Toca's room ~blog~

ようこそ!
ここでは、管理人Tocaの日々を書き連ねています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

修学旅行速報レポート1

2009-03-03 | 私生活
月曜から修学旅行で北海道に来ています!!

初日は小樽、そこから富良野に移動で終わりました。
そして今日と明日はスキー実習となっています。今はスキーを終えて夕食までの休憩時間を利用して更新しています。

スキーはチームの足を徹底的に引っ張りつつ、なんとかそれなりに滑れるようになりました(笑)
ぶっちゃけケガしてないのが不思議なくらいです。
勢いに乗ったまま前に1回転したりも2回くらいはしてるんですけどね。( ̄▽ ̄;)
所詮周辺にぶつからないようにビビりながらやっていた人間がコントロール不能になった状態の勢いですが。

奈良には木曜日夜に到着です。
ケガしないように明日も頑張りたいですね。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

Toca的な生活 2009/2/26(改訂版)

2009-02-27 | 私生活

学年末テストの結果がだんだんと返却されてきました。
そんなわけで昨日の話。

テストが昨日ようやく終了しました。(27日夜に書いてますので…)
そしてすでに返却が始まるという恐ろしい展開。
今回はことごとく失敗した(つもり)なTocaとしては恐怖の瞬間です。

ということで今回の記事を3倍くらいは面白く読めるであろうポイントを晒してみますw
・40点を下回ると俗に言う「赤点」「欠点」である。
・英語・日本史・古典あたりがかなり危険。

そしてToca的に最も大事なのが「クラスの友達(I)との賭け」。
ことの始まりはテストがまだ3週間くらいは先だったころ。
テストに関して「テスト初日終了くらいでガス欠を引き起こすくらいに」燃え上っていた(笑)Tocaはメールである勝負に出ます。
「何かの教科で勝負して、負ければ勝者の何かをする。」
なぜか自分から話を持ちかけたんですね。

負けず嫌いなIなので、もちろん承諾。そして、注目の科目選択。
英語とか国語を選ぶと勝負が目に見えてしまう(英語だとToca大敗、国語だと逆に圧勝…?)のでTocaは数学のチョイス。
これだとToca…75-85、I…60-75くらいが平均なので十分に勝ち目が生まれる予定だったんですね。

…が、そんな裏事情が見え見えな策はもちろん見破られてしまい、最終的には「数学+世界史」の選択に。
これだと世界史がToca…65-80、I…80-90くらいなので、そこそこがんばれるんじゃないの?ということになったんです。

そして学年末考査の時間割、見事に初日にこの2教科があったわけでして、これによって初日までにエネルギーを費やしすぎた結果、前述通りのガス欠を引き起こしてしまう結果に。

 

……ということは、せめてなんか不利に見える勝負くらいは勝ちたいわけですねw

 

そして迎えたテスト最終日。
日本史で大失敗をやらかした」とかなんとか騒いでいる間に返却される答案。
…え?もしかして数学?
と思っているところに古典が返ってきたわけです。
あんまりよくなのは自覚しつつ、見てみると49点。
続いて帰ってきた第2外国語(仏語)、これもこけた教科で54点。
更に危なっかしい教科その3の英語、58点。

うまい具合に帰ってくる順番に点数が上がっているという不思議。

そして注目の数学。
個人的には手ごたえがあったわけで、テスト終了後からIに
「80は確実。そこからどれだけ上乗せできるか
みたいなことを言っていたくらいなので、密かに90点くらいはあるんじゃないのか、と思っていたんですね。

が、予想外の計算ミスをやらかしているのが私のクオリティーでした。

78点。
いや、悪くはないけど勝負を考えたらかなり厳しい。
一方の「ひょっとしたら80あるかも」的な感想を述べていたIはというと、
「何点だった?」→「80」

Σ(゜□゜(゜□゜*)

そ、そんな・・・・
心の中で負けを確信してしまった瞬間でした。
それでも会話は続き…
「お前はどうやった?どうせこれより高いやろ??」
ええ。この一言がつらかったことは言うまでもないわけです。

もうごまかしても仕方ないので伝えると、その時点で向こうも勝利を確信したわけです。高らかと勝利宣言をあげられましたw

99%の諦めと1%の期待に全てを賭けた世界史。
63点。完全なる負け。ちなみに相手は88点。

そして、見事に罰ゲームが…まさかまさかの修学旅行(@3/2~5)期間中の実行が決定。
ええ、修学旅行で何をしろというんだお前はw

恐ろしい展開が待ち構える修学旅行。不安が募るTocaでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テスト投稿

