ほしちゃんの「続・なるようにしか、ならん」。

安くてウマいもんと料理と旅行と音楽と競馬が好きなサラリーマンの暮らしを、ありのままに綴ります。

こんなビラを撒いて、恥ずかしくないのか。

2016-10-17 22:42:22 | 思うこと
最初に断っておくが、私は一切の支持政党はない。
それを踏まえてお読みいただければ、幸いである。

柏崎刈羽原発の再稼動の是非を問う色合いが濃かった新潟県知事選は、共産・社民・自由が推薦する米山隆一氏が自民・公明推薦の候補を破って初当選。
再稼動は、極めて困難になった。

鹿児島ではやはり川内原発反対派の三反園訓知事が誕生し、福島第一の後始末の見通しも立たないなかで原発を抱える県の再稼動はますます困難になっているが、無理もないだろう。

しかし今回の知事選で、私は呆れてモノも言えなくなるくらいの情けない思いにさせられた。
このビラをご覧いただきたい。

劣勢に立つ自民が撒いた、中傷ビラである。
コレが果たして、受けて立つ与党の発言と信じられるだろうか。
与党の政策は、そんなに大衆の支持を得ていないという自信でもあるのか。
それとも、「県連が勝手にやった事」と、斬って捨てるのだろうか?

蒸し返して恐縮だが、自民はTPPについてもこんなポスターを全国の津々浦々に貼っている。

では今やっている交渉は、一体何なのか。
安倍首相は
「私自身はTPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから。まるで私が言ったかのごとくの発言は謹んで貰いたい」
と国会で発言していたが、一体、どの口が言うのだろうか?

民進党に追及され涙ぐみ、大臣としての器を問題視されている稲田防衛相は、
「(自民党が)野党時代、TPP反対と言った事はある。だがそれは民主党が与党だったからだ」
と、シャアシャアと言ってのけた。
最近でも、防衛相就任前の
「子ども手当を削って防衛費に回せばよい。日本も核武装すべきだ」
という発言が指摘されながら、大臣になった今は「子育てが大事」と。
ここまで立場変われば人変わるというか、発言に一貫性のない人も珍しい。恥を知ってほしい。

安倍首相は、フクイチの汚染水どころか地方の民意も、いや党内の意見すらもアンダーコントロールではないのである…
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家流の、キムチ鍋。 | トップ | ナニ?大阪杯がG1になるだと? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。