京都北山細野の神主

日々感じることを想いのままに書き綴っています。神主として品位に欠ける表現も時々有るのはお許しください。

やはり渓流釣りは水ですね

2017年04月19日 | 釣り
週末の山菜パーテーの参加者にアマゴを一匹ずつでも食べさせてあげたいと思ってセッセと渓流かよいをこの時期にはするのですが天気が災いしたり餌のミミズが足りなかったり(言い訳)、昨日の朝までの大雨が今朝は落ち着きて釣りには絶好の水加減になるだろうと10時頃から保津川の上流に出かけました。
餌のミミズもOK,竿も何時もの、仕掛けもOK.
川に入って最初が22センチの良い形、順調に釣れ出して、午後にはキャンプ場で何時ものカレーライスを食ってのちに十匹ほどと考えていたらヒップウエダー(股のあたりまでの渓流釣り用の長靴)の底がベロンとめくれてしまい今日の釣りはこれまで。
22センチ

2時間で

夕方、京都市内に出て釣具のキタガワで新しいヒップウエダーを買いに行きました。釣り用の長靴はこの他に腹までと胸までとの3種類ありますが私は股までの一番短いものを愛用しています。
渓流釣りでは膝以上の水深のあるところには入りません。原則、水の中に入らずに釣るようにしています。(けっして泳げないとか、水が怖いというわけではありません。念のため)
いつもは二人分(三〜四匹)釣れば帰るのですがこの時期だけは皆の分を釣らなければ。
今日などは絶好の水加減だったのに、モッタイナイ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭にコゴミが出始める | トップ | 打撃好調持続。ツクシも山菜 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マスキ)
2017-04-21 16:50:08
アマゴにかなり大小があり、揉めそうですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL