目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

欧州に流入する大量の中東難民を支援する人道主義のNGOに何者かが闇資金を提供しているのか

2016年12月31日 | 日記
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36444336.html

新ベンチャー革命2016年12月31日 No.1572

タイトル:欧州に流入する大量の中東難民を支援する人道主義のNGOに何者かが闇資金を提供しているのか

1.2016年はシリア紛争が原因で大量のシリア難民が欧州に流れ込んだ年だった

 2016年はもうすぐ終わりますが、来年に持ち越される大問題、それは欧州に流入する中東難民問題です。世界中でなんと6500万人規模の難民が発生しているそうです(注1)。反米の中東産油国・シリアにIS(イスラム国)が侵攻したのがきっかけで、シリア難民が大量に発生して欧州に流れ込み、今の欧州は国民の右傾化が顕著です。

 一方、欧州へ流入する中東難民を支援するNGOの活動も活発化しているようです(注2)。これらのNGOはオモテムキ、人道主義的スタンスで難民支援をしていますから、一般からの寄付金が活動原資になっていますが、おそらく、別に何者かから闇支援を受けている可能性を否定できません。

 ここでわれわれがキッチリ認識しておくべきは、シリアで発生している大量難民は自然発生しているのではなく、人工的に発生させられているということです。最大の解決策は、シリアを含む中東での紛争を止めることです。

 中東産油国にて半永久的に続く紛争の原因をつくっているのはISなど、中東産油国への外部侵略勢力です。そのISを闇支援しているのは、旧・米国戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン)と本ブログでは観ています。彼らネオコンは中東のイスラム教徒を排除して、中東の産油地帯にイスラエル大帝国をつくろうとしています。かつてのイラクは反米だったため、2003年のイラク戦争で旧・米戦争屋ネオコン配下の米軍に攻撃され敗北、今は対米従属国となっています。

 現時点で、中東において、旧・米戦争屋ネオコンに従属していないのは、主にシリアとイランです。そして旧・米戦争屋はISを使って、シリア侵略を続けているため、大量のシリア難民が発生しています。旧・米戦争屋ネオコンはシリアを攻略したら、次にイランを攻略しようとしています。しかしながら、これらの旧・米戦争屋ネオコンの企みに待ったを掛けているのがロシアなのです。

 ちなみに、サウジやカタールなどの親米の中東産油国はすでに旧・米戦争屋に従属していますから、ISに侵略されることはありません、それどころか、旧・米戦争屋の要請にてISに資金援助させられています。

なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

 ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。

2.中東難民を支援するNGOの黒幕は何者か

 上記のように、今、大量の中東難民(主にシリア)が欧州に流入していますが、それを支援するNGOが存在しているわけです。本ブログの見方では、NGOで働く人の多くはマジメな人道主義者とみなせますが、やはり、これらのNGOに資金援助する黒幕が存在すると観ています。

 もしそうなら、この黒幕とは誰でしょうか。これを特定するのはなかなか難しいと思われます。

 一つ言えることは、欧州に大量の難民が流入すると、大きく見て、以下の二つの現象が発生すると予想されます。

(1)欧州で難民排斥の運動が起きて、欧州が右傾化する。
(2)欧州に流入した中東難民が差別を受けて、その一部がテロリスト予備軍となる。

 上記の二つの現象を起こしたい勢力こそがNGOを闇支援する黒幕なのではないでしょうか。この黒幕は欧州NATO軍を中東に派遣させて、反米・反欧のイスラム国、たとえば、シリアやイランと戦争させたい勢力ではないかとみなせます。

 さらにこの黒幕は、欧州で迫害されたイスラム教徒からテロリスト予備軍を大量生産して、今後も、欧州でイスラム教徒のテロを頻発させたいのではないでしょうか。この結果、欧州国民が反イスラム化し、欧州NATO軍が中東に派遣されることに、欧州国民が反対しなくなるはずです。

 このように考えるとこの黒幕は、欧州を巻き込んで、中東で大規模戦争を起こしたい勢力とうことになります。本ブログの見方では、ズバリ、旧・米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコンを含む)ではないでしょうか。

3.欧州を巻き込む中東戦争を阻止したい勢力が存在する

 本ブログの見方では、旧・米戦争屋ネオコンは、選挙不正でヒラリーを当選させ、ヒラリー政権下にて、欧州を巻き込んで中東戦争を引き起こそうとしていたと観ていますが、一方、そのシナリオを実現させないよう阻止する勢力も存在していると観ています。

 現実にヒラリーが敗北したということは、次期トランプ米政権は、旧・米戦争屋ネオコンの仕組む中東戦争シナリオを阻止したい勢力によって実現したということを意味します。

 本ブログの見方では、欧州寡頭勢力は、主に金融系であり、欧州を旧・米戦争屋ネオコンの仕掛ける中東戦争に巻き込ませたくないと観ています。

 以上の見方より、2017年、トランプ政権下で、米国が中東戦争(シリア紛争の発展形)に踏み切るかどうか、旧・米戦争屋ネオコンと新・米戦争屋の間で熾烈な綱引きが始まりそうです。

 この駆け引きでカギとなるのがロシアの動きです。旧・米戦争屋が優勢となれば、中東戦争が始まって、結局、第三次世界大戦に拡大する危険が増大します。一方、新・米戦争屋が優勢となれば、中東戦争は起こされないので、第三次世界大戦も回避されるでしょう。

 本ブログの見方では、少なくとも、トランプは親露路線を取っていますので、新・米戦争屋系であり、親・欧州寡頭勢力系であると思われます。しかしながら、トランプは今のところ、親イスラエルのポーズを取っていますので、旧・米戦争屋に妥協する可能性もあります。

 いずれにしても、2017年が戦争世紀元年にならないことを祈るのみです。

注1:BBC“世界で6530万人が難民化、戦後最高水準に=国連”2016年6月20日
http://www.bbc.com/japanese/36573394

注2:田中宇“欧州の難民危機を煽るNGO”2016年12月29日
http://tanakanews.com/161229refugee.htm
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビルダーバーグのウェブサイ... | トップ | 国家の基盤であるインフラス... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事