ミモザのペペロンチーノ日和

猫と花と沖縄が好き〜米軍基地はどこにもいらない!猫の生活が第一!にくきゅう新党さがみはら。

沖縄・うるま市長選、島袋氏3選 山内氏に5700票差

2017年04月24日 | 沖縄
お早うございます。写真は沖縄・桜坂劇場のモーニングセットです。
3月6日朝9時半、空港に行く前のひとときです。
ツナサンドですね〜多分・・

昨夜の選挙結果は残念でした。

うるま市長選、島袋氏3選 山内氏に5700票差

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-483989.html

任期満了に伴う、うるま市長選は23日投開票され、無所属現職の島袋俊夫氏(64)=自民、公明推薦=が3万1369票を獲得し、無所属新人で前県議の山内末子氏(59)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=に5753票差をつけて3期目の当選を果たした。
 投票率は60・70%で、8年前の前回(62・55%)より1・85ポイント下がった。
 市長選では経済振興や子育て支援、失業率改善や所得向上などが問われた。島袋氏は、経済振興を中心に中城湾港新港地区への企業誘致や「市民協働のまちづくり」を掲げ、市政継続を訴えた。
 今回の選挙は、1月の宮古島市、2月の浦添市と続く市長選と同様に翁長県政と政府与党との“代理戦”の様相を呈していた。島袋氏を推した自公は、来年1月の名護市長選や冬の県知事選に向け弾みをつけた。
 島袋氏は前回の選挙戦と同様に自公の支持層を固めたほか、出身地で大票田である具志川でも票を積み上げた。
 当日有権者数は9万4629人(男性4万6953人、女性4万7676人)。投票総数は5万7439。有効投票数は5万6985、無効票は454。

支援者冷静に票積んだ結果
 島袋俊夫氏の話 支援者に心から感謝する。市民の良識が問われる選挙だった。多くの支援者が冷静に、着実に一票一票を積み上げた結果だ。12万2千市民の期待を、夢を、必ず実現してみせる。

________

以上転載

争点がなかったような気がしますが、
4年後には変わる、変われると思います。

沖縄のこともだけれど、
自分が住んでいる場所、地元の選挙にも
関心を持たなければと思いました。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めてのバラ、ファンティア... | トップ | 初めてのバラ、フェンティア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。