目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

PCHR週報:パレスチナ人の民間人1人が死亡、5人が今週、イスラエル軍によって負傷した

2017年01月30日 | 日記
http://imemc.org/article/pchr-weekly-report-one-palestinian-civilian-killed-5-wounded-by-israeli-forces-this-week/
自動翻訳

PCHR週報:パレスチナ人の民間人1人が死亡、5人が今週、イスラエル軍によって負傷した
2017年1月27日1:04 PM PCHRガザ 人権、ニュースレポート、パレスチナ 0

1月27日
1:04 PM
パレスチナ人権センター(PCHR)は、2017年1月19日から25日までの1週間、占領されたパレスチナ自治区におけるイスラエルの人権侵害について、今週中に占領されたパレスチナの領土でイスラエル軍が組織的犯罪を継続していることを発見した。

西岸におけるイスラエルの攻撃:



報告期間中、イスラエル軍はエルサレムの北東側でパレスチナの民間人を殺し、西岸とガザ地区に子供を含む5人を負傷させた。ガザ地区では、イスラエル軍はガザ海でパレスチナの漁師を追跡し、国境地域の農民に火を放ち続けた。

ヨルダン川西岸では、イスラエル軍が過度の武力を使用した新たな犯罪で、エルサレム北部のカレンダ難民キャンプからフセイン・アブ・ゴシュ(24)を殺害した。これは、彼の車が市の北東にあるジャベア村の土地に設立された "アダム"居留地の入り口のバス停に向かって逃げ出し、兵士のための駅にイスラエル軍によって設立された鉄の障壁を壊した入植者。

2017年1月21日、Qalqilyaの北東Kafr Qaddoum村への東側の入り口でパレスチナ人と国際活動家によって組織されたデモンストレーション中、イスラエル軍はAwad Sobhi(12)に発砲し、彼を右手に負傷させた。イスラエル軍はまたMa'moun Shteiwi(40)を誘拐し、彼を未知の目的地に連れて行った。イスラエル軍は、「Ma」に隣接する地域の壁や居住地に対する調整委員会によって再設定された「Bab al-Shams」村に早期に移住したときに、女性を含む5人の一般市民を拉致し、エルサレムの東、アール・アデュミム "和解。

2017年1月25日、ラマラの北西にあるアブド村のオメル​​・アル・バルグーティ(26)は、重傷を負って拉致された。イスラエル軍は、イスラエルの兵士たちの近くで、スーダン村の近くでスピード車が発砲したと主張し、兵士たちは火を背にして重傷を負わせた。

報告期間中、イスラエル軍は、ヨルダン川西岸のパレスチナのコミュニティに少なくとも63回の軍事侵攻を行った。これらの侵攻中、イスラエル軍は少なくとも17人の子供を含む少なくとも64人のパレスチナ人の市民を拉致した。占領されたエルサレムでは、12人の子供を含む17人が拉致された。拉致された者のうち7人は、壁と和解委員会の活動家であった。

イスラエル軍は、家の解体と通知の文脈で、木曜日の早朝、2017年1月19日、占領されたエルサレムの北側にあるカレンジエン難民キャンプの南側で大規模な解体を実施した。彼らは、自動車修理およびスペアパーツショップ、中古車ショールーム、野菜や果物の店として使用されている22店舗を均等化しました。

2017年1月25日、イスラエルの自治体ブルドーザーは、エルサレムの旧市街の南にあるシルワン村のアル=アバシヤ地区にあるレッドワン・ジャマル「Amr」に属する店、駐車場、フェンスを破壊した。同時に、イスラエルのブルドーザーは、Silwan村にあるQaddoum Valley地区のNassar Familyに所属する建設資材の店舗を、免許なしで建設するという趣旨で破棄しました。

2017年1月17日、フィラス・マフムードは占領されたエルサレムの北東のイッサウィア村の130平方メートルの家を自爆した。自治体は、マハムードが自分の家を自ら解体し、免許の取得や解体の延期を拒否するように、自治体が決定を下したことを述べるべきである。彼がそうしなければ、自治体はそれを破壊し、解体手数料を彼に課すでしょう。マフムードは8ヶ月前に家を建て始め、5人の家族と一緒に近日中に移動して住みたいと考えていました。

同様の文脈で、2017年1月24日に、イスラエルの入植者は、エルサレム旧市街のAqabet al-Khalidyah地区にあるNoura Gheithの家に属する店を引き継いだ。



ガザ地区でのイスラエルの攻撃:

ガザ地区では、イスラエル軍が子供を含む3人の漁師を負傷させた。2017年1月20日、ガザ地帯のアルワハ地区の西側に駐留していたイスラエル軍の砲撃隊が、パレスチナの漁師に大量の火災を起こした際に、アブデル・ラヒム・アル・スルタン(25)が負傷した。2017年1月23日、イスラエル軍の砲艦が同地域のパレスチナ漁船に発砲した。その結果、天王星アルサルタン(20歳)と彼のいとこのオデイ(14歳)が負傷した。

