ほしちゃんの「続・なるようにしか、ならん」。

安くてウマいもんと料理と旅行と音楽と競馬が好きなサラリーマンの暮らしを、ありのままに綴ります。

「船岡温泉」に、入ってみる。

2017-06-18 21:02:32 | 日々の健康

今日は朝早くに京都市内へクルマで行かねばならない用事があり、そのついでに写真の「船岡温泉」という銭湯に行ってみた。

船岡温泉は船岡山のすぐ南、ちょうど鞍馬口通りの堀川と千本の中間ぐらいにある。
船岡山といえば、昭和の人間には
「勝田清孝がピストルを強奪した山」
として、記憶されている方もいらっしゃるだろう。

それはさておき、この船岡温泉は料金は430円と普通なのだがその中味はものすごく充実している。
公衆浴場ゆえ写真は一切撮れないが、なんとヒノキ風呂に露天岩風呂まであるのだ。
露天は5人ほども入れば一杯の小ぢんまりしたもので、周囲を囲まれているゆえ空を見る事はできないが風が抜けるためアツくならずに浸かっていられる。それだけで充分だ。
ヒノキ風呂も3人ほどしか入れないが、浸かるとヒノキの何とも言えない香りに包まれ、癒される。
他にも電気風呂、泡風呂もある充実ぶりだ。
ちなみにこの船岡温泉、「温泉」となっているが天然温泉ではない。
関西では広義の「温泉」は公衆浴場そのものを指す事も多いのである。

この事を朝にリアルタイムでFacebookに上げると、
「幼い頃、祖父に手を引かれてよく行きました」
という書き込みが相次いだ。
こんな素敵な銭湯に幼い頃から入れていた人を羨ましく思うと共に、日本が世界に誇る銭湯文化の素晴らしさを実感するのであった…
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今宵は、居酒屋ライブを観に… | トップ | 相変わらず、Facebookは面白い。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。