目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

シリア政府がアメリカとISISの関係を明らかにする証拠を保有!

2016年10月11日 | 日記
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12206261316.html

Damascus has proof US talked to ISIS militants ahead of airstrike on Syrian forces – lawmaker
9月26日【RT】

シリア人民議会の広報官によると、米国主導の連合軍による空爆の事前に、アメリカ軍部及びイスラム国テロリストの間で交わされた会話録音をシリア政府が保有しているという。
Hadiya Khalaf Abbas女史の発言(アラビア語版スプトニク紙より)

「(シリアの街)デリゾールで行われた攻撃の事前に、アメリカとダーイシュ(Daesh、アラビア語の軽蔑語で、イスラム国を意味する)の間の会話をシリア軍が傍受しました」

前回のアメリカ主導連合国による空爆は、慎重に検討された上での行為であったことを証明する証拠を、シリア当局が保有しているとこのシリア人民評議会の広報官が伝えている。

そしてシリア政府は録音の内容についての詳細を公開する予定だと公約した。

9月17日、デリゾール近郊でイスラム国の武装勢力に取り囲まれていたシリア政府軍が、米主導連合国軍の戦闘機によって爆撃を受けた。

この空爆によりシリア軍兵士62人が死亡、100人以上が負傷を負い、政府軍はその空爆の直後、聖戦主義者らの攻撃を受けている。

爆撃は、ロシア軍部がアメリカ側に数度、間違った標的を攻撃していると連絡した後にようやく停止された。

アメリカ政府はシリア政府軍への攻撃を認め、過ちに対して謝罪さえしているのだ。

この出来事は9月にロシア政府およびアメリカ政府が合意したシリア停戦協定に深刻な被害を与えた。

今週末の国連総会で、シリアのワリード・ムアッリム外相は自らのスピーチの中で、アメリカ主導連合国軍によるシリア政府軍への爆撃は、アメリカ政府の主張するような過ちではなく、意図的な攻撃であったと述べた。

【関連記事】アサド大統領「アメリカのシリア政府軍への空爆は『意図的な』もので、1時間近く続いていた(英語)

ムアッリム外相:「シリア政府は武力侵略の全責任をアメリカにかけています。事実はこれは恣意的な攻撃で、過失などではなかったと証明しています。たとえアメリカが反対のことを言っていたとしても」

そして爆撃は「アメリカとその連合国軍はイスラム国とテロリスト集団の共犯者であることを証明している」と話している。



【参考】https://www.rt.com/news/360656-us-isis-talks-proof/

(翻訳終了)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリアでロシア機に似せた米... | トップ | ロシアがイスラエル・米の諜... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む