2009-02-25 | 私生活
携帯からのテスト投稿です。
現在進級のかかった学年末テスト期間と言うことでなかなか更新することができずに申し訳ありません。m(__)m

明日でテストも終わり、また普段の生活に戻ります。

今後は携帯、PC両方から積極的に更新したいと思います。よろしくお願いします!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一触即発!SUPER GT2005

2009-01-25 | レース

某家電量販店改装のための売り尽くしセールで買ってきました!
(写真用意すればよかったなぁ…・)

スーパーGT元年、2005年のDVDです。3巻と4巻、第5戦~8戦までの分。

Toca自身、スーパーGT(JGTC)の結果を見るようになったのはおそらく2006年シーズン後半あたりからなので(でもはっきりと記憶にあるのは’07年~)、レース内容を見るのはもちろん初めてなんですが・・・

まずGT500のZそのものがもう懐かしく感じられます(笑)
GT-Rを1年間見てたからなのか、幅が妙に狭く見えるし。
スープラなんて懐かしい、ってどころじゃないですからね。GT4やってたし、ニコニコとかようつべにある動画は見てたのでそこまで目新しさもないですけれど。
まあNSXはね・・・・懐かしいもなにも、今でも見てるからね。

レース自体もまあそれなりに編集されてますからちょうど重要なシーンばっかり連続で見れるので面白いですね。GTはバトル多いし。
ただ…実況の辻さんはお世辞にもあまりうまくはないのが残念です。
それでもフジF1担当よりはずっと愛着が持ててしまいますが。

今年もあと2か月ほどで各シリーズが続々と開幕を迎えますが、今年はどんなドラマが待っているのでしょうか…・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tocaの日々@2009/1/22

2009-01-22 | その他

結局ブログは毎日続かないTocaです。
書かない≠書くことがないなんですが…むしろ書くことはそれなりに多いはずなんだけれど…日記自体があんまり得意ではないのでしょうね。

なんてことはともかく…今日も普通に学校だったわけですが、今日は週に一度しかないクラブの休暇日。
その休暇日に英語の長文補習に出ているという自分でも素晴らしいとしか思えない(苦笑)展開なわけなんですが、補習に出ている目的は勉強と補習後に遊ぶためとがほぼ1:1。つまり遊び相手がほしいわけで(笑)

補習では今日はなんかやけに重たい話だったな・・・・核家族の父が主人公で妻との関係が冷え切り、息子は未来を見ていて特に何もなく、娘とは話が折り合わない…なんか離婚寸前の家族みたいな文章だったな、と。

それを読んでからだったのが関係しているのか、それとも7時間授業後に補習をやってからだったのか(でもそれは先週も同じなんだけれど…)ややみんなテンションが低い状況でトランプ&ウノ&マリオカートDS.あ、俺がDS持ち込み指令を出し忘れていたのも原因だったかもしれないな。

トランプは定番の大富豪とババ抜き。大富豪は学校がある日の昼食休憩時に毎日やるほどの熱中具合です。
…が、最近妙に勝てない日々が続いているので「勝利」とか「1位」にこだわってしまう性格のTocaは妙にやる気がなかったりします(笑)
勝ちにこだわるのはレース好きなのが影響しているのは間違いないですね。

その「レース」ゲームのマリオカート。人数は4人なのにDSは3台。
ここは公平に1,2,3の3枚のウノカードを用意してレース終了後に1枚引き、その数字の順位の人が交代、というシステムでやっていたのですが…
意外と交代しなかったTocaは運が良かったのでしょう。そのかわりにあんまり勝てなかったんですが。
アイテム運が重要なマリオカートでは運がないとほんとに欲しいアイテムが来なかったりアイテムが当たっても落としてしまったり…ということが非常によくある(GC版とWii版に顕著)のですが、DS版では比較的バランスよくまとまっているのでそんなこともないのです。でも勝てないんですね。
マリオカートでもアンダーステア(というか曲がらないだけ)のマシンは苦手だということを思い知りました。GT4でもアンダー出るのはいやだしね・・・(自分でプッシュアンダーを出しているのが原因な気もするが…)

と、40分ほどマリカーを楽しんだところで学校を出ました。なんだかんだで楽しい時間でしたね。やっぱり対戦は面白い!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008年・総決算!!

