目覚まし時計 goo

悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形!
諸悪の根源は、中央銀行を支配している悪徳国際金融資本家!

子宮頸癌ガーダシルワクチンに発見された新しいバイオハザード

2016年12月28日 | 日記


Jessica0701 2012/01/30 にアップロード
日本でも同じ副作用に苦しむ少女が出てしまいました(;´∀`)

「子宮頸がんワクチン重い副反応 中学生、長期通学不能に」
http://www.asahi.com/national/update/...

【斎藤智子】子宮頸(けい)がんワクチン「サーバリックス」を接種した東京都杉並区の女子中学生(14)が、歩行障害などの重い症状が出て、1年3カ月にわたり通学できない状況だったことが、7日の区議会で明らかになった。無料接種を行った区は「接種の副反応」と認め、補償する方針だ。補償額は未定。

 サーバリックスは3回の接種が必要。母親によると、女子中学生は12歳だった2011年10月に区内の医療機関で2回目の接種をした。その直後、接種した左腕がしびれ、腫れて痛む症状が出た。症状は脚や背中にも広がり入院。今年1月には通学できる状態になったが、割り算ができないなどの症状が残っているという。

 接種した区内の医療機関は「サーバリックスの副反応」と診断し保健所に報告した。厚生労働省によると、昨年8月末の時点で、全国で接種した延べ663万5千人のうち956人に副反応が起きているという。失神が多いが「四肢の運動能力低下」「歩行不能」などで未回復の例もあり、副反応の発生率はインフルエンザワクチンの10倍程度という。


様々な危険性が指摘されているのにも関わらず政府はこのワクチンを推進

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 面白い回答である。 2通りに... | トップ | 子宮頸がんワクチン悪のトラ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事