上記の事件に加えて、ガザ海でパレスチナの漁民を標的にしている状況では、イスラエルの砲撃船はアルワハ海岸を駐留し、2017年1月24日にパレスチナの漁船に火をもらいました。

同日、ラファ川沿いに駐留していたイスラエル軍の砲艦とカーン・ユニス海岸からは、漁船の群に火がついた。撮影は2017年1月25日にボートで再現されたが、犠牲者もボートへの損害も報告されなかった。

2017年1月24日、イスラエル軍は国境地帯を対象に、ガザ地区中央のアル・マハジの東にあるパレスチナ武装集団に属する護衛隊に2本の砲弾を発射した。その結果、監視塔は重大な損害を被った。同じ日、イスラエル軍はKhan Younisの東にある農地に火をつけた。

ガザ地区では、2017年1月25日、イスラエル軍はガザ地区南部のラファ市東部のアルショカ村に移動し、国境のフェンスに沿って再配置する前に平地を整え、櫛を打った。



イスラエルの和解活動とパレスチナの民間人とその財産に対するイスラエル入植者の攻撃:

2017年1月23日、イスラエル軍は、イェリコ北部のヨルダン中央部のヘルベルト・カルザリヤにある4戸の住居、羊の避難所として使用された兵舎、2つの納屋、4つの付属施設を破壊した。その物件は、Zuhair Qassem Bani MeniaとZahi Fahim Bani Meniahの家族に帰属します。両家族の会員数は11人で、6人の子供が含まれています。イスラエル軍はまた、上記の地域につながる農業道路を平らにして、家族の財産へのアクセスを拒否した。

同じ文脈では、「Tel Mond」と「Nhlial」居留地からのイスラエルの入植者のグループが、Ramallahの北西にあるBitello村のパレスチナ民間人に属する農地の土地を攻撃し、そこで10本のオリーブの木を伐採した。



非暴力デモに対するイスラエルの攻撃:

先週、イスラエル軍は和解活動に抗議する平和的なデモンストレーションと併合壁の建設に過度の武力を使用した

2017年1月20日金曜日の金曜日の祈りに続いて、数十人のパレスチナ民間人とイスラエル人および国際人権擁護家が、都市の北西に位置するラマラと西のアルナビ・サレと、 Qalqiliyahの北東にあるQadoum村は、合併の壁と和解活動に抗議している。イスラエル軍は強制的に抗議行動を分散させ、生きている金属の弾丸、催涙ガス缶、音の爆弾を発射した。彼らはまた、抗議者をオリーブ畑と家屋の間に追いやった。その結果、抗議者の多くは催涙ガスの吸入に苦しみ、イスラエルの兵士たちは殴打を受け、他の人は傷を負った。

金曜日の祈りに続いて、イスラエル軍は、エルサレムの東にあるパレスチナの土地で確立された「Ma'ale Adumim」和解に隣接する、壁と定住活動に対する大衆委員会の活動家によって設立されたBab al-Shams村に移った。活動家は、イスラエルへの「Ma'ale Adumim」和解を附属するための法案に対して抗議して村を再建した。イスラエル軍は5人の活動家を拉致した。モハメド・アブドゥル・カリム・ムスタファ・アル・カティブ(42)、ラムラハ西部のビリン村のアクラム・アブドゥル・カリム・ムスタファ・アル・カティブ(64)、モンダー・アミラ、最高調整委員会委員長ファタハ革命評議会のメンバー、ラマ・ナズィーとハサン・ファラジ。Bab al-Shamsの村は、エルサレムでのイスラエルの和解活動に抗議して、2013年1月11日に設立されたことに注意してください。国際的な活動家やイスラエルの活動家に加えて、さまざまなパレスチナの地域から約250人の活動家が東エルサレムの村を設立するための天幕を設定し、「E1」和解プロジェクトに抗議した。しかし、イスラエル軍は村を撤去した。上記の日に、活動家は村を再建しようとした。

2017年1月21日土曜日の約17:15に、パレスチナの市民と国際活動家がデモを企画した。彼らは鉄門でアルアクサ・​​インティファダの始まり以来、入り口を閉めることに抗議して、村への東への入り口に向かって、Qalqiliyahの北東にあるKafer Qadoum村から彼らの道を進んだ。イスラエルの兵士たちは、上記の入り口に抗議者が到着するとすぐに、生きている金属の弾丸と音の爆弾を発射した。結果として、「Awad Mansour Sobhi(12)は右手に金属弾丸を支えた。イスラエル軍はMa'moun Rafiq Shtewi(40)を拉致した。



国際社会への提言:

今週のイスラエルの人権侵害の数と重大さのために、PCHRは国際社会に対していくつかの勧告を行った。これらの中で、普遍的な管轄権の原則を適用する国は、イスラエルの戦争犯罪者が享受した不処罰を永続させるために、普遍的な管轄権を制限するというイスラエルの圧力に降伏してはならないという勧告があった。

さらに、PCHRは、国際社会に対し、イスラエルの居留地に対する制裁を課し、貿易を犯罪化することにより、イスラエルの拡大活動をすべて停止するよう求めている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆ 南京大虐殺記念館を作らせ... | トップ | 極悪イスラエルの兵士がジェ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事