目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

侵犯ドローンは撃墜せよ!

2017年05月20日 | 日記
http://d.hatena.ne.jp/NOFNOF/20170520/1495232556

 中国によるドローンを使った領空侵犯事件。スクランブル続けば防空力疲弊の恐れがあり、防衛体制を見直す必要があるという。

『尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国海警局の船の上空を小型無人機ドローンが飛行し、領空侵犯した問題を受け、日本政府は航空自衛隊戦闘機による緊急発進(スクランブル)を行い、主権侵害を認めない姿勢を明確にした。ただ、ドローンに対して戦闘機がスクランブルする対処を続ければ、自衛隊の防空力の疲弊を招く恐れもある。かえって中国の思うつぼになりかねず、政府は対応の見直しを迫られそうだ。

 「われわれは規則に従い、しっかりと対応する。だが正直、あの程度のドローンに毎回、緊急発進すべきかは疑問だ」

 ドローンの領空侵犯から一夜明けた19日、空自幹部はこう打ち明けた。同日に開かれた自民党の領土特命委員会でも、ドローンにF15を向かわせた対応に疑問の声が上がった。

 無人機への緊急発進は、今回が初めてではない。平成25年9月には尖閣諸島北方の公海上を国籍不明の無人機が飛行し、F15が対応した。しかし、今回は同じ無人機でも軍用の大型機ではなく、一般に流通しているサイズの小型ドローン。速度は時速数十キロ程度とみられるが、F15は時速1千キロ超だ。18日のスクランブルでは、F15からドローンを目視できなかった。

 スクランブルに当たったF15など計4機は、別件で緊急発進して飛行中だった。中国側から見れば、ドローンで戦闘機を引きつけられるなら、陽動作戦としては効率がいい。「近くをF15が飛ぶだけでドローンは墜落するかもしれない。そうなれば中国は『日本が事態をエスカレートさせた』と宣伝する」(自衛隊幹部)可能性もある。

 しかし、無視するわけにもいかない事情がある。中国側がドローンを多用し、行動をエスカレートさせることもあり得るためだ。

 杉山良行航空幕僚長は19日の記者会見で、スクランブル以外の対応について「(関係機関との間で)検討があるとすれば、しっかりと参画していきたい」と述べ、海上保安庁にドローン対処能力を持たせるなど政府全体での態勢見直しに期待をにじませた。(2017.5.19 産経ニュース)』(http://www.sankei.com/world/news/170519/wor1705190038-n1.html)


 いかなる種類の領空侵犯も認めてはならない。

 ドローンによる領空侵犯は、ミサイル攻撃と同様と見做し撃墜すべきである。ドローンごときに右往左往すると、中国に足もとを見られるだけだ。弾がもったいないなら、接近して翼でも引っ掛けて墜落させれば良いだけだ。

 その上で、対抗措置を考えるとすれば、我が国も尖閣上空を24時間ドローンを使って哨戒すべきである。一々空自のスクランブル発進や、海保が対応と言うのでは隊員が疲弊するし、コスト的にも合わない。

 そこで、ドローンにはドローンで対抗するのが一番である。

 まず尖閣の上にドローン発進基地を設営する。そんな作業は簡単な筈だが、人を派遣するのは中国を刺激するとか弱腰なことを言う奴が居るのであれば、別に無人でも出来るのだ。惑星探査機みたいに無人で無人機を送り込めばいいのだから(というか尖閣公務員常駐はどうなったんだ?)。

 そしてソーラーパワーで発電するようにして複数のドローンを飛ばし、その映像を全世界に公開する。

 中国の無法ぶりを毎日宣伝してやれ!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【画像】空自、尖閣諸島上空... | トップ | 東京入管収容中不法害人のハ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む