ほしちゃんの「続・なるようにしか、ならん」。

安くてウマいもんと料理と旅行と音楽と競馬が好きなサラリーマンの暮らしを、ありのままに綴ります。

それって、客を呼びつけてセールスすべき事か…?

2017-01-30 21:57:00 | 思うこと

私の給与振込口座のある銀行から、いきなり電話がかかってきた。
聞くと、私が掛けている定期預金がすごく損なので、おトクな商品を紹介したいとの事である。
で、そのまま電話口でセールスを始めるのかと思いきや、窓口に来てくれと言うのだ。
そんなに忙しくなかったし、何かあればネタになるかもと思い、出頭してきた(笑)。

上の娘が満18歳になった3年前、学資保険が満期になったので代わりに娘の将来のために定期預金を始めたのである。
学資保険と同様、毎月1万円ずつ積み立てていけば例えば結婚する時などにまとまった資金になるだろう、という親心である。

しかし、行員の話ではその定期は金利が恐ろしく安く、仮に100万円貯めても小銭しか利息がつかないと。
で、このほど某生命保険会社と結託した個人年金のような商品にしなさいと。
しかも現49歳から60歳まで11年間毎月1万円ずつ貯蓄し、60~65歳まで寝かせて65歳から受け取りにすると、なんと原資132万円が147万円にまで膨らむらしい。
しかも個人年金なので毎年年末調整の対象になり、毎年いくらかは還ってくるらしいのだ。

この商品が果たしてトクなのか損なのか、金融商品に関して全く知識も興味もない私には、さっぱり分からない。
しかしそれより、そもそもこういう商品をセールスするのに、顧客を呼びつけてするというのは、アリなのだろうか?
我々のところに売り付けて、何やかんや言っても我々が預けたカネを運用して結局儲けるのはアンタら銀行やねんから、そんなに私を利用して儲けたいのなら私んとこに来てセールスせぇよ、と思うのだが…?
『貯蓄』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10年以上ぶりに、「わかさぎ... | トップ | えっ?あの「たいこ弁当」が... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Hide)
2017-01-31 09:06:50
私の方は、保険屋さんからのセールスがありました。
「リビング特約」というのを追加契約すると、医者から余命宣告を受けると、その時点で死亡時の満額が頂け、自分で使えるらしい。こちらには何の追加負担もデメリットも無いという。
こちらの保険も、そちらの銀行の話も、向こうがリスクや金利負担が大きくなる内容ですよね。
なんで不利なものをセールスするんでしょうね?
黙っておいた方が特なのに。
何か裏があるんでしょうかね?
保険屋さんは出向いて来てくれましたので契約しましたけど。
Unknown (ほしちゃん)
2017-02-01 08:56:18
>Hideさん
いつもありがとうございます。
確かに、向こうが投資リスクを負うのに熱心にセールスしてくる意味がわかりません。
Hideさんの場合は、保険屋さんが来られたのですね?
私は今のところ銀行に呼びつけられている格好ですが、仮にやるとなったら提携の保険屋さんが来てくれるのかどうか、興味があります。
もし銀行が「手続きのため、来てほしい」と言ってきたら、
「オマエら、ホンマやったら客の元に行かなアカンところを客を呼びつけでテメエらの商品を売り付け、いざ買うとなったらもういっぺん来いとはどんな高飛車な商売しとんねん!
営業は、客のところに行くのが基本やろ!オマエらが私んとこに来んかい!」
と吠えて、即断るつもりです(笑)

コメントを投稿

思うこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。