2008-12-31 | 私生活

今年ももう少しで終わろうとしています。短かったなぁ~。
ということで、年内超ギリギリながらも、今年を振り返りたいと思います。

まずは…今年もまた壮大な夢を見た揚句に放置したサイト運営。
毎年、毎企画そうですが夢みすぎな方針を立ててるなぁ、と。
来年はそんなことをなくさなければいけない。
しかもこれからしばらくはそんなにPCに時間も割けないのでなんとかしなければならないな、と思います。

ゲーム関係はどうだったかなぁ~…
今年はついにPSPを購入し、ハード的にはWii,DS,PS2,PSPと大体揃いました。
が、ソフト面では今年は不作だったんじゃないかなぁ、と思います。
DSもWiiももう少しパッケージ見て確実に惹かれるようなソフトが出てほしい。
(RPGにはそういうのありますけど、基本RPGやらない私には・・・)
レースゲームもいい加減にPS3か360、PCに移動しないとだめだなぁ、と実感した1年でもありました。

以下、実生活は非常に充実していたのではないかと。
それはいいことだったなぁ。友人の幅も広がったし。一日家にいることがほとんどなかったですからね。部活が休みになるごとに予定入れたりしてましたからね(笑)

来年はとにかく高3に進級、ということで大変になるのですが、なんとか気持ちを切らさずに頑張りたいと思います。
それでは皆様、来年もよろしくお願いします!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集中講座

2008-12-12 | 私生活

本日、我が高校の外国語学科では"集中講座"たるものが開催されました。
午前中は外国人講師による授業、そして昼からは20人1チームによる舞台発表(劇)となっていました。

午前中の授業は50分3コマ+リハーサル。
授業では各特別講師が様々なアイデアで展開されていきました。
例えば一人1分、即席で決まった日本文化のスピーチをする授業もありました。
お題はクジにて決めるのですが、今度(15,16日辺り)から今年も開催されるおん祭りだとか、東大寺二月堂のお水取り、果ては下駄とか押入れという題材もありまして、引き当てたらあの手この手で説明していました。ちなみにTocaは前述のおん祭だったのですが、うまく説明できず。(苦笑)
もう一つ面白かったのは背中に人物名を書いてある紙を張られ、その人物名をペアから与えられる質問をもとに当てる、というもの。
Tocaが見事に紙を張られる役になったわけですが、そこで張られたのは「オバマ次期大統領」(笑)。そしてなぜか「性別」「日本人か否か」「スポーツ選手か」「有名人か」あたりの質問で当ててしまいまして(笑) (クラスメイトいわく「それだけで当てたお前がおかしい。」とのこと) 
こちらも人物(?)は様々で「ミッキーマウス」「ドラえもん」等の定番から「うずまきナルト」「キキ(魔女の宅急便)」「セーラームーン」などのやや難しいキャラ、「ジョニー・デップ」といった実在人物、果ては「黒澤明」「夏目漱石」等の人物までありましたかね(笑)黒澤監督なんかはこの世代知らない人多いから当たらないよ…

そして昼からの発表。Toca班は1発目の発表でした。演目は「ピーターパン」。
20人1チーム、と言っても今回は少し特殊で、20人を更に4分割してそのチームであるシーンを演じる、というシステムでして、ゆえにピーターやティンカーベルが3人いたりもするわけです。ちなみにナレーション含めセリフはすべて英語です。
そして・・・このブログ的に気になるのはTocaの役。ここまで来ればある程度は予想できる方もいらっしゃると思いますが・・・

そうです。ピーターです(笑)。しかもクライマックスのウエンディ救出~VSフック、エンディングというシーンの担当。ええ。素晴らしい展開ですね(笑)
それ以外にも密かに音楽(戦闘シーン)を準備していたり(スマブラXから流用)、小道具作成に文句を言っていたり(苦笑)舞台横で喋ってたり1回目の戦闘シーンのときに時計の音を舞台横でやっていたりといろいろ大変なポジション。
何せ20人中野郎はToca含め4人。そのうち1人は留学生なので仕切るのは難しい。残り二人は真面目なもののコミュニケーションを積極的に取るタイプではない。
しかもTocaはお笑い担当と来れば…まあいろいろとやらなければならない立場だ、ということになってしまったのですね(笑)
ちなみに前述の時計の音なんて本番直前のリハーサルで突如決まってしまいましたし(笑)・・・拒否しても押し付けられるし。そういうポジションだし・・・

