京都北山細野の神主

日々感じることを想いのままに書き綴っています。神主として品位に欠ける表現も時々有るのはお許しください。

スズメバチ退治グッズ

2017年05月22日 | 自然
スズメバチ退治の武器はこの二つ

ムカデは自分から攻撃してきませんがキイロスズメバチは機嫌が悪いと自分から攻撃してくることです。
それも1匹や2匹でなく集団で攻撃してきます。人間の足では逃げきれません。手で追っ払うにも防ぎきれません。
その時、頼りになるのは強力な飛び道具マグナム、ジェットです。スズメバチの攻撃をとどまって防げるのは今の所これしかないと私は思います。
すごい噴射力で向かって来るキイロスズメバチをひるませてくれます。それでも刺されたら不運と諦めてください。
マグナムと書いてあるだけあって強力です。「強力10m噴射」。その代わりすぐになくなってしまいます。
やられる前にハチを退治るのにはハチ激取れ。これは写真のように 

木の枝などにぶら下げておくと匂いにつられるのか勝手に入ってきて出れなくなって死んでしまいます。
今ぐらいのシーズンからぶら下げておくと周囲にあまりキイロスズメバチの姿が見えなくなります。
新規設置と昨年のもの。液体の入っていたところまでハチでびっしり。ひと夏一個では入りきれなくなるくらい入ります。
箱には2セット入っていますのいっぱいになったら新しいものに取り替えられます。
噴射殺虫剤 マグナムジェットはどこのホームセンターにもあるようですが ハチ激取れ は扱ってないホームセンターもあります。
何しろ、やられる前にヤル、基地(巣)を攻撃するのでなく、兵隊(ハチ)をハニートラップにかけるようなものですから危害はありません。
きっとこの液体はハチにとって魅惑的ないい匂いなのでしょう。
この二つの武器があれば自宅周りでは安心です。蜂の巣が見つかれば4〜5m離れたところから連続的に噴射して壊滅させることができます。
巣を退治するには3個ほど用意しておく方が無難です。1個だけでは下手に怒らせるだけでボコボコに刺される可能性もありますから。
蜂の巣退治は素人(未経験者)は下手に手を出さない方が安全です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムカデ退治グッズ集める

2017年05月22日 | 健康
ムカデ退治グッズ

ムカデに噛まれて腫れていた左手もほとんど通常に戻りました。(私は傷の治りは早い方です)
ムカデもスズメバチのように2度、3度と噛まれるごとに症状はきつくなり、ショック死する可能性もあるらしいので2度と噛まれぬようにムカデに挑戦することにしました。
ホームセンターで屋外から侵入を防ぐ毒餌剤とムカデの侵入を防ぐパウダースプレーを買いました。
室内で使えるムカデブロックというものをアマゾンで注文して昨日着きました。
早速、ベッドの下に5個置きました。
万一、噛まれた時にできるだけ毒を吸い出すためにポイズンリムーバー(商品名 Poison Extractor)も購入しました。
これは同じようなものを以前から使っていましたが見当たらないので新たに購入しました。
ポイズンリムーバーは蚊に刺された時でもすぐにこれで傷口に当てて吸い出すと痒みもましになります。
マムシやスズメバチに噛まれた時にも役立つので一家に一つぐらい用意しておくべきと思います。(メーカーや種類によりますが千円前後からありますので一人一個持つのも良いのではないでしょうか?
これで終わりではありません。肝心なのはムカデを見つけた時につかむものを身近に置いておくべきです。
それは火挟です。最近では家で炭などと使いませんがバーベキューの時には必需品です。これを一本身近なところに置いておいてムカデ出現の時にこれでムカデを掴みガスコンロで火あぶりの刑にするのです。
ムカデが現れるのを楽しみに待ちます。
やられたらやり返す、これが日本男児の心意気(そんな大層なものではありませんが。本来ならやられる前に退治しなければなりません。先制攻撃は我が国ではご法度ですね)
国防に関しても憲法改正の前にも先制攻撃の体制作りは大切です。やられてからでは、ムカデでさえ痒みと腫れは続きますから。
まして、子供や孫が殺されてからでは遅すぎるのです。

