京都北山細野の神主

日々感じることを想いのままに書き綴っています。神主として品位に欠ける表現も時々有るのはお許しください。

我が家は今シャクナゲが満開

2017年05月16日 | もう一つの京都・京都北山
西洋シャクナゲ

日本シャクナゲ

今年は春の訪れが少し遅かった。今我が家の庭の石楠花が満開を迎えました。
京都北山に移り住んだ年に日本石楠花と西洋シャクナゲを合計30株を植えてもらいました。
西洋シャクナゲ(と呼んでいるが本当の名前は知りません)が5本と日本シャクナゲが2本、生き延びています。
特に写真の西洋シャクナゲは3メートルほどの大株になって良い匂いを発散しています。淡いピンク色です。
シャクナゲが咲く時期になると昭和48年春にヒマラヤ遠征の時の思い出がよみがえります。
五月、プモリ南稜の初登攀に成功して幸せな気分に浸りながらドウドコシに沿ってナムチェバザールに向かって帰りの道を歩いている両岸に咲くシャクナゲの大木が満開を迎えていました。
こちら岸はピンク色、向こう岸はホワイト、また少し行けば色の濃いものや薄いものが岸の両岸に分かれて咲き誇っていました。
そして、ナムチェに着いたらシャクナゲの花で作ったレイをシェルパのオカミさんが成功を祝って首に掛けてくれたのが昨日のように思い出されます。
もうあれから四〇年以上になります。あのエベレスト街道はどのように様変わりしているのでしょう?
もう、昔のままの思い出の方が良いのかもしれませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何もしない幸せ感 | トップ | 免許証を失くして慌てる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL