目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

蓮舫の対応は「問題すり替え」とした上で、 「二重国籍状態解消の証明には 、『戸籍謄本』、そして台湾当局から受け取った『国籍喪失証明書』や『台湾旅券』など、すべての資料を公開してもらわなければならない」

2017年07月18日 | 日記
「差別の話なんか誰もしていない。合法か違法かの話!」
「蓮舫は『戸籍謄本』、『国籍喪失証明書』、『台湾旅券』など全ての資料を公開せよ!」

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6731.html

抜粋

大嘘吐きの蓮舫は、平成28年(2016年)9月3日にテレビ番組で「高校3年で…18歳で、日本人を選びました…」と発言し、その3日後9月6日の記者会見で「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない」と改めて強調して嘘を吐いた!

●平成28年(2016年)9月3日
160903 ウェークアップ!ぷらす 二重国籍の噂について 蓮舫「私は生まれたときから日本人です。18歳で台湾籍は抜いてます。」


蓮舫「私は、生まれた時から日本人です」
辛坊「日本国籍で?」
蓮舫「はい」
辛坊「二重国籍は?今台湾籍は?」
蓮舫「籍、抜いてます」
辛坊「籍、抜いてます?いつですか?」
蓮舫「あの、高校3年で…18歳で、日本人を選びましたので…ハイ」

●平成28年(2016年)9月6日
これについて蓮舫氏は、6日に高松市で記者会見し、「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。このことによって私は日本人となった。日本国籍を日本の法律のもとで選択しているので、台湾籍は有して
蓮舫「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない」

しかし、民進党代表選の最中だった平成28年9月3日や9月6日の上記の蓮舫発言は、全て真っ赤な嘘だったのだ!


蓮舫は、最初から自分の意志で日本国籍と台湾籍(中華民国籍)の両方を持ち続け、重々承知の上で確信犯として違法な二重国籍状態を維持してきたのだ!

そして、蓮舫は、平成28年(2016年)8月末頃から二重国籍疑惑について追及され始めた時から、自分の意志で二重国籍にしていたことを知っていたくせに、すっ呆けて嘘に嘘を重ねてきたのだ。

したがって、蓮舫は、そもそも日本国籍の選択もしていなかったし、外国の国籍を離脱することもしていなかったし、もちろん外国の国籍を放棄する旨の宣言もしていなかったのだ!

蓮舫は、それらのことを全て承知のうえで、平成28年9月上旬に「高校3年で…18歳で、日本人を選びました…」とか「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない。」などと真っ赤な嘘を吐きまくったのだ!


しかし、実際には蓮舫は、自分の意志で二重国籍を持ち続け、当然そのことを知っていた!

平成5年(1993年)2月、蓮舫(当時25歳)は「私は、二重国籍なんです。」と明言していた!

平成5年(1993年、当時25歳)3月16日、蓮舫は「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と明言していた!

平成9年(1997年、当時29歳)、蓮舫は「自分の国籍は台湾なんです」と発言していた!

平成22年(2010年、民主党政権時代)、蓮舫は「ずっと台湾・中華民国籍を維持」などと述べていた!

上記の蓮舫の発言については全て証拠が残っている。


つまり、蓮舫は、昭和60年1月28日に日本国籍と中華民国籍(台湾籍)の二重国籍となった後、
平成元年22歳の誕生日に到達する前に、日本国籍か中華民国籍(台湾籍)かを選択しなければならなかった。
しかし、二重国籍だった蓮舫は、平成元年の22歳の誕生日に到達する前に日本国籍か中華民国籍(台湾籍)かを選択せず、自分の意志で日本では法律違反となる二重国籍の状態を継続してきた。

そして、蓮舫は自分で「中国国籍(中華民国籍、台湾籍)を維持している」などと何度も発言しているとおり、自分が重国籍であることを間違いなく認識していた。
(詳細記事)

蓮舫は、二重国籍(国籍法違反)の確信犯だ!

抜粋以上

======================================

手続きのミスという大嘘、故意ではないという大嘘、
の証拠↓
「・・・中国国籍の者として・・・こだわりたい。」と言明



また、公職選挙法違反(虚偽事項の公表罪)悪質




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【二重国籍問題】自民党・小... | トップ | 【蓮舫】 手続きのミスという... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事