目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

民進党高井崇志「獣医学部の今治市への新設を石破大臣に強くお願いした!前向きな答弁引き出した」

2017年05月19日 | 日記
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6668.html
抜粋


平成28年(2016年)4月26日、衆議院地方創生特別委員会
民進党の高井たかし議員(岡山県:江田五月・民進党最高顧問の元秘書)が、地元の「加計学園」の「岡山理科大学」が力を入れている獣医学部の愛媛県今治市への開設を石破大臣に強くお願いし、前向きな答弁引き出していた!

高井たかし議員は江田五月・民進党最高顧問の元秘書だ。

民進党最高顧問の江田五月は、加計学園理事長から「長くご支援を頂いてきた」と自画自賛してた!

・・・

ブーメランは、民進党だけにとどまらない!



大ブーメランが朝日新聞にも突き刺さる!

なんと、5月17日付朝刊で当該問題についてスクープした朝日新聞も、今年の1月27日に「今治市の獣医学部開設は、人口減少の打開策として期待が高まっている!」という記事を書いてた!
http://www.asahi.com/articles/ASK1S5SYXK1SPFIB00R.html

愛媛)人口減に苦しむ今治市、獣医学部に期待高まる
直井政夫
2017年1月27日03時00分、朝日新聞
今治市の中心部に広がる「今治大丸」跡地=今治市常盤町4丁目

今治市は県内2番目の人口を誇る自治体だが、人口減少のペースが早く、中心市街地の再開発など課題も山積する。ただ今年に入って四国初となる獣医学部の開設が決まり、打開策として期待が高まっている。29日告示の今治市長選・市議選を前に、現状を追った。

 今治市の一等地にぽっかり空いた土地がある。2008年末に閉店した百貨店「今治大丸」跡地(約5千平方メートル)。「今後の展望は開けそうにない」。再開発案の文書を前に、跡地管理会社「どんどび」の渡辺政勝専務がため息をついた。

 「今治の顔」だった今治大丸が閉店し、再開発策を検討する跡地対策委員会が発足したのは12年。市民の大きな関心を背景に、翌13年には「中心部の居住人口を増やす」という目標のもと、居住部分とテナント、公共部分を備えた多機能複合ビルの3案をまとめた。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苦境に立つAIIBに救いの手を... | トップ | 政府は日本国が「デフレ型経... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む