京都北山細野の神主

日々感じることを想いのままに書き綴っています。神主として品位に欠ける表現も時々有るのはお許しください。

こんな物が出始めているのに小学生から英語教育(外国語教育)をするのか?

2018年01月19日 | 社会問題

今さら小学生にまで外国語教育をする必要は無い

以下広告

50人の通訳をポケットに

POCKETALKTM は、外国語が話せなくても対話できる、超小型「通訳」デバイスです。
英語はもちろん、中国語、韓国語、フランス語、タイ語、ベトナム語など、50の言語で双方向のコミュニケーションができます。>広告終わり<

以下本文

文部省は小学生まで英語教育を広めるつもりですが日本語もまともに学ばないで英語が喋れれば世界に通用する国民を作ることができると「物凄い」錯覚をしています。

幼稚園から英会話を習わせている馬鹿な親もいますが「英語が喋れれば世界に通用する国民が育てられる」と言うことは大きな間違いだと気が付かないのか?

よく言われるように英語圏では「乞食でも売春婦でも英語を喋る」と、今でさえ上記のような手のひらサイズで世界の言葉を通訳できる器具が現実に出来て誰でも使いこなすことができるのです。

今の子供が大人になるまでにはもう通訳も外国語の勉強をしなくても世界の人達とは言葉の壁などなくなっているのです。

過去のことしかわからない学者先生たちが立案したものを文部省は未来のある子どもたちに押し付けるな!

日本の子どもたちを英語が喋れるだけの程度の低い国民にはさせてはいけません。

こんなことに反対する国会議員や地方議員は居ないのか?(何のために政治家を目指したのか?)

子供にまで外国語教育を広げるのは日本国の消滅を図る売国奴の策略だと思うのですが?

子どもたちには学ばなければならないこと、子供の間に覚えなければならないことが山ほどあります。

その大切な時に将来役に立たない外国語など学んでいる暇はないのです。

将来に渡って今までのようにアメリカの植民地の地位に甘んじるのでなければ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の健康法(7)生姜の利用

2018年01月19日 | 健康

体温の低下が病気を引き起こす元になると言われ朝夜に薬草風呂に、週に一回は家庭サウナに入っています。

昔は登山のために薄着で「耐寒訓練」と言ってやせ我慢を通していました。齢のせいで一旦体が冷えたら元に戻らなくなってしまいました。

特に辛いのは朝一番に朝風呂に入るのに裸になるときです。健康読本には朝目覚めと同時に水を飲むことを勧めていますが私は生姜紅茶をマグカップナミナミ一杯を飲んでいます。

冬の寒い朝はストーブと風呂に点火してから、熱い生姜紅茶を一杯飲みます。マグカップですからなかなか冷えないので時間が掛かりますが飲み終わる頃には体の芯から温かくなります。

それから風呂にはいるために裸になるのですが暖房のない脱衣所と風呂場の寒さが気にならないくらいの生姜紅茶の効用が出てきます。

3ヶ月前ほどまでは生の生姜をその都度おろし金ですり下ろして入れていましたが「蒸し生姜」と言うものが生姜の効用が高いと知ってアマゾンで注文しました。

60g入りと100g入りの2種類の蒸し生姜の粉末を買いました。1000円から1500円ほどです、なま生姜を頻繁に買うより粉末の蒸し生姜のほうがすりおろす手間も省けて安く。

その上確かに生しょうがよりも効果は高いと思います。風呂の温度は入るときには40度ぐらいと高くしないで入ってから再度の追い焚きで温かくして15分ほど夜明けの庭を眺めながら指モミなどしながら温まります。

ビワの葉かヨモギの薬草風呂ですから身体も暖かまり服を着てもしばらくは汗ばむほどになります。蒸し生姜の効用はあります。

粉状ですから紅茶だけではなくておかずや汁物にも簡単に振りかけられますので重宝しています。もう生しょうがには戻れません。

ただし、生しょうがの香りには太刀打ちできません、粉の蒸し生姜は薬効重視のときにだけしか使えません。料理の味や香りは生生姜です。

健康のために身体を暖める生姜の効用は試みる価値は十分にあると思います。紅茶に入れる砂糖は北海道の「てんさい糖」を入れています。

普通には生姜紅茶には黒砂糖を入れると言われていますが黒砂糖は紅茶の香りを殺してしまいますので香りのあまり強くない「てんさい糖」を入れています。

身体を冷やすというコーヒーも好きで毎日数杯飲んでいますが朝一番は「蒸し生姜紅茶」でまず身体を内から温めて一日を始めています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の健康法(6)転ばぬ先の杖・転んでからでは遅い

