星田オステオパシー

まずは「右欄」(スマホの場合は申し訳ないですが記事最下段)の「カテゴリー」から「はじめに」を御覧ください

施術をしたら痛くなった(失敗談?)

2017-02-13 14:38:09 | CASE


膝の痛みで来られた方があって、施術して二日後に

「やってもらったところ、痛くなってしまったんですけど・・」

とご連絡が・・自営業をやってらっしゃる方ですし大いに焦ったんですけど大阪市内の方で駆けつけるわけにもいかず、しょうがないので占いをやってみました(追い詰められていたので)。

卦を見ると、相手は応で、月日は拮抗してる。攻撃してるのは2番目に隠れてる兄弟寅でして、兄弟には手足の意味があり、2番目の列にも腿とか脚の意味、更に卦自体が震宮ということで脚の意味があるので場は取れてるな、と。

1つだけ発動してる父母なんですが隠れている兄弟寅を助けてるんですけど弱くて、変わった結果、午になって相手(応)を助けてくれるので、それほど問題は無いかな、と。時期を教えてくれてるかも知れないので、翌日の亥日になれば良くなってくるかな・・と。

けど、折角なので原因の兄弟寅を攻撃するために釘を4本ポケットに忍ばせてくださいとお願いしました。

二日後、様子をお聞きすると昨日あたり(つまり亥の日あたり)からマシになってきてるということでしたが、釘は実践してないということで僕の方で作って、そこで働いてらっしゃる方のところへお届けして翌日お渡しいただくようにお願いしました。

そのさらに3日後、再び施術をさせていただく機会に恵まれたのですが

「膝は完全に痛くなくなったので、肩をやって欲しい」

という感じで、結果オーライな感じになってました。

どこがどういう風に痛かったのか?とお聞きしたところ、縫工筋というのに沿って痛みが出ていたようで・・うーん・・?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 受験生を占いました | トップ | 偽ボクロ大作戦(大げさ) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。