目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

蓮舫は二重国籍問題が発覚して約1週間後の平成28年9月6日の記者会見で「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない」と述べていたが、やはり真っ赤な嘘だった!

2016年10月19日 | 日記
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6407.html

蓮舫は、予想どおり、かなり悪質な国籍法違反と公職選挙法違反の犯罪者だ!

蓮舫、今月、10月7日に日本国籍選択「宣言」 !www



■■まとめ■■
蓮舫は、自分がずっと二重国籍を維持していたことを認識していた。

そして、実際に蓮舫は、平成元年に22歳に達するまでに国籍を選択せず、平成5年や平成9年や平成22年などに日本や支那などで最低でも4回以上「私は、二重国籍なんです。」とか「中国国籍(中華民国籍、台湾籍)を維持している」などと証言している!

しかし、一方で【選挙公報】や「ホームページ」などには「1985年、台湾籍から帰化。」と虚偽表示(公選法違反)をしてきた!

最近もテレビ番組で「私は、生まれた時から日本人です」とか「高校3年で…18歳で、日本人を選びましたので、台湾籍、抜いてます」などと嘘を吐き、記者会見でも「昭和60年に台湾籍の放棄を宣言した。」などと嘘を吐いて民進党の代表選で当選した。

以上=============================



蓮舫、今月、10月7日に日本国籍選択「宣言」 !www
「(戸籍法)104条にのっとって(日本国籍の)選択宣言をしました 」 はぁー

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO224.html#1000000000004000000014000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

第百四条  国籍法第十二条 に規定する国籍の留保の意思の表示は、出生の届出をすることができる者(第五十二条第三項の規定によつて届出をすべき者を除く。)が、出生の日から三箇月以内に、日本の国籍を留保する旨を届け出ることによつて、これをしなければならない。
○2  前項の届出は、出生の届出とともにこれをしなければならない。
○3  天災その他第一項に規定する者の責めに帰することができない事由によつて同項の期間内に届出をすることができないときは、その期間は、届出をすることができるに至つた時から十四日とする。

第百四条の二  国籍法第十四条第二項 の規定による日本の国籍の選択の宣言は、その宣言をしようとする者が、その旨を届け出ることによつて、これをしなければならない。
○2  届書には、その者が有する外国の国籍を記載しなければならない。

第百四条の三  市町村長は、戸籍事務の処理に際し、国籍法第十四条第一項 の規定により国籍の選択をすべき者が同項 に定める期限内にその選択をしていないと思料するときは、その者の氏名、本籍その他法務省令で定める事項を管轄法務局又は地方法務局の長に通知しなければならない。

------------------------------------------------------
そもそも、国籍法第十四条規定 違反!!!
25歳になった蓮舫は、自身が二重国籍だと明言。
 蓮舫氏は、22歳までに国籍を選択しなかったばかりか、その後も、二重国籍を継続!明らかな国籍法第14条違反!

週刊現代、1993年2月6日号対談記事より。


国籍法
http://www.houko.com/00/01/S25/147.HTM
第14条 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が20歳に達する以前であるときは22歳に達するまでに、その時が20歳に達した後であるときはその時から2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法 の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党・蓮舫代表「実は今日1... | トップ | 【だっさw】蓮舫「私の二重... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む