宮下昌也の近況報告    MASAYA MIYASHITA 's News

美術家・宮下昌也の展覧会、ライブペインティングなどの活動情報と
南房総、鴨川の日々の生活から最新情報を掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コヅカ・アートフェスティバル2015:今年もありがとうございました!

2015-08-09 | コヅカ・アートフェスティバル2015

コヅカ・アートフェスティバル2015、終了して1週間経ってしまいました。
今年は会期中全然ブログ更新が出来ず、毎年まめにupしていたブログ情報を楽しみにしてくれていた方には申し訳ありませんでした。
カメラの調子が悪いとか、ブログやFBへの情報upスタンスの見直しとか、言い訳はまぁいろいろあるのですが要は、9日間毎日変化する自然とアートと人々が繰り広げる目の前の、正にフェスティバルな日々に夢中で言語化、情報化がまったく間に合わなかったということです。スミマセン....。

我が家もやっと金曜日あたりから通常の日々に戻りましたが、今年は会期中前半は長野から友人一家が助っ人に来てくれたり、後半は次男が里帰りしてくれたりと、にぎやかな日が続いていました。
久しぶりに揃った3人息子たちは、それぞれ会場の気に入った場所でフェスティバルに参加し、自分の興味ある事、出来る事を楽しんでいたようで、大きくなっても各自の意思で参加してくれている事が、嬉しい事でした。

フェスティバルの方は、運営面で規模が大きくなる事に伴っていくつか対処しきれなかった問題点があったものの、野外展覧会としては今年もさらに進化をし6年間の蓄積が安定したカタチを成して来ている、理想的なものになっていたと思います。


やはり、コヅカはアーティスト達が素晴らしい。7.000坪の森の中で自由に表現をする事を通して、自然を尊重し、他の表現をも尊重する事を無言でシェアしている。そして来場者にもそのヴァイブスは確実に伝わっている。

それが、あの真夏の森の、白昼夢のような世界を作っているのだと思います。

今年は初参加のアーティストも多く、最年少はなんと二十歳!
上は60代だから参加アーティストの年齢層も幅が広いのですが、お客様も生まれて間もない赤ちゃんから、70代の方まで、親子3代で来てくれる方もいて、駐車場から1km山道を登らないと会場にたどり着けない環境条件にも関わらず、リピーターの方も多く、誰もが楽しめるアートフェスティバルとして成長して来たなぁ、としみじみ思いました。

展示やワークショップ以外にも演劇や音楽のプログラムも今年は豊富でした。
3年前から始めた星見亭オープンアトリエ展のため会期が始まると、僕も1アーティストとして自分の場で表現する様になって、会場全体で起きている全てを見て回る事は出来なくなったことが残念ですが、森を抜ける風に乗って流れて来る音楽や笑い声を聴きながら、森全体で起きている事を感じる様にしています。

多くの参加アーティスト達からは、今年も終わったと同時に来年はこうしたい!といったイメージや参加表明をもらっていて、とても嬉しく思いました。
このクリエイティビティが年々コヅカを進化させ続けている訳で、6年前は絵空ごとだった「アートによる里山整備」を今は誰もが見て納得できる段階まで引き上げているのは、全てアーティスト達の創造力。
アートって力あるな、って改めて思います。

 

そんな訳で、参加してくれた全てのアーティスト、そして山の中まで来場してくれて僕らのアートを楽しんでくれた皆さんに、深く感謝をします。

カメラの不調で、あまり撮れていないのですが、早朝に会場を回って見た展示風景をupします。



今年は実行委員でタイダイの幟を制作し、会場入り口や長狭街道沿いのオープンアトリエ参加店舗などに立てました。
綺麗だったので来年はもっと増やす予定。

 

今年で4年目の参加、会場の森と一体となった展示スペースが年々広がっていくコジマユウジ。

 

コジマさんは、毎年5月くらいから森にひっそりとやって来て、ひっそりと会場作りをする。
最近はアナグマに出会ったり、鹿の道を見つけたり、森との付き合いも深まっている様子。

 

コジマさんの世界ではこの森に住んでいる怪獣達。

 

今年初参加の西山てん。

アート活動始めたばかりでいろいろ模索中。

 

 

こちらも初参加。
さらに全日滞在でコヅカを満喫した、パフォーマンス集団「俺の一存」より画家の渡邊天馬。

 

天馬君は油絵描きで20代にして画商がついている。コヅカの後はミラノに飛んだ。スゲ~なぁ。
普段ホワイトボックスが当たり前の彼に、この環境は新鮮だったようで来年も参加の予定。

 

たまあーとkids達の森の番人。

 

毎年グレードアップしているTRIPTRACKS・関田裕明の写真展。

 

初回から参加。毎年の全日滞在!フェスティバルの要のアーティストの一人。

今年のフライヤーは関田君の展示風景をイメージした絵を描いたけど、ほんと絵のような光景。

 

そしてワタクシの野外展示。

僕は野外展示が大好きなのでこの様な展開をしているが、絵描きや写真家は普通野外は嫌がる。
なのに平面作家が多数野外展示をしているのがコヅカの面白いところかもしれない。

悪条件でも耐えうる展示法をそれぞれ工夫している。

 

会期中倍音の森とのライブペインティングで描いた作品。

 

森の家ギャラリー、今年のゲスト作家・内海朗さんの展示。

 

窓を生かし展示された「未来の神話」シリーズのひとつ。
背景の森の景色と絵の中の遠近感がトリッキーに絡み合っている。

 

内海さんの展示はギャラリーの内と外がなだらかに溶け合って、森の要素が入って来たような印象を受けました。
僕はグラフィックデザイナーとして数々のカウンターカルチャーシーンの出版物に関わってきた彼の仕事に注目し続けていたのですが、今回の展示は優しさの中にもオルタナティブな視点がひとつ通っている人柄まで感じられる展示だったと思います。

 

マクロビオティック誌の表紙連載していたので、食&ヒーリング関係者には知っている人も多い、水彩画「やさしい楽園」シリーズ。

ゲストとしてお招きできていろいろお話していると、同じ大学の同じ学部出身で、20代にインド・ネパールの旅でカルチャーショックを受け、その後世界を旅しオルタナティヴな道へ、と同じような経歴でまさに先輩と言えるひとだなぁ~と感じました。
中々いないんですよね。

そんな感じで、今年も多くの方のご来場ご参加に感謝を捧げつつ、フェスティバルの成功のご報告に替えさせていただきます。

 

最後に僕らのお手本、神様のアート。

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

宮下昌也と巡る悠久の旅