ほしちゃんの「続・なるようにしか、ならん」。

安くてウマいもんと料理と旅行と音楽と競馬が好きなサラリーマンの暮らしを、ありのままに綴ります。

第61代グランプリホースには、サトノダイヤモンドを指名する。

2016-12-24 20:30:21 | 競馬

競馬をやっていると、本当に1年が早い。ついこの前スプリンターズSで幕を開けたと思っていた秋のG1シリーズも、気がつけば有馬記念である。
競馬に興味のない人でも、有馬記念は話題にする。つい数年前までは、有馬の前々日の金曜にウマ好きが集まって土曜朝まで飲む「予想会」もあったのだが、いつの間にかなくなってしまった。

どうにか、当てたい。そんな私は毎度のごとく、データ重視である。
私のデータは、

①その年の中長距離G1好走馬
②12~2月の2400前後の重賞好走馬(→冬に強い)
③中山の中長距離重賞好走馬
④前哨戦・金鯱賞1着馬

だ。
コレを当てはめれば、古い話「テロ馬券」と云われた2001年2着のアメリカンボスも、2007年1着のマツリダゴッホも、2008年2着のアドマイヤモナークも、2012年2着オーシャンブルーも全て浮上するのである。

さて今年。
①で考えれば、キタサンブラック・ゴールドアクター・サトノダイヤモンド・デニムアンドルビー・シュヴァルグラン・マリアライト。
②ならシュヴァルグラン(日経新春杯2着)。
③ならゴールドアクター・サウンズオブアース・サトノダイヤモンド・サトノノブレス・アルバート。
④ならヤマカツエース

が、それぞれ浮上する。

これらを全てBOX馬券にすれば取れるのだろうが、本命戦に終わった場合壮絶な取り損になる(笑)。
そこで展開を考えるのだが、今回も逃げ馬キタサンブラックが1枠1番を引いてしまった。
キタサンはこの枠で4戦4勝だが、同じ1着賞金3億円のジャパンカップを既に勝っている。ここもスンナリ勝つとは、考えにくい。

展開を考えるうえで鍵になるのが、逃げ馬の存在だ。
今年はマルターズアポジーが、捨て身の逃げ宣言をしている。キタサンもJCのようなマイペースには持ち込めないだろう。

そこで本命は、3歳のサトノダイヤモンドだ。
菊花賞から有馬に進んで有馬も勝ったとなると、この10年でもオルフェーヴルやゴールドシップが居るが、サトノは彼らと肩を並べる資格は充分にある。皐月賞3着・ダービー2着、そして菊花賞1着だ。
キタサンやマルターズが前でやり合うなかで、サトノは中段で脚をためるだろう。

軍資金がない人には、サトノの単複馬券を薦める。
潤沢にある人には、サトノから上記の馬への流し馬券を薦める。
あとは世相馬券だが、トランプ大統領誕生だけにサトノ「ダイヤ」モンド、ミッキー「クイーン」、ヤマカツ「エース」のBOXで(笑)…
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毛ガニで、トマトクリームパ... | トップ | 有馬記念を、淀でパブリック... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。