目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

◆ (画像注意)NHKクローズアップ現代「天安門事件で大きな虐殺は無かった」と大嘘! 日本政府、天皇陛下を政治利用!

2017年07月22日 | 日記
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5469.html
抜粋

NHKクローズアップ現代「天安門事件で大きな虐殺は無かった」と大嘘
   


























1989年の「天安門事件」の後、国際社会は、学生ら市民を大虐殺した支那に対して、投資を激減させるなどの制裁措置をとった。

支那は、その後何年間も、国際社会による制裁措置にあえいだ。

この支那の窮地に、いち早く手を差し伸べたのは、日本だった。

まず、1991年8月、竹下登元首相の強い働きかけもあり、海部俊樹首相が支那を訪問し、対支制裁を全面解除した。

しかし、日本が支那への制裁を解除しても、日本を除く世界は、支那への制裁を続行した!

次に、翌1992年、海部の後任となった宮沢喜一は、国際社会による支那への制裁も、何とかして解除させようとした!!

そこで、日本政府(宮沢内閣)は、日本国民の強い反対論を押し切って、天皇陛下の支那ご訪問を閣議決定し、世界による対支制裁措置解除の突破口にしようとした。

明らかな、日本政府(宮沢内閣)による天皇陛下の政治利用だった!

現実問題として、前年日本が真っ先に支那への経済制裁解除をしたものの、他の西側諸国はまだまだ支那に厳しい態度で臨んでいたが、天皇陛下の支那ご訪問は、そのような西側の制裁を解除させる決定打となった。

実際に支那の銭其シン元外相は、回想録で、天皇陛下の支那ご訪問について「中国が西側の制裁を打ち破る最も適切な突破口となった」と書いている。

支那と、その手下である宮沢喜一や加藤紘一らは、天皇陛下を支那の広告塔として利用したのだ。

天皇陛下ご訪支の翌年1993年3月に、江沢民が国家主席に就任した。

ちなみにNHKは、このタイミング(1993年6月)で、『クローズアップ現代』において「天安門広場では虐殺はなかった!広場では一人も死んでいない」と放送した。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK相手に訴訟するのは「業務... | トップ | ◆ China 恐るべき極悪侵略国... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事