目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

台湾、断交連鎖に危機感 中国がパナマと国交樹立

2017年06月14日 | 日記
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM13H7L_T10C17A6EA1000/

【台北=伊原健作、北京=永井央紀】中国は13日、中米パナマと国交を樹立する共同声明に署名し、パナマは台湾に外交関係の断絶を通告した。台湾では友好国が多い中南米に中国の外交圧力が及んだことに衝撃が広がっている。米国の裏庭とされる中南米を舞台にした中国の外交攻勢に、断交が連鎖しかねないと危機感を強めている。

台湾の蔡総統は中国を強く批判(13日、台北市の総統府)
画像の拡大
台湾の蔡総統は中国を強く批判(13日、台北市の総統府)
 「地域の安定を損なう行為で、厳しく非難されるべきだ」。台湾の蔡英文総統は13日、台北市内の総統府で談話を読み上げ、珍しく気色ばんだ。「両岸情勢を新たに評価し直す」とも指摘。主席を務める民主進歩党(民進党)が掲げる台湾独立志向を封印し、中国との対話を探ってきたが、この路線を修正する可能性を示唆した。

 昨年12月にも、中国の外交圧力を背景に西アフリカの島国サントメ・プリンシペが台湾との関係を断った。だが、今回は台湾にとってより深刻だ。台湾は中国の清朝が結んだパナマとの外交関係を引き継いだとされ、100年以上の歴史がある最も古い盟友だ。大西洋と太平洋を結ぶ国際運河を擁する交通の要衝でもある。蔡氏は昨年6月、総統就任後の初外遊で真っ先に訪問して関係を締め直したはずだった。

 「パナマは経済的な利益のために北京に屈服した」「台湾をだました」。李大維・外交部長(外相)も13日の記者会見でパナマの対応に悔しさをにじませた。

 台湾を「国」と認め国交を結んでいるのは20カ国に減った。パラオやツバルなどの南太平洋の島国や、ブルキナファソなどアフリカの2カ国、バチカンを除けば過半数が中南米に集中する。今回は米国が中国の攻勢をけん制するとの期待も裏切られた。台湾の与党関係者は「このままでは中南米が草刈り場になりかねない」と言う。

 中南米諸国は、国際情勢を見ながら外交関係を結ぶ相手を中国と台湾の間で切り替える例がある。最近では2007年にコスタリカが台湾と断交し、中国と国交を結んだ。台湾が次の標的になると警戒するのはニカラグア。同国で計画中の太平洋とカリブ海を結ぶ新運河は、中国共産党と関係の深い香港企業が建設を担っているとされる。

 断交は一般に政府・当局の間で公式な付き合いをやめるが、民間の交流や渡航を禁じるわけではない。ただ、大使館を相互に置かないため、トラブルを避けたい旅行者や商用目的の渡航者らの往来が減る可能性もある。

 中国はパナマとの国交樹立でより直接的に台湾に外交圧力をかける姿勢を鮮明にした。中国の王毅外相とパナマのサインマロ副大統領兼外相は13日に北京で会談し、共同声明に署名。中国の発表によると共同声明には「パナマ政府は、世界に中国は一つだけで台湾は中国とは分けられないものだと認める。台湾との外交関係は即日断つ」との内容が盛り込まれた。

 中国大陸と台湾が一つの国に属するという「一つの中国」原則をパナマは認めた。共同声明はパナマ政府と台湾当局の間のいかなる関係も認めないとした。中国が求める一つの中国の受け入れを拒否する台湾の蔡総統に対し圧力をかけた。

 中国が世界第2の経済大国となり、広域経済圏構想「一帯一路」を通じて国際的な経済的影響力を強めるなか、中南米諸国は今後も切り崩しの対象となる可能性が高い。

 中国には台湾問題で米国にクギを刺す意図もにじむ。また5年に1度の共産党大会を今秋に控える習近平国家主席にとって、台湾を国際的に孤立させる外交政策は同氏の求心力向上につながる。軍部には台湾強硬論もくすぶる。党大会に向けて台湾への外交圧力が強まる可能性がある。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これが日本の母である。「今... | トップ | そもそも朝日新聞の慰安婦捏... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む