そんな"お笑い担当"(もとい歩くネタ発掘機←byクラスメイトA)が主役をやるのですから、もちろん(?)ふつ~に出てきてやるだけでは済まないのです。
たとえば・・・・
①ウエンディ救出シーンで登場する。その時に花束を持って「大丈夫か?」と言いながらそれを渡し、その花で顔を叩かれる。(笑)
②フックを倒したあとポーズを決めてフック退場までその体制をキープ。
の二つが課せられた条件だったわけです。

・・・そして本番。まず最初の仕事である時計音は無事終了。
そしてそこのシーン(シーン2)が終了するとすぐにそこのシーンのピーターから緑のセーター、ベルト、帽子を受け取り、装着。
そこのピーターが終わってからTocaの出番までの時間、1分強。
よく考えるとセーター(カーディガン)はレディース用(L)なんだけど、なぜか普通に着れるToca.周囲からは「細すぎる」とネタにされる。(笑)
準備ができた時にはもう出番寸前でしたね。

一度目の登場。この時には花を持たない。・・・が、出てきた時点で場内、爆笑
セリフ一言でいったん退場。
そして問題の2度目。まずは①.・・・それなりに受ける。
フック登場。(演:留学生)出てくるだけで歓声。(←笑いではないのがポイント)
倒して②.ここで会場の全視線が集中。(笑)横でフックくんが「覚えてろ!」と捨て台詞吐いてんですけどね。(笑)
無事、終了。

終わってからは観客から散々ネタにされまくる"お約束"の展開。(笑)
その後頑張った人に与えられる「賞状」を頂きました。
そうじゃなければ「ただの痛い人」「byクラスメイトB)でしたね。
そういや20人くらいもらえて一人ずつ呼ばれる中、歓声とかは1,2を争う大きさだったのは「いかにインパクトが強かったか」ということなんでしょう。

まあ、なんだかんだで楽しかったのでいい思い出ですが、それにしてもちょっと、みんな俺だからってちょっとやりすぎなんじゃないの?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突拍子もなく企画考案

2008-11-15 | 私生活

お久しぶりです。・・・となってしまいました。。。

11月に入ってからいきなりブログとサイト2つに部活でやってる日記を一気に更新しなくなってしまいました(苦笑)・・・久々にやる気になったので再びキーボードを叩いているわけです・・・ノートPCが久々に使えた、ということも理由の一つなんですけどね(笑)

で、まあデスクトップ使ったりして毎日ネットの世界には来ていたTocaはYoutubeやニコニコで動画(作業用BGM中心)を探してました。探してたら月の半分は過ぎてしまったのです

で、作業用BGMを探す一方、見つけてしまったのが懐かしいテレビ番組の動画。
10代のくせして連ドラに興味なし、Mステ、赤絨毯、エンタを見ないTocaが10年以上も前のバラエティをPCの前で腹抱えてみているのですから不思議なものです。

そのToca,なぜか気がつけば日テレが好きでして…普通はこの年代だとフジになるのかな?とは思うんですが。
見ていたのも「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」や「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」なんて輝かしかったころの日テレの代表的な番組というチョイス。
しかもショーバイなんてリアルタイムで見た記憶なんかないんですけれどね…(あるにしても「ショーバイ2」でギリギリか?)

で、見ていくうちに今度はショーバイやりたくなりまして(笑)
でもショーバイ型のクイズ企画なんて結構あちこちのサイトさんでやってるんですよね。
街角から問題を探して出題・・・とかもありましたし、いろんなところから問題を探してやっておられるサイトもありますし・・・
そもそもミリオンスロットはどうするんだ?ということとか問題はどうするのか?なんてこともあるし・・・

でもね、「やりたいと思ったこと」を実現させようとするときにはもう自分でも感心するくらいアイデアが出るんですよ(笑)しかもミリオンスロット見つけるし(笑)

クルマ関係なら問題結構作れそうだなー、しかも早押し系、みたいなものも出せなくもないなー、金額クイズ(スーパージャックポットクイズ)もできるしなー・・・ウソつき4択もできるしなー、と思っている現在です。
・・・回答で参加したい!って言う人…この数少ないであろうブログを見てくださっている方の中にいるのかな?なんて不安もあるんですが・・・でもやりたいなー、なんて。

というわけでひそかに参加してみたい、っていう人募集します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F1最終戦流し見観戦記