写真にはハチ退治グッズも写っています。ハチ退治は先制攻撃が効果あります。
そのグッズは何年も使っていますが効果は抜群です。次に書きます。
ハッカ油も写っていますがこれはお風呂に垂らして入浴すると虫除けになるそうです。(直接皮膚につけるのはどうかわかりませんが?)
ついでにアマゾンで購入しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムカデに噛まれた・病院に行く

2017年05月19日 | 健康
パンパンに腫れた左手(それにしてもよく腫れていますね)

昨夜、寝入りぱなに左手の親指と人差し指のまたのところにチックと痛みが走りました。
「ムカデに噛まれた!」飛び起きて電気をつけてムカデを探しましたが見つけることができませんでした。
噛まれたところがチクチク痛かったがいつの間にか眠ってしまっていて朝方左手が痒くて目を覚ましました。
お昼前に弟たちが来て縁側で鳥味噌仕立ての豚鍋を食って夕方4時半に歯の診療があるので桂の岩﨑歯科医院に行き、治療の後ホームセンターでムカデ退治の薬を買いに行きました。
店員と相談している時にムカデに噛まれた腫れた私の手を見て「医者に行かれる方が良いですよ」と言われて帰り道にある「高雄病院」で診察を受けて飲み薬、1日1錠夕食後に飲む「アレルギーを抑え、じんましん等のかゆみをヤワレゲ、興奮を鎮め、不安や緊張、ゆううつな気分を改善するという「ヒドロキジンパモ酸塩錠と 塗り薬、炎症を抑え、発赤、はれ、かゆみなどを改善する「ダイプロセル軟膏」をもらって帰りました。
高雄病院は20年ほど前にカレーに当たって全身にジンマシンが出て入院したことがある病院です。
あの頃、この病院の食事が口に合わず、二日目には逃げ出しました。
今回も写真のように左手がパンパンに腫れ上がって駆け込みました。(評判は良い病院です)
ムカデに噛まれたのは2度目ですがこんなに腫れたのは初めてです。(それにしてもヒドイ腫れようですね)
明日からムカデ退治に頑張ります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

4週間ぶりの早朝野球・また負けてリーグ最下位をキープ

2017年05月18日 | 野球
3敗1分けの早朝野球MGリーグ、前夜の雨でグランドコンデションが悪くて2度流れ、連休中は試合なしで今日は4週間ぶり。
大快晴の岡崎球場

今朝の我が家は5度、市内の冬の気温、厚手の上着を着て出るがグランドは日が当たって暖かくて絶好の野球日和。
いつもの2番セカンドで先発、1回表先頭バッターはデッドボールで出塁、私はフォアボール、次の打者がサードゴロで私が2塁でフォースアウト。
この回1点先取するが後が続かず。2度目の打席もフォアボールで出塁、ここで監督がピンチランナーを送って私はベンチへ。
試合は7対2でまた負ける。4敗1分け、未だリーグ最下位をキープしています。
今期も今の所は高打率(1試合で2打席が終わると高齢者を労ってくれるのかベンチに)
最近はチームメンバーが増えて今日の参加者は15名(以前は9人ギリギリか監督も入れて10名というのが多くあった)
全イニング出場は今年は1試合のみです。(その時は8番で3打席たち、2安打でした)
その他の3試合は2打席で1安打ですからこれまでの4試合で9打席5安打(生涯で脅威の打率です)
昨年もGWまでは3割台でしたが休み明けは全く打てず。年間打率2割を割っていました。
今回もGW明けから絶不調かと?思いましたが2四球で打率は変わらず。出塁率は驚異的です。
今の所リーグ最高齢者がリーグで打率3位! 信じられない。
ブックマークからMGリーグのホームページのチーム名バナナオイルを見てください。(本当のことですから)
今週の結果は土曜日以後に記入されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

