目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

◆ 続 国家のお金の発行と国債発行の仕組み (更新)

2017年06月30日 | 日記
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12231132761.html

 昨日、解説した通り、政府と銀行、企業の間では、

(1) 銀行が国債を購入すると、銀行保有の日銀当座預金は、政府の日銀当座預金勘定に振り替えられる
(2) 政府は財政出動の際に、請負企業に政府小切手で代金を支払う
(3) 企業は政府小切手を銀行に持ち込み、「政府からの取り立て」を要求する
(4) 政府小切手を受け取った銀行は、相当する金額を企業の預金口座に記帳すると同時に、代金の取り立てを日銀に依頼
(5) 日銀は、「政府保有の日銀当座預金」の該当額を、「銀行保有の日銀当座預金」に振り替える
(6) 銀行は、戻ってきた日銀当座預金で、再び国債を購入することができる

 というプロセスで、国債発行、財政支出が行われます。国債発行において、政府と銀行間の貸し借りに使われるのが日銀当座預金というわけでございます。

 重要なポイントですが、これは中野氏も「富国と強兵 」で強調していますが、政府は民間の資産(銀行預金)を借りているわけではないのです。むしろ、政府が国債を発行し、財政出動することで、民間の資産(預金)が生まれます。

 日本において、
「国の借金(政府の負債)が家計の資産を超えると破綻する~っ!!!」
 などと主張している連中が、いかに無知蒙昧化が分かると思います。政府の財政支出が家計の預金を(企業経由で)生み出す以上、「国の借金が家計の資産を超える」などという現象が起きるはずがありません。

 というわけで、2016年9月末時点(速報値)の日本国家のバランスシートです。前回から、「中央銀行」を金融機関の外に出しています。

【2016年9月末(速報値) 日本国家のバランスシート(単位:兆円) 】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_54.html#BS

 一年前、15年9月末(速報値) と比較してみてください。

 政府の負債は1213兆円から、1266兆円に増えましたが、家計の資産も1684兆円から1752兆円に増えています。というか、政府の負債が増えたから、家計の資産も増えたのです。

 当たり前でしょ、という話なのですが、この手の「当たり前の話」がなかなか浸透しないのが我が国なのでございます。

 なぜなのでしょうか。

 大きな理由の一つは、やはり日本国民のお金に対する勘違いがあるのだと思います。お金とは、債務と債権の記録であり、それそのものに価値があるわけではないのです。例えば硬貨の素材である貴金属そのものの価値に求める、あるいは紙幣の「担保」として貴金属の存在を求める「金属主義」は、お金の本質を完全に見誤っています。

 そもそも、銀行がわたくしにお金を貸し出したとき、銀行預金というお金が生まれます。あるいは、わたくしが小切手を振り出したとき、小切手というお金が生まれます。

 銀行預金も、小切手も、
● お金の単位
● 債務と債権の記録
● 譲渡性
 という、三つのお金の条件を完全に満たしています。とはいえ、銀行預金や小切手に、貴金属の担保などありません。

 ところが、これまた中野氏が「富国と強兵 」で指摘している通り、経済学は金属主義を引きずっているのです。結果的に、政策がゆがめられる。具体的には、
「マネタリーベースを増やせば、マネーストックが増え、デフレ脱却できる」
 といった、珍妙な説が蔓延してしまったのです。(元祖はミルトン・フリードマンですが)
 お金について、正しく知ってください。さもなければ、日本の経済政策の正常化はできません。

以上============================

現在は、不換紙幣ですので、貨幣価値は、まさに信用のみである。

では、通貨の信用は、何を根拠にしているのか、
それは、その通貨により、どれ位の価値のものが供給出来る(買える)かにかかって(起因して)いる。

分かりやすい例は、ドルと原油の関係
補足(アメリカの軍事力をともなう基軸通貨体制により、ドルで買えると言う意味の供給力。フセインが石油の決済をドルからユーロに切り替えようとしたら、謀略による戦争で阻止)

円で検証すると、なぜ360円から現在の価格になった(させられた)か、日本の生産、供給力に他ならない!
国の生産、供給力が通貨の力(価値)そのものである!
重要なことは、生産、供給力であって税金によるプライマリーバランス(財政均衡)ではない!
国の生産、供給力!= 国の通貨価値!
考えられない(信じ難い)かもしれないが、税金は必要ないのである!

(もし、景気の調整に失敗し、景気が過熱した時は、徴税しても良いかも)
(このような事を言うのは、小生くらいで誰も相手にしないかな、苦笑)
(バランスシート導入をという意見もあるが、バランスシートも必要ない。)
(小生も、かつてはバランスシート導入が良いと思っていました。www)

▼リンカーンの言葉▼=政府貨幣

「政府は政府の費用をまかない、一般国民の消費に必要なすべての通貨、銀行の預金を自分で発行し流通させるべきである。 通貨を作製し、発行する特典は政府のたった一つの特権であるばかりでなく、政府の最大の建設的な機会なのである。
この原理を取り入れることによって、納税者は計り知れない程の金額の利子を節約できます。 それでこそお金が主人でなくなり、人間らしい生活を送るための人間の召使になってくれるのです。」
(現在は、不換紙幣ですので利子だけでなく元金も)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尖閣諸島周辺に中国船4隻 9... | トップ | 【韓国】釜山の売春婦像 市の... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事