2018年01月15日 | 健康

トシを取ってから転んで骨折したら寝たきりにつながることが多いと言われています。

では、転ばぬようにするにはどうするか? 昔から言われていたように「転ばぬ先の杖」なのです。

30数年ほど前から運動用品業界(アウトドア)でまずヨーロッパのスキーストックメーカーなどがウオーキング用に長さを調節できるストックを作りました。

その後国内ストックメーカーなどもそれに習い様々なウオーキング用のストックが販売されるようになりました。

はじめは山登り用でしたから能書きは「腰や膝にかかる負担が和らぐ」などでした。

その頃から使っているのが左から3番目のピンク色のものです。

左端のものは登山に1本で使うものですが後に2本使うダブルストックが主流になりました。

確かに登りでも下りでも平地でもダブルストックは安定していてその上ピッチも上がって早く進むことが出来ます。

山から下りてきて平地になったのでストックは邪魔だとザックにくくりつけて無しで歩くとかえってスピードは落ちてしまいます。

右の3本は10年前(70歳になって)運動不足のために足腰が痛くなった頃、購入した杖です。街なかでカラフルなダブルストックも抵抗があったので選びました。

通常の長さの右から2本目と3本目は通常の杖のようにグリップがついているものとストレートなものです。

今のところは3本目のストレートのものを使用しています。右端の少し長めのものは「黄門様の杖」という少し長めで上の膨らんだ握りはちょうど胸(心臓)の位置に来ます。

これははじめは長すぎると思っていましたが下り坂でもかがまなくて済みますし、登りの時はずらして少し下を握れば良いことです。(金剛杖に近い感じです)

この木の3本は武道具の専門店東山堂で購入しました。(アマゾン経由でも買えます)

杖の素材は剣道の木刀で使われている硬い高級な樫の木です。(いざという時の護身用にも使えます。)

右から二本目、三本目は3000円台だったか?右の黄門様の杖は1万円以上だったと思います。以前に子どもたちからある年の誕生祝いに買ってもらいました。

「転ばぬ先の杖」たしかに昔の人はよく言ったと思います。転んで怪我をする前に用心に越したことはありません。

ただ、困ることもあります。杖をついて乗り物に乗ると席を譲ってくれる人が多いのです。「俺はまだそんなヨボヨボでは無いのだ」と思っていますので。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日より寒いマイナス10度

2018年01月13日 | もう一つの京都・京都北山

今朝は昨日のこの冬一番のマイナス9度よりまだ寒くマイナス二桁を記録しました。(サムイ・・・!)

朝から三日連続の大快晴。このあたり冬型の気圧配置の時には雪や時雨になることが多いのですが今回は気圧配置のずれがあるのか太平洋側のような快晴が続いています。

水道はまだ出ません。湯沸かし器のお湯は出ますので今日も神棚にはお湯を供えました。

榊の水を代える時になって「アレ!昨日は水を代えたはず」。昨日はお湯を入れていたのです。

犬の散歩に二キロほど寒い中を奥まで散歩してきました。小川に流れ込む谷の水が凍って寒さを強調していました。

今年になって歳のせいか?寒さが身にしみてきて防寒衣料(殆どが登山用のものですが)を引っ張り出して使い始めています。

防寒着の最終はツナギ(ワンピース)でしょう、探しだしたら写真のように三着出てきました。(右から順番に)

三十数年前(まだオートバイを乗り回していた頃)に革のツナギだけでは冬場の京都北山では寒いのでその頃のオートバイ用品専門店だった南海オート?だったと思いますが。

キルトのツナギを買ってきましたがその時は使わずに次の冬に着たら太ったのか?腹のあたりのファスナーが閉まらなくなっていました。

そのまま押入れにしまったままになっていました。先日引っ張り出して着てみたらピッタリ。(ダイエットではなくてトシで身体がチジンでしまったのです)