免許証を失くして慌てる

2017年05月17日 | その他
一昨日、何気なく財布の中を見たらいつも入れてあるはずの運転免許証が見当たらず。
免許証などは毎日確かめていないから「あるもんだ」と決めています。
いつどこで失くしたのか? そんなもんわかりません。
それがいつも入れているところに見当たらないと慌てます。
可能性のあるところは何べんも隈なく探しましたが見当たりません。
運転免許証がなければここ京都北山山中では生活して行けません。
最近釣りに行った保津川(清滝川上流の車を停めた場所)まで見に行きましたが見当たりません。
とうとう、昨日午後になって右京警察署に電話して紛失届や再発行の手続きなど教えてもらって電話を切ろうとしたら「落し物の係と代わりますから」と言われたのでもう一度説明しました。
しばらくして「届けられています」と私の名前や住所など聞かれ「印鑑、身分を証明できる物」など持って今日妻の車に乗せてもらって行ってきました。(自分の車で運転して行くのは「運転免許不携帯」で違反になりますから)
「良かった!」
日頃、運転免許証などあまり気にかけていないけれど無くなると結構大切なものだということがわかります。
今の日本では運転免許証は身分証明書の代わりを果たしています。
今回も「印鑑と身分を証明できる物」が必要ですがその運転免許証を落としているので証明できる物は?
考えて「銃砲所持免許でもよろしいか?」もとは右京警察署で受け取った物ですから、しばらく無言で「結構です」との答え。
これが警察以外の役所で身分を証明するのに「銃砲所持免許」など出したら了承してくれるだろうか?
何しろ、遠い! 車で1時間も離れたところに警察署があるなんて! (離れているのは私ども京都北山の過疎地に住んでいるからですが)
写真は太秦の右京警察署です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家は今シャクナゲが満開

2017年05月16日 | もう一つの京都・京都北山
西洋シャクナゲ

日本シャクナゲ

今年は春の訪れが少し遅かった。今我が家の庭の石楠花が満開を迎えました。
京都北山に移り住んだ年に日本石楠花と西洋シャクナゲを合計30株を植えてもらいました。
西洋シャクナゲ(と呼んでいるが本当の名前は知りません)が5本と日本シャクナゲが2本、生き延びています。
特に写真の西洋シャクナゲは3メートルほどの大株になって良い匂いを発散しています。淡いピンク色です。
シャクナゲが咲く時期になると昭和48年春にヒマラヤ遠征の時の思い出がよみがえります。
五月、プモリ南稜の初登攀に成功して幸せな気分に浸りながらドウドコシに沿ってナムチェバザールに向かって帰りの道を歩いている両岸に咲くシャクナゲの大木が満開を迎えていました。
こちら岸はピンク色、向こう岸はホワイト、また少し行けば色の濃いものや薄いものが岸の両岸に分かれて咲き誇っていました。
そして、ナムチェに着いたらシャクナゲの花で作ったレイをシェルパのオカミさんが成功を祝って首に掛けてくれたのが昨日のように思い出されます。
もうあれから四〇年以上になります。あのエベレスト街道はどのように様変わりしているのでしょう?
もう、昔のままの思い出の方が良いのかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何もしない幸せ感

2017年05月12日 | 良き日本を蘇らせよう

写真は我が家の縁側から南を見た景色です。
前に見えるカマドで時々煮物やご飯を炊いていただいています。
孫娘が来た時には鹿肉のカレーを作ってもらっています。此れが又美味しいのです。
前の道は立派に舗装されていますが1時間に1台も通らない日もあります。
今はこの辺りの農家の田植えがあるので時々は通っていきますが知り合いがほとんどです。
道の向こうは田んぼが広がり今はカエルが騒いでいます。
カエルの声以外は小鳥の声だけで時々上空を飛ぶ旅客機の音も穏やかに感じます。
その向こうの林の中に私が本務社としてご奉仕しているお宮さんがあります。
お宮さんには自宅に日供をお供えして遥拝させてもらっています。(ズボラをしています)
何とものどかな風景が広がっています。
初めてこの地を見た時、ここだ!と決めたのは間違いではなかったと今になって認識しました。
今日も前を通った知り合いを縁側に呼んで1時間ほど話し込んでしまいました。
このブログもこの縁側で景色を眺めながら書いています。
特別変わった景色でもないし、人に見せるほどの景色でもない、ありふれた田園風景です。
五月の晴れて穏やかな日には縁側にゴザを敷いてポケーと景色を見ています。
長く人生をやってきて今になってこれが幸せなんだな!と感じています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

