目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

有機ELで世界をリードする山形大学 城戸教授「技術がなぜ他国に行ってしまったのか? それは日本の経営者が無能過ぎるから」~ネットの反応「シャープ見てたらまじでそう思うわ」

2017年08月13日 | 日記
http://anonymous-post.com/archives/10885

有機エレクトロニクスで世界をリードする山形大学 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075333.html
山田 祥平2017年8月10日 12:16

山形大学は産官学連携を積極的に推進する大学として広く知られている。その原動力となるのが同大学6学部を横断的に支援し、学部間の共同研究、連携強化を推進し、イノベーション創出を促すための組織「国際事業化研究センター」だ。同センターは、この春に組織を刷新、元NEC PCで執行役を務める小野寺忠司氏が新センター長に就任した。米沢市にある同大学工学部を訪ね、近況を聞いてきた。

山形大学工学部は米沢市に1910年にできた米沢高等工業学校がその前身だ。1学年約650名という学生数は工学部としては規模の大きい方だという。繊維研究で知られ、繊維事業者としての帝人も、同校をベースに創業している。以来、米沢は国産化学繊維レーヨンの町として知られてきた。

一方、現在の工学部大学院は理工学研究科と有機材料システム研究科を擁し、学部生の半数が大学院に進学する。

「外部資金の受け入れ状況としては約20億円くらいでしょうか。この5年間で50%の伸びとなっています。地方の大学としてはものすごい伸び率ではないでしょうか」(工学部長飯塚博教授)。

そしていま、米沢は有機エレクトロニクス研究のメッカだ。米沢キャンパスには有機材料システム研究推進本部が設置され、そこに5つのセンターがぶらさがるかたちでさまざまな研究が進められている。

「地域は大学に無償の技術知見の提供を求めるし、研究者自身も金儲けを考えない。そこをなんとかしなければなりません」(飯塚工学部長)。

実現不可能と言われていた白色有機ELの発見者として知られる城戸淳二教授は、有機材料システムフロンティアセンター長として、研究とビジネスを両立させる方法論の確立をめざす。

「有機ELの研究を始めたのは、この米沢に来てからです。ちょうど1989年ですね。平成元年ですから今からほぼ30年前のことになります。それが実用化されたのが20年前です。研究にはそのくらいの時間が必要なのです。

研究としておもしろかったですね。もともと高分子化学が専門でしたから実験自体が楽しくて仕方がありませんでした。ブラウン管や液晶を持っていない企業が一生懸命協力してくれたおかげでもありますね」(城戸教授)。

有機ELは一般的な液晶とは違い、自発光する。そのためバックライトを必要としない。当然、極限までの薄型化が可能だ。スマートフォンなどで使われる液晶スクリーンは、今後数年間で、そのほとんどが有機ELにおきかわっていくだろうとされている。

城戸教授の説明では中型、小型液晶は有機ELに変わっていき、そのカテゴリにおける液晶のミッションは終わる。あと1~2年らしい。ただ、それだけ有望なデバイスを日本企業の多くがあきらめてしまった。それに伴い、優秀な技術者は海外企業に流れてしまうという結果を生んでしまったのだ。

「なぜよその国に技術が行ってしまったのか。それは企業の経営者が無能過ぎるからなんです。今、有機ELではSamsungやLGのAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)が知られています。つまりメイド・イン韓国ですね。でも、それは結局メイド・バイ・ジャパニーズなんです。日本は自分のところに実用化のために必要なものが全部あるのに、結局なにもできませんでした。三洋などもすごい技術を持っていたのにです。

我々はあきらめないで、長期的なテーマとして有機ELに取り組んできました。基盤研究成果はしっかり残っています。いま、材料もプロセスも買ってくれるのは中国がおもですね。Samsungは新しいことをやりたがらず古い技術に頼って製品を作っています。

こうした苦い経験から、もう大企業に頼っていてはいけない、もうそういう時代ではないのだということがわかります。それをやっていたら、日本列島は沈んでしまうでしょう。大企業偏重の社会を変え、そして成功事例をたくさん作らなければなりません」(城戸教授)。
(続きはソース)

城戸淳二教授(有機材料システムフロンティアセンター長)
http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1075/333/4.jpg





ネットの反応



我々はあきらめないで、長期的なテーマとして有機ELに取り組んできました。
基盤研究成果はしっかり残っています。
いま、材料もプロセスも買ってくれるのは中国がおもですね。 ←←←

いま、材料もプロセスも買ってくれるのは中国がおもですね。 ←←←

自分達も中国に技術を売って流出させているのでは?

>>↑
金は出さないけど技術は守れは通じないよ
技術者が中国や韓国に流出した件もだけど、
そうなったのは、きちん金出して囲い込みしない側が悪い


>>↑
これは、液晶にこだわって自爆したシャープや
ジャパンディスプレイ、産業革新機構をディスってるんだよ
なんでワイらの有機ELに投資せんかったんやたわけっていう怒りだな

しかも今も積極的に買ってくれるのは中国の企業で、
日本の大企業は何もしようとしない

>>↑
日本企業が見向きもしない技術に大金払ってくれたのが中国様


日本の技術者は給料が安すぎるからだろ


>>↑
つまり技術の価値をわかってなかった経営者の責任だろ?
給料自由に決めれるんだし


正論


その反日国家の中国韓国からの留学生を国費で優遇する必要があるのか?
その居留民を生活保護で面倒見る必要があるのか?


経営者のせいだよ、この手のは大規模投資したもん勝ちの勝負だから。

選択と集中が出来ず、ちまちま色んなもんに投資して全滅したのが日本勢。
伸びると見込んだとこに平気で兆単位投資して市場かっさらうのが韓国勢。

サラリーマン経営者選んじゃう日本企業じゃ勝ち目がない。



本当に日本の家電メーカーの経営者がこれほど無能力者ぞろいというのは
あまりにも異常すぎる。
無能な奴だけを選別して出世させる秘密の仕組みでもあるのか?
数万人も従業員がいてトップにはバカしかいない。


過去の成功事例にしがみ付き、自分の見地外の新規事案が提案されたら
これを徹底的に批判し、潰す。
こんな輩が電気系企業の経営者に多いんだよ


この人は早い時期からテレビにはネトウヨがケチつけるLGの白色有機だって推してたんだよな
日本メーカーは聞く耳もたなかったけどLGだけが聞きにきてちゃんと製品化かしたとか


経産省は技術を流出させないようにしろ。行政指導だ。
文科省は大学研究室を監視しろ 特に留学生を監視しろ
外務省は入国する目的を精査しろ


シャープ見てたらまじでそう思うわ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <朝まで生テレビ>田原総一... | トップ | 【テキサス親父】韓国の慰安... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事