真ん中のものはこれも三十年近く前のものか?日清焼そばUFO(UFO UNIDENTIED FLYING OBJECT)と書いてあるその頃の販促品?(これも中に化繊綿が入っています)

恐らくシュラフのつもりで作られたものでしょう。このまま歩けますから温かそうなのですが足の部分だけでなくて手の部分もミトンのように二股にはなっていますが手が出せません。

これも新品のままに押入れの奥から出てきました。

最後の左端のものは1992年にチベット遠征の時にモンベルから試作品(高所登山用ワンピース)として提供を受けたものです。

腕にZERO POINT CLIMBING SPIRITS OF MONTBELL と言うタグが付いています。

これはその後の登山(国内)では使っていません。やはりハードな登山用に作られたものですから今でも充分使用できて暖かくて、軽くって、機能的です。(家中で着るには贅沢ですが)

オートバイ用も登山用ももう本来の目的には使いませんが年を取って再び役立つとは当時は考えもしませんでした。これから二度目のお勤めをしてもらいます。

 

追伸

今日は一日中プラスにはなりませんでした。夕方になって雪がちらついてきました。

明日は朝7時に出かけるのであまり積もってほしくはありません。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 寒い!この冬一番・マイナス9度

2018年01月12日 | もう一つの京都・京都北山

朝6時の気温です(寒すぎる!)

台所の窓ガラス(シャッターを降ろさなかったので凍りついてしまった)

寒かったですね。昨日の最高気温は0度でした。今日は何度まで戻るか楽しみです。(悲惨です!)

自宅の住所は町村合併以後「京都市」です。恐らく京都市と住所に書かれた所では今朝の気温は一番寒かったのではないでしょうか?

ニュースで見ると北陸中国九州など大雪の被害が出ていますが我が家の周辺では昨日も今朝も快晴で薄雲が見えますが雪雲は見当たりません。

その分、今朝は放射冷却で思いっきり寒くなったのでしょう。何しろ今年は寒さが1ヶ月前倒しでやってきた感じです。その分早く春が来ればよいのですが。

暖冬異変とか地球温暖化などと言う言葉が懐かしい今日このごろです。

水道が凍りついて出なくなりました。幸い先月石油ボイラーからプロパンに変えた湯沸かし器からはお湯が出るので安心です。

今朝も神棚に供える水玉にお湯を入れて供えました。(こんなこと初めてです)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の健康法(5)自宅サウナの効用

2018年01月11日 | 健康

前回書いたようにいま我が家には2代目の一人用のサウナがあります。最初のものはニクロム線で暖めるもので今使っている2代目は遠赤外線サウナです。

大きさはあまり変わってないと思いますが今のものは幅80センチX奥行き50センチX高さ150センチくらいでしゃがんで入って腰掛けます。

最初は山登りで長距離を歩いたり草野球で投げた後その日のうちに入っておくと次の日に筋肉痛が起らないために使っていました。

登山や投球で使った足や肩の筋肉にたまる疲労物質がサウナの温度で溶けてしまうのですか?(原理はよくわかりませんですが効果があり翌日筋肉痛になりにくい)

もう一つは風邪の初期の頃(なんとなく風邪気味でゾクゾクする時や喉や鼻の奥がイガラッポク感じるとき)にサウナの入っておくと風邪は飛んでしまうようです。

何かの記事で見たことがあるのですがウイルスは40度以上に体温が上がると死んでしまうと言われていました。

以前にも書いた私の師匠の一人、伊藤正美さん(戦争中陸軍参謀本部に務めておられた)が南方戦線で「マラリヤ三日」と言ってマラリヤにかかり三日ほど高熱で苦しむとケロッと治ってしまう事がある。と言っておられたのを思い出しました。

ウイルスで感染する病気に関してはサウナで体の芯から体温を上げることは良い治療法なのかもしれません。(と、素人の私は思って実践しています)