銃砲所持免許・年に一度の検査日

2017年05月11日 | 狩猟
今日は午後1時50分から京北交番(元々は京北警察署・京都市に編入されて右京警察署の交番になってしまった)で銃所持者にとって一番嫌な出頭の日なのです。
1年間の銃の使用状況を調べられる日なのです。
市街地に住んで射撃や狩猟が趣味で楽しんでいる人たちにとっては年間の銃の使用状況や弾の数を記録して残すことはあまり苦痛でないかもしれません。
しかし、山間部で銃を所持して年中害獣駆除で出猟する環境になると毎回正確に記録しておくということは思ったよりも大変なことなのです。
子供の頃、夏休みの宿題に日記を書かされるようなものです。
射撃場での射撃や出猟で獲物に発射した弾の数(当たっても当たらなくても)、発射した場所(射撃場の場合はスコアカードなど)、弾丸を購入した領収書、など山中で生活し、生活の一部として狩猟がある環境ではその都度記録を残すことは思ったより苦痛が多いものなのです。
それも銃が一丁だけなら良いのですが状況によって使い分けるので複数持つ場合はどの銃を使ったか?説明しなければなりません。
その上、用途も狩猟・標的射撃・有害鳥獣駆除と銃ごとの用途も所持許可書に記入されています。
用途は所持者の申請で書かれるのですがこれも検査の時は厄介なのです。
例えば、狩猟に使う一丁の銃でも日頃射撃練習をしておくようにと射撃場で使うと用途は標的射撃なのです。有害鳥獣獣駆除のために使うときもあります。
だから正式には狩猟。有害鳥獣駆除。標的射撃全てを申告して所持許可証に記入済みです。
検査では各銃について狩猟で何回、有害鳥獣駆除で何回、標的射撃で何回と聴かれます。
鉄砲を所持して射撃だけを楽しむのなら楽なのです。射撃場で撃つだけの弾を買って撃ってしまえばスコアカードに記録され、買った弾の領収書は残りますからそれを検査日に申請すれば良いのです。
狩猟の場合は獲物が出れば撃てますが、目の前に獲物が出なければ何回出猟しても弾は使いません。
狩猟期間だけでなくてこの頃年中害獣駆除がありますから何時も幾らかの弾は手元に持っていなければなりません。(弾の管理もまた厄介なのです)
狩猟を始めた頃は楽しかった。朝暗いうちから四輪駆動の軽トラに銃と弁当と保温水筒にアッタカイお茶を入れて出かけたものです。
日本ではもはやハンテイング(狩猟)は無くなりました。残ったのは害獣駆除だけになりそうです。
我が集落では銃猟免許を持っているのは私だけになってしまいました。
「田んぼや畑の柵の中に鹿が入って走り回っている」と農家の人が呼びにきます。なかなか自分だけで狩猟を楽しむことはできません。
狩猟制度については愚痴ばかりになりますのでやめますが、今回も3丁あった銃の内、自動銃(ベレッタ)を廃棄しました。
3丁で10キロ以上になります。検査のたびに重さだけでもメゲるのに記録をまとめたり、説明したり、年をとるの面倒になり鉄砲を返上する年寄りが増えています。
若い人たちはワナ檻猟の免許を取っています。日本では鉄砲を持つことの面倒くさい決まりについて行けないのです。
これまでに空気銃、ライフル銃を廃棄しています。
残りは写真の2丁です。
ミロク2700D(短めのスラッグ専用銃です。これから鹿や猪はこれで勝負します)とミロク5000T(トラップ銃です。クレーを楽しみなが射撃の腕を磨きます)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都北山の一番の季節は今

