目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

朝日新聞の謝罪広告認めず 東京地裁 佐久間健吉裁判長が請求棄却 「・・ どのような要因が影響を与えたか特定するのは困難」ハァー

2017年05月01日 | 日記
http://www.sankei.com/affairs/news/170427/afr1704270035-n1.html?google_editors_picks=true

慰安婦をめぐる朝日新聞の報道で誤った国際世論が形成され、損害を受けたとして、米国在住の50人を含む日本人計約2500人が朝日新聞社に主要米紙への謝罪広告掲載などを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。佐久間健吉裁判長は「国際社会では慰安婦問題に関して多様な認識や見解があり、どのような要因が影響を与えたか特定するのは困難」として、原告側の請求を棄却した。

 米国在住の原告が「報道で日本人への偏見が助長され、嫌がらせやいじめなどの被害を受けた」と主張したのに対し、佐久間裁判長は「記事が、国際社会での慰安婦問題に関する認識に何らかの影響を与えなかったとはいえない」と指摘した。

以上=============================

>どのような要因が影響を与えたか特定するのは困難

>何らかの影響を与えなかったとはいえない」と指摘した。

ハァー、佐久間健吉裁判長、あなたの理解力は小学生以下ですか。www
何らかの影響どころじゃないでしょう。
朝日新聞の報道に騙されて、世論が形成されていったでしょう。
呆れる!!!

(小生も、朝日新聞の報道であるから、疑いもせず、そうだったんだろうと、思い込んでいました。
当時は、マスコミを信用していました。www)
 
しかし、裁判は恐ろしい、こんなレベルの裁判官がうようよ存在する。(近年気付いた。)
理解力(中身)はないが、文章力はあるから始末に悪い。www
まだ、裁判員の方がまし
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都新聞】全滋賀教職員組... | トップ | 日本政府はプライマリーバラ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事