京都北山細野の神主

日々感じることを想いのままに書き綴っています。神主として品位に欠ける表現も時々有るのはお許しください。

第一回は「北山杉に写す京都北山展」に決まりました

2013年01月21日 | もう一つの京都・京都北山

昨年から予定していたモンベル京都駅前店サロンでの写真絵画展の最終的な要項を決めました。ぜひ、見に来て下さい。

「京都北山展」とは、私が北山山中に移り住んで30年余りが経ちました。40歳で母校の山岳部の海外合宿の隊長としてカナディアンロッキーに行った時に丸太小屋の魅力に取り付かれました。

京都市内に住んでいましたが約一時間、25キロほど離れたこの北山山中に丸太小屋ではありませんがアーチハウス(カナディアンシーダーハウス)を建てて移り住みました。

京都と言えば神社仏閣清水焼や西陣織など市内観光ばかりが取り上げられていますが、本当は私が住んでいる京都北山と言うところは丹波高原と言われて京都の北に広がる旧京都府北桑田郡で京都市右京区に編入された京北町と、数町が合併して南丹市の一部になった美山町を合わせたところの総称です。(一部京都市北区の広河原、花背なども含みますが)

自然と人間が作り出した床柱の北山杉で有名にはなりましたが四季を通じて自然の移り変わりの素敵なところです。

この京都北山を全国の多くの人達に知ってもらおうと、春先、京都観光にこられた人達に新幹線京都駅の近くにあるイオン3階のモンベル京都駅前店のサロンを使わせてもらって「北山の良さを全国に」というキャッチフレーズで写真絵画展を思いつき実行することにしました。

写真や絵画はいろいろな方達にお願いして出展してもらうつもりでした。が、ただの写真では面白くないと(出展者には失礼なことですが)。私の住まいの近くの林業家が北山杉を利用したお土産や木製品を作っている人がおられて、木に写真などをプリントして製品にされています。

この技術を北山杉の板に写真を写してもらい、この写真を北山の紹介に利用しようと思い立ちました。

私は思い立ったら即実行しなければ収まらないタチで、そうなったら、人と相談してやると自分の考えが曲げられてしまうので、独断でやってしまわなければ気が済みません。そして、失敗することが多いのですが自分のやったことでの失敗は諦められますが、自分の考えを人の意見で曲げて失敗した時には悔しさが残ります。

この年ですから後悔しない、あきらめのつく方法で今回もチャレンジします。

A3版の大きさの写真を30枚ほど展示する予定で写真を集め始めています。これぞ、北山という写真をお持ちの方はご提供ください。北山杉にプリントして展示したいと思います。

ブログにのせているのはサンプルを私がデジカメで撮ったものできれいに見えていませんが本物は味があって良いモノです(自画自賛?)ぜひモンベル京都駅前店に期間中お出でになって見て下さい。

今後「京都北山展」に関しては随時ブログに書いてゆきます。今回は第一回「京都北山展」です。毎年春には恒例で催したい、二回目からは多くの方達の意見を入れて,と言うより皆さんで広げて行ってもらえればと考えています。

開催場所 新幹線京都駅前 イオン3階 「モンベル京都駅前店」サロン 

開催期間 平成25年3月23日(土)~4月7日(日)

写真は山国隊の行列です(山国隊とは明治維新の東征に地元から参加した人達)京都の時代祭の先頭を何時も進む鼓笛隊です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月14日は千里の氏神・上... | トップ | 千里の氏神さまの景観を守る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL