宮下昌也の近況報告    MASAYA MIYASHITA 's News

美術家・宮下昌也の展覧会、ライブペインティングなどの活動情報と
南房総、鴨川の日々の生活から最新情報を掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

報告:中部ツアー/個展会場編

2014-05-29 | 展覧会

 だいぶ日にちが経ってしまいましたが、中部ツアーの報告をしたいと思います。
今回のツアー、2カ所での個展&ワークショップ、5カ所でのライブペインティングの開催と、かなり欲張りなツアーでした。先ずは、個展会場の様子をご覧ください。

 
************************

最初の個展会場は、三重県松坂市のTaRa(ターラ)。アジアで作ったオリジナルデザインの服と雑貨&カフェ、ヒーリングのお店です。
2年前にモーフの旅のレコ発ライブで原画展をして以来、今回で3回目の訪問。オーナー家族の心のこもった接客と、植物たちに囲まれた美しいお店の様子に、毎回感動してしまいます。

 花々に囲まれた魔女の館TaRa。

お店の中は異国情緒漂い、つい長居をしてしまう居心地の良さ。

 

 ターラの店内は様々なスペースがあり、広い店内の至る所に作品をちりばめた展示を施しました。

 

ターラの石たちとエナジーコラボ。

 

壁の質感と作品のマッチングがばっちりでした。

 

ターラでの本格的な展覧会は今回が初めてでしたが、思ったより壁面スペースが多く、作品数も沢山展示でき、大型作品も展示可能で、お客様にじっくり作品を鑑賞していただけたと思います。

 

 そして2カ所目は長野県松本市にある世界の手工芸品のお店samusara(サムサラ)。古い店舗や蔵を改造したお店が数多くあり、観光客行き交う松本市街のど真ん中にあります。今回のツアーで初めて訪れましたが、こちらも大変個性的なお店。

 

 キリムを中心に国内外の良質の工芸品を集めた店内の様子。
こちらには大型作品1点を展示し、お店の奥に行くと.......

 

 倉を改造したギャラリーがあり、こちらが個展会場。

 

 落ち着いた民芸風のギャラリー。

 

 こちらでも絵画、版画、バティック、グッズなど様々な作品を並べました。

 

 このツアーのフライヤーになった絵画作品「敬意」
絵画の醍醐味であるマチエール作りに時間をかけた作品です。

 

****************************

2つの会場を比べると対極的な印象があり、ターラは郊外の緑あふれる環境の中に位置し、花々に囲まれた繊細で柔らかな女性的な個性、サムサラは市街地の中心にあり、都市のカウンターカルチャーの匂いもする独特の緊張感がある硬質で男性的な個性を感じました。
どちらのお店にも、集う人々との交流から、それぞれの地に根ざした奥深さを感じ、こういったお店に出会えること自体が、今回のツアー大変好運だったと思います。

企画してくれたラビットレコーズには改めて感謝です。

さてこの後は中部ツアー・ライブ編へと続きますが、今週末は駒ヶ根市クラフティア・杜の市のライブペインティングに出かけてしまうので、更新は約1週間後になってしまいます。
懲りずにご愛読ください。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ:房総★スターマーケット→クラフティア・杜の市→パヤカまつり

2014-05-24 | ライブペインティング

 

2週間に渡る中部ツアーより自宅に戻り4日が経ち、やっとPCに向かっています。

ツアー中、各地で受け入れてくださった皆さん、展覧会やライブ会場にご来場くださった皆さん、そして何よりもこのツアーを企画してくれたラビットレコーズに、深い感謝を捧げたいと思います。

本来なら一言ではとても語れない、様々な体験のあったツアーの報告を先ずしたいところですが、この後毎週の様に参加イベントがあり、先にそのお知らせをしたいと思います。

明日5月25日(日)は、千葉県大多喜町ベジタブルガーデンで開催される、「房総★スターマーケット」にかまどの火が参加します。

年に2回開催され、房総半島の個性的な作り手約50店舗が集う恒例のマーケット。毎回沢山のお客様でにぎわい、各店舗売り切れ必至です。

この日宮下家は、家族総出でかまどの火のお手伝い。午前中は僕と翠君が販売を担当し、お昼頃、新たに焼きたてのあんぱん、カレーパン、クロワッサンが追加納品される、いつものパターンです。パンが売り切れるとアーティストグッズも並べます。

好評のカレーパン、今回は只今庭で大量に採れているグリーンピースを使ったアルマタル(ジャガイモとグリンピースのカレー)が具に入るそうです。お楽しみに!

 

5月31(土)、6月1日(日)は、長野県駒ケ根市で開催される「くらふてぃあ・杜の市」で、2日間を通して100号の大作を描く公開制作(ライブペインティング)を行います。

全国より300を越えるクラフトマンが集まる杜の市でのライブペインティングは、なんと今年で14年目!各地で行っているライブペインティングでも100号を描くのはこの時だけで、年間スケジュールの中でも大切なイベントとなっています。今年はどんな絵を描こうか、今から色々妄想を膨らめています。

また、音楽、人形劇、大道芸が繰り広げられる菅の台会場の芝生ステージのテントには、過去の作品5枚を展示します。100号が5枚並ぶと、かなりの迫力です。駒ヶ根の大自然と様々なアート作品に会いに是非お出かけください!

 

そして、6月11、12日(水、木)はこれも毎年恒例、静岡県浜松パヤカの誕生日「13周年祭・ありがとうパヤカまつり」です。

パヤカならではの豪華ミュージシャンのライブ、asanaの新作展示会、美味しいベジタリアンフードの出店、などなど毎回楽しみなパヤカまつり。今年は駐車場でのフリーマーケット開催もあり、出店も募集しているそうです。

僕は中庭と店内に絵を展示し、グッズの販売をしています。夜はライブペインティングもします。

パヤカまだ行ったことな~い!という人は、この機会に是非、街の中にあるリゾートアイランド、パヤカワールドを体感しに来てください!

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

宮下昌也と巡る悠久の旅