悪代官と越後屋日記

現代に蔓延る悪代官 (官) と越後屋 (民) を徹底分析?

国民 vs NHK

2016-11-02 | 悪代官

NHK契約義務、憲法判断へ=受信料未払いめぐり―大法廷に回付・最高裁
時事通信 11/2(水) 17:02配信


 自宅にテレビがあるのに契約せず、受信料を支払わない男性をNHKが訴えた裁判で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は2日、審理を15人の裁判官全員で行う大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)に回付した。

 受信契約の義務について、初の憲法判断を示す見通し。

 放送法は、テレビなど放送を受信できる設備を設置した人は「NHKと受信契約をしなければならない」と規定。男性側は、契約は義務ではないとした上で、「義務だとしたら憲法が保障する財産権などを侵害しており違憲」と主張している。  同様の裁判は多数あり、地裁、高裁段階では「契約の自由は制約するが、公共の福祉に適合している」などとして、合憲とする判決が相次いでおり、最高裁の判断が注目される。

 裁判では、仮に合憲とした場合、どの時点で契約が成立するか▽いつ時点までさかのぼって支払わなければならないか―なども主な争点となっている。


もはやこうなったら、国民対NHKでやりませんか?

自民党に逆らって(?)東京都知事に立候補した小池百合子氏が大差で当選し、絶大な人気を誇るようになった途端、威勢を弱めつつある自民党のように、民意が一番大きな力を持っているのです!

何かあれば、『 放送法 』を持ち出し屁理屈言ってますけど、民意を無視して勝手に作った法律など、もはや法律ではありません!

法律には道義が必要!

道義にかなってこそ法律!


NHK職員の平均年収1800万円!

彼らの年収賄うため、なぜ理に適わない受信料支払う義務を課すのか?

優秀な人材まかなうために高額給与が必要としているそうだが、それだけ優秀な人材揃っているなら、さぞかし優秀な番組が作れていることだろう!

それだけ自信があるのなら、スクランブル放送にして契約取ればいい!
その自信がないから理不尽な法律笠に着て、盗人猛々しいことするんだよ!

テレビだけに飽きたらず、パソコンだ、スマホだ、ワンセグだ! 国と結託してどこまでドロボウやったら気が済むんだ! NHKは!

今こそ全国民一致団結してNHK潰しませんか!

必要とあらば、テレビもパソコンもスマホも全部手放しましょうよ!

このまま放っておいたら、NHK本当に恐ろしい存在になりますよ!


国民本気で怒らせたらどういうことになるか、ヤツらに思い知らせませんか?

実は、かみなりこぞう、ずいぶん長い間NHKを見てませんが、何一つ困ることはありません!

これからも見るつもりはありません!

どこかのご奇特な企業がいらっしゃいましたら、絶対NHKが映らないテレビとか、携帯とか、スマホとか、パソコンとか、あるいは映らず取り外せない装置とか開発して頂けませんでしょうか?
どうか、よろしくお願いいたします!

本当にみんなでNHKぶっ潰そう!

かみなりこぞうは、立花孝志氏を応援します!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卑怯な選挙戦!? | トップ | NHK受信料、たった50円値下... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む