もちろん癌もウイルスですから体温を上げることは癌になりにくいかもしれません。(これはまだ試していないのでどうとも言えませんが私は信じています)

それから一番確実な効果は発汗によって体内の毒素を体外に排出するということです。私は味に関しては塩味の濃いものも好きで醤油をよく使います。

塩分を摂り過ぎないために塩分控えめの料理が流行っていますし、塩分の少ない醤油も作られていますが良くない味付けのことを「水臭い料理」と言うとおりです。

料理屋をやっていた私のおじが「醤油は料理の味をつけるものだけでなく、素材の味を引き出すものだ」と言っていたのを覚えています。

塩辛い漬物に醤油をかけても辛さが増すのではなくてかえってまろやかな味になるように思います。塩で味の付いている干物も醤油をかけることでより美味しくいただけます。

戦後「塩分のとりすぎは高血圧の原因」などと「減塩」が健康のもとのように言われていますが今も血圧の高い人間は減っていないのは高血圧の原因は塩分ではないのでしょう。

人は塩分摂取が少なくなると「無気力」になります。今の世の中「ヘタレ」が増えているのも減塩が原因かもしれません。

減塩の一番の悪影響は「塩分摂取が少なくなると体温が下がる」ということです。低体温は一番の病気の原因です。

身体から有害な老廃物(有害物質)を出す手段は「汗」と「小便」ですが「汗」で出るものと「小便」で出るものは違うものがあると信じています。

今使っている遠赤外線サウナは5〜60度の温度でも充分汗が出るということが年寄りにも負担が少なくて良いのかもしれません。

街に住んでいれば風呂屋にサウナが併設されていて家庭用サウナを持つことはないのですが我が家のように市内から1時間もかかるようなところではサウナに入った後の帰宅はしんどい。

サウナから上がって夏は風呂桶に張った水風呂に浸かる爽快感の後はしばらくゴロリとすぐに横になれる家庭用サウナは何ものにも代えがたい幸せ感です。

野球のない冬場でも週に一度はサウナに入って汗をしっかりかいてリフレッシュしています。2代目の今のサウナも購入して15年近くなりますがまだ使えそうです。

まさしく家庭用サウナは「リフレッシュ」するには最高の道具だと思っています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の健康法(4)自然療法の本から学ぶ

2018年01月08日 | 健康

薬草風呂の私なりの効用

私の人生の師匠の一人であった元京都野鳥の会会長故伊藤正美さんが晩年お住まいになっておられた長野県木祖村藪原の山荘にお伺いすると何時も薬草風呂が沸かしてあってすすめられて入浴させてもらっていました。

それ以来薬草や自然療法に興味を持ち色々試したり学んだりしてきました。その内の一つが上記の本です。この本の中でビワの薬効が優れているということを知りました。

もう20年以上前になりますが私の甥の一人が2メートル位に成長した植木鉢のビワの木を「持って帰って敷地に植えてくれないか?」(甥は自分の食べたビワの種を植木鉢に植えて育てていたものです。)

我が家の敷地に植えたのですが3メートルほどの背丈に育ったのですが寒いせいか花は咲きますが実がならず、葉っぱだけは成長し続けていました。

写真の「自然療法」という本にびわの葉をきざんで煎じた風呂が薬草風呂として優れているということが書いてあったので我家の庭でどうしようもないほど生い茂っているびわの葉風呂に使い始めました。

水虫や湿疹などにも効くということでした。足の親指の爪に入った水虫が病院でもらった薬をつけてもなかなか完治しなかったのがビワ風呂に入りだしたらいつの間にか治っていました。

その内ビワの葉をきざんで35度の焼酎に漬けて薬酒を作ったものを夏に蚊などの毒虫に咬まれたときに乾いたら塗り、乾いたら塗りと4〜5回塗るとカユミはなくなってしまいます。

