目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

財務省の内部は内部で、緊縮に反対する官僚が左遷され(されているそうです)、緊縮派のみが権力を握り続ける。緊縮派のトップが、緊縮派を引き上げ、永遠に「バカの再生産」が続く。

2017年07月31日 | 日記
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12295080100.html

『基礎的財政収支 赤字幅、20年度8.2兆円 黒字化目標遠く
https://mainichi.jp/articles/20170719/ddm/008/020/156000c
 内閣府は18日の経済財政諮問会議に、中長期の財政試算を提出した。財政健全化の指標である基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)の赤字幅の見通しは、2020年度に8・2兆円程度とした。1月の前回見通しの8・3兆円からほぼ横ばいで、20年度のPB黒字化という目標の実現は遠いままだ。
 PBは、国と地方の政策経費を借金に頼らずどれだけ賄えているかを示す指標。今回の試算では、経済成長率の見通しを下方修正したことで税収が減少する一方、歳出改革が進んで政策経費が抑制されるとして、若干の改善を見込んだ。
 18年度の国内総生産(GDP)に対する赤字の比率は、前回と同じ2・4%程度と試算。政府は18年度の対GDP比の赤字を1%程度に抑える中間目標も掲げているが、達成は厳しい状況だ。(中略)
 「骨太の方針」では20年度のPB黒字化に加え、GDPに対する債務残高の比率を安定的に引き下げるという新指標が加わった。借金を減らさなくても経済成長でGDPが拡大すれば低下が見込めるため、財政再建目標先送りへの布石との見方も出ている。 』

 そもそも、この記事を書いた大久保渉が勘違いしているのは、「財政健全化」とは、PB黒字化を意味しないという点です。財政健全化とは、政府の負債(債務)対GDP比率の低下です。

 PBが黒字化しても、政府の負債対GDP比率が低下すれば、財政悪化なのです。強引なPB黒字化を目指し、デフレが深刻化し、名目GDPが縮小すると、普通にあり得る事態です。

(1) 財政健全化とは、政府の負債対GDP比率の引き下げであり、PBの黒字化ではない
(2) PBが黒字化したとしても、デフレ深刻化で名目GDPが縮小し、政府の負債対GDP比率が上昇すれば、財政の悪化

 上記が事実であるにも関わらず、新聞はPB黒字化目標の未達成を「危機」として煽る。結果、強引なPB黒字化(在庫の押し込み!)が推進され、デフレが深刻化。名目GDPが成長せず、財政は却って悪化する。

 とはいえ、財務省の権力はあまりにも強く、政治家も、他の官庁も逆らえない。新聞社が緊縮財政を批判すると、国税を飛ばされる。

 財務省の内部は内部で、緊縮に反対する官僚が左遷され(されているそうです)、緊縮派のみが権力を握り続ける。緊縮派のトップが、緊縮派を引き上げ、永遠に「バカの再生産」が続く。

 それにしても、
「GDPに対する債務残高の比率を安定的に引き下げるという(正しい財政健全化の)新指標が加わった」
 ことを受け、新聞が、
「財政再建目標先送りへの布石との見方も出ている。」
 と、書くわけです。我が国のジャーナリズムの知的レベルがどれほど低いか、絶望感を覚えるほどです。

 我が国はこのままでは、財政をめぐる「知的貧困」により亡国に至ります。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国立大学の文学部は生涯教育... | トップ | 朝鮮学校の無償化除外は「違... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事