちづくりを
 はりまや橋からわずか400mの場所にこのような希少生物が生息する場所は全国でもわずかだと思われます。また周辺には中江兆民や河田小龍生誕地、武市半平太の道場跡など歴史遺産もたくさんあります。かるぽーとや商店街との連携、新堀川の水辺を活かしたまちづくりが求められているのではないでしょうか。

<はりまや町・一宮線まちづくり協議会>
6月20日(火)10:00場所未定 *傍聴可です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広がる自衛隊での中学生職場体験

2017-04-27 13:59:12 | 日記
 高知市では、公立中学校2年生時に実施される職場体験の体験先として自衛隊を選択する中学校が増加しています。
 実施校は2015年度2校(城西、一宮)、2016年度4校(愛宕、一宮、朝倉、鏡)、今年度予定は8校(介良、青柳、愛宕、一宮、朝倉、潮江、南海、西部)と年々倍増しています。
 少子化や安保法=戦争法施行を受け、自衛隊への応募が減少しており、陸上幕僚監部が作成した自衛官募集に関する全国方針を定めた内部文書では「あらゆる手立てをもって学校との連携強化を図り、募集基盤の拡大を図る」とし、ノルマが課せられ、「職場体験学習」は将来の種まき活動と明記、重要視されています。
 
 3月議会では、この問題について浜口かず子議員が質問を行い、高知駐屯地での体験内容について、施設見学、団体行動、災害時の避難想定歩行訓練、ロープの結び方、喫食体験などが行われているそうです(参加は生徒本人のみで教員は参加していない)。教育長は「生徒本人が希望し、保護者が了承していることが前提であるが、職場体験の意義に沿ったものである」と答弁。しかし、ジュネーブ条約や子どもの権利条約の規定に抵触する武器等に触れることや勧誘の動きについては「報告はない」と答弁しています。
 
 災害救助活動での自衛隊のみなさんの活躍を見て、人の役に立ちたいと関心を示すこともあると思いますが、自衛隊の主任務は災害救助ではありません。南スーダンのような危険な地域に情報隠蔽までして派遣される自衛隊の職場体験は、地域で身近な商店などでの職場と同列に扱って良いのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加