このビワの薬酒は他にも胃がもたれた時などに薄めて飲むとスッキリして重宝しています。

一回沸かした薬草風呂は3〜4日ほど朝夜に追い焚きしながら使っています。

ビワ風呂の他にヨモギを乾燥させておいたものを使ってもいます。ヨモギは香りも良いし身体が温まること抜群です。

今のところビワの生の葉と乾燥したヨモギの葉だけですが来年は例えばセイダカアワダチソウなども乾燥させて風呂に入れたいと思っています。

特に写真の「自然療法」と言う本は一家に1冊あれば重宝すると思います。

いま薬局で販売されている新薬も元々は自然に生えていた薬草の成分を研究して人工で作り出したものですから自然に生えている薬草のほうが身体に優しいことは間違いありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッティングネットを買った。ピッチング練習のために。

2018年01月07日 | 野球

おそらく人生最後の春(3月下旬)から始まる草野球のために写真のようなバッテングネットを買いました。

縦200センチ、横160センチの大きなものです。

それに真ん中の四角いものはストライクターゲットというものです。別メーカーの投球練習用のターゲットです。

昨シーズンはマウンドに立つことなく最終戦まで来ましたが最後の順位決定戦で我チームのエースも外人投手も参加できなかったために登板しましたが練習不足のためにスタミナ切れで4回に4点取られてしまいました。

今年も順調に行けば(勝敗は別として)登板の機会はありませんが万一の事を考えて何時でも登板できるようにしておきたいのでアマゾンで購入しました。

街に住んでいればキャッチボールの相手も近所の子供達とやれますがこんな山奥では誰もこの寒空のもとで付き合ってくれません。

今は良い世の中ですね、このような器具がネットで購入できるのです。何種類もあり、一万円ぐらいの予算で買えます。

1万円という価格が高いか、安いかは使う人次第ですが、やらない人から見たら80歳になるジジイがいまさら買って上達するか?と思うでしょうが私にとっては1万円以上に価値あるものだと思います。

もちろんこれでバッテングの練習も出来ますので私にとって利用価値は充分あります。今日組み立てて20球ほど投げてみました。マウンドからベースまでの距離18,44メートルをメジャーで測って。

最終戦から2ヶ月以上経っていますし防寒具を着ていて思うようにネットまでとどきませんでしたが肩の弱った年寄りにとってはコントロールだけが勝負ですから天気が良い日には練習に励みたい。

この年になって野球少年のような気持ちになれるのも楽しいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の健康法(3)私の一日は薬草風呂で始まり薬草風呂で終わります。

2018年01月07日 | 健康

我が家では神棚が4社あります、一社には神宮大麻、氏神様の九頭神社、生まれたところの氏神さまで先祖が社家としてご奉仕してきた松尾大社、実家の若一神社、下の弟がご奉仕している千里の天神社、兼務社の京北細野町の春日神社、京北田貫町の白山神社の御札をお祭りしています。一社は商売をしていた頃は本社にお祭りし私の父がご奉仕してきた稲荷大社の御霊をお祭りしています。一社は靖国社、靖国神社の終身奉賛会会員になって以来年末に送られてくる靖国神社の御札をお祭りしています。残る一社は祖霊舎(仏教で言う仏壇)で先祖の霊璽(れいじ、仏教では位牌)をお祭りしています。

その他にも野遊び地蔵(世界の子どもたちの守護と安寧を祈る高さ10センチあまりの石の地蔵さん)と昔に「これを祀ったら幸せになるから」と小野郷の谷本組(ヤクザの組ではありません、土建屋さん)の奥さんから貰った福禄寿を祭っています。

これらの神棚に水塩米の日供を供え、榊の水を取り替えお参りする前に身体を清めるために沐浴潔斎をマイナス5度の冬場も風呂場で水をかぶっていました。

ある時体調を崩して医者から身体は冷やすのはいけないと教えられて風呂に入って身体を温めることにしました。

朝風呂の効用はすごいものがあります。

この頃(30数年前)から健康に関心が特に向くようになり書籍やネットで色々勉強して運動や趣味を続けるために積極的に身体に良いことを取り入れていこうという気になってきました。

まだその頃は運道具屋もやっていたのである時、健康器具メーカーのフジ医療器のセールスの方が運道具屋で家庭用のサウナを販売してくれないかとやってこられました。

何を販売するにもまず自分で試して良いと思う商品を売ることを我が社の方針としていましたから早速個人で1台購入して我が家の風呂場の脱衣所に置いて試しました。

当時の卸価格で20万円以内だっと思います。大きさは1人利用ですからあまり大きなものではありませんでした。熱源はニクロム線で暖めるもので100度近くまで熱くするには時間がかかりました。