2008-11-03 | ペーパークラフト

・・・一度8割書いた時点で消えちゃったのでなんか書く気が失せているのですが。
読まれている方にはまったくもって関係もないので頑張ろう。

という前置きはともかく、朝(5時くらい)から、試合だというのに(試合だから?)早起きしてみました、ブラジルGP.
アンチ・ハミルトンを自認するTocaの目的はただ一つ、「マッサがチャンピオンになる瞬間を見届ける」ことでした。

以下、国際映像、ファイナルラップを思い出してみましょう…
まずはマッサがゴールしました。その次に移ったのは天敵ハミルトン。
半周前からしか見ていない(早送りでぶっ飛ばしました)のでイマイチ状況はわかんなかったりするものの、6位らしいことはわかっていたのですが…

ん?なんか赤と白のマシンが道を譲ったかのように抜かれなかったか……?
となると…寝ぼけながらもマッサチャンピオン確率90%の時点で一気にテンションが上がって眠気も吹っ飛んだToca的には気になる展開。
周回遅れだよね……てかそうであってくれ…

でも、現実にはそうではないわけです。5位にあがってしまわれたわけです。
そのままゴール→ハミルトンがチャンピオンなわけです。

でも次の瞬間、映ったのはフェラーリ・ピット内で喜ぶマッサ一族の姿です。
寝ぼけていてぶっ飛ばしていたToca的には「!?」な状況です。ガッツポーズの準備もできてしまったくらいです。(笑)

でもでも…駆け寄るスタッフ。何かを伝える。
その次の瞬間、映ったのはピットから出て抱き合っているハミルトン・ファミリー

…朝から果てしない疲労感を覚えたのは気のせいではないはずです。
一瞬信じた、期待したことが悲しくなったわけです…

でも…マッサよく頑張ったよ。来年頑張ってくれればいいよ。
そしてハミルトン…やっぱりあなたはどこまでも好きになれる気配がいたしません。
正直あなたにチャンピオンの資格があるのか―ないといえば、例えばシューマッハーのチャンピオンも怪しいことが何回かあるのであると言わざるを得ないのですが―正直私は認めたくないということを今ここにハッキリと明言させていただきます。

去年のモナコあたりまでは好感度高かったですよ。
でも、モナコで疑問を感じ、ハンガリーで失望し、ニュルでウザいと感じ、トルコや中国・ブラジルではバーストやリタイヤ・トラブルを起こした時には既にガッツポーズをしていた記憶があります。

今年もドイツでのVsマッサのオーバーテイクとか、バーレーンでのスタートミスとか、カナダでの追突に富士でのスーパーハードブレーキングでの大混乱とその後のコメントとかには激しく怒りと失望とどこにもやり場のない感情を覚えたのは事実です。
(スパは見てないのでここではコメントしない方針)

あなたはアブレッシブだ。そして速い。それは認める。
だがな、抜き方抜かれ方、レース後のコメントからは喧嘩売っているとしか思えないのだよ。ほんとに。
「これが近代F1の代表ドライバーです」とは間違いなく言えん。
同じことは2年前のアロンソにも感じていたことだけど。

少なくともあの言動だけは改善してもらいたいが・・・正直無理だろうな。

以上、結局はハミルトン批判が目的なTocaでした。
頭冷やさないとだめかもね…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーナー紹介・その1

2008-11-01 | 編集感想

今回からしばらくはコーナーの紹介を行いたいと思います。
まずはひそかに一番力が入る「日産名車コレクション」から。

コーナートップにもありますが、これは同名の隔週刊雑誌の紹介です。
毎号付録で付いてくるミニチュアモデルの紹介とかをその他紙面に沿ったコンテンツ展開です。

発行予定が全60号、隔週刊なので約30ヶ月、数年かかる見込みですのでのんびりと進めていきたいコンテンツです。
恐らく発行が終了してもプロデューサーが日産好きですので(笑)、飽きない、または限界を迎えるまでは続く企画になると思います。

車種紹介に関しては現在唯一公開中のフェアレディ 2000のような形になります。
かなりウィキペディアを参考に、かつ意識してます(笑)
それ以外にも私が調べれる範囲内での日産史とか、その他情報まで、思うままにやっていきたいかなー、と。
スーパーGTのニッサン車応援とかもやりたいです。

エースコンテンツとして、安定した人気が獲得できるように頑張りたいです。

・・・なんて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加