2017年05月04日 | もう一つの京都・京都北山
ゴールデンウィークなかばの今が京都北山は最高のシーズンになります。
今年のこの時期天候に恵まれ、我が家を訪れる客も昨年造った手製の縁側にゴザを敷いて、目の前に広がる田植えをかえるの声を聞きながら眺めていると浮世の憂さも時間が過ぎるの忘れてしまっています。
40年近く昔、住まいの土地を探していた時、初めてこの地を見て即座に「ここに家を建てよう」と思ったことは間違っていなかった。
山を背にして南に田んぼの広がりとその向こうに北山杉の山が連なる景色はいつ見ても飽きません。
そして、今は山菜のシーズンです、今年は春が遅かったせいか山菜の出も遅く、たらの芽が開き始めています。
ワラビはやっと最盛期になり妻は毎朝犬と散歩の途中に摘んで帰ってきます。
もちろん、二人では食いきれませんので街に住む友達に木灰でアク抜きをしてプレゼントしています。
木灰に一晩浸しておくと灰を水で洗い流すだけでいただけます。ポン酢やドレッシングやマヨネーズを付けるだけで美味しくいただけます。
大葉のギボウシも自宅の北側の斜面に沢山出始めました。

コゴミも南側の日当たりの良いところに育っています。育て始めて30年以上になります。もう開きすぎて食べる時期は終わりです。


畑もそろそろ苗を買ってきて植える時期になりました。今年もいつものように植えっぱなしで収穫できる自然薯や里芋、生姜などをまず植えました。
来週はトマト、キュウリ、茄子、唐辛子などの苗を買ってきて植えます。あまりたくさん植えると最盛期には食いきれんぐらいできるのと日照りが続くと毎日水やりが大変なのです。
農産物の自給率は見るも無残なくらい下がっていますが日本の夏ほど農産物の生育に恵まれたところはないのです。
太陽と水と土地があれば家族が食べる野菜ぐらいは自給できます。
農産物の自給率の低下は我が国政府の無策のせいです。何も政府の無策に影響されずに作れるものは自分で作ればいいのです。
今日もホームセンターに行ったら野菜の苗などを買う人がたくさん来ていました。
苗や種もどのホームセンターにも充実しています。
百姓より上手に野菜を育てる素人が増えてきました。スーパーで売っている野菜の水臭いこと!
ほとんど野菜の香りがしていません。あれで栄養分があるのでしょうか?
自分で育てた野菜のうまいこと! スーパーの野菜など食えませんよ。野菜の味と香りがしますもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グランドコンデションが悪く朝野球が流れる・残念!

2017年04月27日 | 野球
打撃好調で今日の野球を期待していたのに昨夜監督から岡崎球場のコンデションが明日雨が上がっても良くならないので中止とのメールが入った。
いつものことだが朝になれば快晴になってグランドも使えるはずだが、仕方がない。
ゴールデンウイーク中は試合がないので次の試合は再来週の木曜日、その辺りから打率は急下降がいつものパターンです。
ヤケ糞という訳でもないが保津川に渓流釣りに行く。五月十三日に我が家で恒例の登攀クラブ同窓会(夕方から夜遅くまで飲んで食って喋って)があるのでその時の参加者のためにアマがを食べさせてやろうと。
大森キャンプ場(ここでいつものカレーを食って)

アマゴとニジマス(アマゴ二匹とキャンプ場の釣り堀から逃げた?ニジマス四匹)

仕掛け作り・ナショナル(パナソニック)製の針結び機で2メートルと3メートルの仕掛けを作る。(このパナソニック製の針結び機は傑作だと思います。パマソニックにただ感謝、よくぞ、こんなものまで作ってくれた!)

紀の川に住む山仲間・根来くんの奥さんの手作りママレードと一緒に送ってきてくれたミカン(何と言う種類か判らんが香りが良くて美味しい)

最近の市販のジャムなど食えたものではない、ただのゼリーに甘味と色をつけただけ、やはりジャムは原料の姿がわかる本物に限ります。

今日は野球が中止でガッカリだったが色々やれて充実した一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加