その後15年ほど使ってニクロム線が一部切れたり不都合が出始めた頃にネット上に同じメーカから同じ大きさの遠赤外線のサウナがテスト販売のような形で18万円ぐらいだったか?で出たので早速購入しました。

遠赤外線は50度前後でも汗がでるので年寄りには負担が少なくて良いのですが価格が1人用でも4〜50万円していましたので良い買い物だったと思っています。

まず、朝風呂の効用から。京都北山の海抜450メートルにある我が家のこの時期の温度はマイナスですから風呂場は寒いのです。

まず、起きてすぐに部屋の石油ストーブに点火して薬草風呂を温めます。(薬草はびわの葉かよもぎの葉ー入れ方や効用は後の項で書きます)

風呂に入る前に生姜入りの紅茶を保温カップに作って飲みます。(昨年末までは買ってきたものや我が家で育てたナマの生姜を使っていましたが蒸し生姜の効用を読んでからは通販で購入して使っています。)

粉末にされた蒸し生姜はすりおろすこともなく便利なうえ生の生姜を購入するより安くつきます。生姜紅茶の身体をあたためる顕著な効果があります。砂糖はサトウダイコンからとったものか黒砂糖を入れています。

朝は5時半から6時頃に起きるのですが寒い自分の部屋から風呂場までパンツ一枚の裸でも寒さを感じないくらいになっています。

風呂は入るときに熱さを感じないほどのあまり高くない温度にしておいて入ります。もちろんこのままの温度では身体が温まらいので追い焚きをして体を温めます。

ラジオを持ち込んで聴きながら15分位つかっています。ただつかっているだけでなくてその間に1本10回ずつの爪押しをします。

その頃になると追い焚きの熱い湯が上に溜まるので両手で湯の中での「ニギニギ」を100回、「突き」を100回ほど繰り返して熱くなった湯を撹拌します。

たった15分ほどの朝風呂ですがその後の行動が思い切りスムースになります。起き抜けの身体は歳を取るに従い節々が固まって痛みやギコチナサが出てくるものですが朝風呂に入ることですべて解消されます。

そのうえ朝起きたときに睡眠中の無呼吸症候群のせいか頭が痛いときが時々あるのですがこれも朝風呂でスッキリすることがあります。(頭痛は他に原因があるかもしれませんので注意が必要ですが)

朝風呂で爽やかな朝を満喫できて私としては満足できる健康法の一つだと思っています。一度試してみる価値はあると思います。

くれぐれも断りますがこれは私の試行錯誤の経験から良いと思ってやっている健康法で万人に効果があるとは思いません。

1)入る前に生姜紅茶で内側から身体を温める 2)熱く感じない程度の湯に入る 3)適当に追い焚きで身体を温める を守ることが条件です。

冷えた身体を熱い風呂に飛び込むことは自殺行為ですからくれぐれも注意してください。

追伸

夜は寝る寸前に(大体9時過ぎ)やはり追い焚きで無理のない温度で入り温めながら10分ほど浸かり朝と同じように爪押しとニギニギなどで手の指を動かして上がります。

パジャマに着替えて体が温まっているうちに布団に入るとすぐに眠りに入ることが出来ます。

最近年を取ってから特に寒い夜中にトイレに立つことがありその後体が冷えてなかなか眠りに入れなくなったので小さな電気コタツにスイッチを入れて抱え込むと2度寝でも3度寝でも出来るようになりました。

次回は自分ながらのサウナの効用と薬草風呂などについて書いてみます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の健康法(2)草野球と山歩きが続けられるようにと

2018年01月06日 | 健康

十年前七十歳になるまで毎年元日前の土日か元旦のすぐ次の土日のどちらかに冬の八ヶ岳赤岳を単独で登るのを習慣にしていました。

六十歳頃(二十年ほど前)までは行者小屋の前にテントを張ってそこから赤岳の南肩に出て頂上に行き地蔵尾根を通って行者小屋のテントサイトに降りてきていました。

行者小屋の前のテントを張っていたところは赤岳と阿弥陀岳からの寒気が下りてきて溜まるのか?寒くて朝まで眠り続けることはできず夜中に目を覚ましたらそのまま朝までシュラフの中で震えて我慢していました。

