目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

主要メディアはスコットランド人の大半がEU残留を支持していたと伝えていた。 しかし実際には多くのスコットランド人はEU離脱を支持

2016年11月26日 | 日記
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51998101.html

スコットランド人の57%がEU離脱に賛成!

イギリスで行われたEU離脱を問う国民投票の結果、スコットランド人の大半がEU残留を支持し、スコットランド人はイギリスから独立したいと主要メディア(日本のマスコミも)が伝えていましたが、スコットランド人がなぜEUに残留したいのだろうか?と私も不思議に思っていました。EU残留でよいことなど何もないからです。しかもスコットランド人がそれほど無知だとは思いません。
プライドが高いスコットランド人がEUに残留していると大量の移民や難民がイングランドをバイパスしてスコットランドに流れ込んでくることぐらいわかっているはずです。それに、スコットランドとイングランドの経済の結び付きは非常に重要ですし、イングランドにもスコットランドにも多くのスコットランド人が暮らしていますので、国民投票の結果はスコットランド人、イングランド人、ウェールズ人、北アイルランド人に関係なく、総意としてEU離脱をが支持されたのでしょう。
どこの国でも票数の不正操作が行われるものです。グローバル・エリートがNWOを成功させるためには、不正操作で投票結果を誤魔化し強引にグローバル化を進めなければならないからです。

http://tapnewswire.com/2016/11/57-of-scots-would-prefer-to-be-outside-eu-and-maintain-border-free-trade-with-rest-of-uk/
(概要)
11月24日付け

imgres-1

BMG(Herald紙)の世論調査の結果、43%のスコットランド人がEUに残留しイングランドとは距離を置きたいと考えており、57%のスコットランド人はEU離脱を支持しイングランド、ウェールズ、北部アイルランドと国を共にし国内での自由貿易を望んでいることがわかりました。

imgres

Source: The Herald


イギリスでEU離脱を問う国民投票が行われましたが、EU離脱(Brexit=ブレキシット)が決定された直後に、主要メディアは、スコットランド人の大半がEU残留を望んでおり、スコットランドではイングランドとの離別を望む声が高まり、スコットランド独立を問う国民投票が再度行われるのではないかなどと報道しました。


しかし5か月たった今、主要メディアが報道した内容と現実が乖離していることが明らかになりました。スコットランドでは独立を問う国民投票を行う数か月前から60%の住民が独立を支持していなければ国民投票は行えません。
しかしスコットランド独立を支持する住民は50%に満たないのです。さらに、スコットランドが次の国民投票で独立を選択した場合、スコットランドはEUの単一市場に残留することを意味します。しかしスコットランドの輸出の64%がイギリス向けであり、対EU輸出はたった17%でしかありません。
イギリスに残留するのか、独立してEUに加盟するのかどちらが経済的に重要かは一目でわかります。

以下省略

スコットランドで行われた最新の世論調査では、57%の住民がEU離脱を支持し、イギリス国内での自由貿易を支持していることがわかりました。

この記事に対するゴードンさんのコメント:


面白いことに、計6人のスコットランド人(友人、近所の人、見知らぬ人)に尋ねたところ、スコットランドのEU離脱を問う国民投票が行われるのではないかと懸念を示していました。彼等はみなEU離脱を支持していました。
本当に驚きです。なぜなら、イギリスでEU離脱を問う国民投票が行われた後に主要メディアはスコットランド人の大半がEU残留を支持していたと伝えていたからです。
しかし実際には多くのスコットランド人はEU離脱を支持しイギリス国内で自由に貿易をすることを望んでいます。つまり、スコットランド人に対する前回のEU離脱を問う国民投票では不正に操作されていたことがわかりました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本国の国益を真剣に考える... | トップ | 【年間1200億円】生活保護で... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む