ある時行者小屋の前にたどり着いたときに天候も悪く体調もあまり良くなかったせいか行者小屋に入って休んだらそのまま泊めてもらうことになりました。

学生時代の我が山岳部の先輩から軒先でビヴァークしても営業小屋には入るな。とキツく教えられていたのですがこの時以来軟弱になってしまい行者小屋か赤岳鉱泉小屋に泊まる事にしていました。

冬の営業小屋の快適なこと! コタツはあるは温かいコーヒーやお茶もビールも、食事も家で食べるよりも美味いようだし?(妻の作る料理は美味いのですがー言い訳)

その時以来もう冬のキャンプは無理になってしまいました。

十年前に三年間奈良の福祉施設を手伝うために冬の八ヶ岳に登ることはやらなくなりました。三年間のブランクでアイゼンの感覚が戻らないので諦めました。

草野球も十年前に一旦は引退したのですが奈良の福祉施設の職員たちと太安万侶の墓のある近くのナイター設備のあるグランドを借りて時々練習をしていました。

三年が過ぎて京都へ帰って古巣のチームに再び入れてもらって3月末から秋まで約20試合ほどを8チームで戦うMGリーグに参加しています。

その他春になれば渓流釣りで保津川や上桂川、福井県の若狭地方の年券や日吉ダムの年券を買って渓流釣りを楽しんでいます。

これらの遊びを後期高齢者の今になっても楽しむには健康を維持すること以外ありません。そのためには自分の体調を何時も整えておくことが条件になります。

一番こたえたのは運動をしなくなった10年前の奈良に行っていた時です、野球をやっていた前年より10キロ以上太りました、何時も食欲は旺盛で出されたものはすべて食べる。

以前と同じ量を食べていました。だからすぐに身についてしまいました。途端に首や腰が痛くなり病院に行きましたが痛み止めの錠剤と貼り薬しかもらえませんでした。

これではイカンとまず元の体重に近づけるために減量をしました。太る原因は運動量以上に食っていたからです。運動量が少なくなった分食べるものも減らせばよいだけでしたから。

足腰や肩や首が痛くなったのはいきなり運動量が減ったので足腰や肩や首の筋肉が衰えたからも原因でした。

奈良へ移って3ヶ月ぐらいしたときに足が細くなったようでした。昔、右足首を骨折したときに松葉杖をついて右足をかばったせいで右の太ももが細くなったことを思い出しました。

自分の体は自分で管理することが大切なことです。医者任せにしないこと、しかし、痛みや悪くなったと思ったら信頼できる医者に相談することが大切です。

健康や医療に関しては多くの情報が書籍やネット上で簡単に手に入れることができます。老後の関心事は自分の健康だと私は考えています。

自分なりの健康法を見出すこと、そして効果が出るまで続ける努力をすること、健康法は一つではありませんから良いと思った健康法は取り入れてみることなど試みているうちに自分に合った方法が見出せます。

健康を保つためには「節制すること」が一番です。それも長い期間(一生)。暴飲暴食して健康でいられる人はいません。

若い時期の暴飲暴食はすぐには現れませんが後年になり出てきます。その時には医者に頼って薬漬けの病院通いの後半生が始まるのです。

だけど病気が出てからでも遅くありません。(遅すぎることもありますがすぐに悔い改めて努力すればーこんな言い方は何だかインチキ宗教の勧誘のように聞こえますが)

私の健康法がすべての人の健康法だとは言いませんが少なくとも80歳になる私が若い人たちと一緒に野球がやれる、好きなものを好きなだけ食べられる。

病院通いをしなくても健康で生きている。そんな私の健康法を書いてゆきますのでこのブログを見てください。

と言いながら、このトシですからいつポックリゆくかもしれませんが。(前講釈が長くてナカナカ肝心の健康法についてに入れませんが)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加