宮下昌也の近況報告    MASAYA MIYASHITA 's News

美術家・宮下昌也の展覧会、ライブペインティングなどの活動情報と
南房総、鴨川の日々の生活から最新情報を掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ASABAでウエディングライブペインティング

2014-01-27 | ライブペインティング
横浜市金沢区のアサバアートスクエアで開催されたウエディングパーティーにてライブペインティングを行いました。
ウエディングパーティーでのライブペインティングは4回目。面識のない方からの依頼は、昨年9月に鎌倉で行った時に続き2回目となります。


パーティーの間の約2時間で完成した絵。
新郎のご実家が奄美大島という事で、絵の中に海を入れてほしいとの、要望がありました。
描き上がった絵はこの特別な日の記念品として新郎新婦の家に飾られる事となるそうです。キャンバスの裏には、パーティー参加者のお祝いの言葉も書き込まれています。お二人が入籍されたのは昨年の秋、その時に結婚式を開かなかった二人のために友人達が企画した手作りで暖かみのあるパーティーでした。

美術において音楽の様な瞬発力やスピード感を伴う動的表現が出来ないか?という追求から始まったライブペインティング活動が、結婚式でのパフォーマンスとして喜ばれる様になるとは思ってもいませんでしたが、確かに特別な日の時間、空間、想いを1枚の絵に昇華させる事の出来るライブペインティングはお祝いの日のパフォーマンスにはぴったりかもしれません。
ともあれ、皆が笑顔の祝福の日の一役にご指名いただいて光栄でした。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お雑煮の話

2014-01-04 | 
三が日が過ぎましたね。宮下家は家族と過ごし、初詣、実家へのお年始回りとスタンダードな日本のお正月を過ごしております。お正月と言えば、各地方のお雑煮の話題が出ます。


我が家は夫婦共々関東の人間なので、元日のお雑煮は関東風。昆布と鰹だしの醤油味の汁に、かしわ(鶏)、大根、人参、里芋、青菜(本当は小松菜、でも房州風に菜花)の具に、お餅は角餅で焼いてから入れます。


もうひとつ、関東雑煮に飽きると京風のお雑煮も作ります。これは以前京都出身の木工家の方のお宅でご馳走になり、広子さんが気に入ってレパートリーに加えたもの。昆布だしに白味噌の汁、お餅は丸餅で汁の中でとろとろに煮ます。椀に盛ってから上に鰹節をのせます。青菜も入れていますが、本来はお餅以外入れないとの事でした。

お雑煮と言ってもこれだけ違う各地方の食文化の差、興味深いです。


広子さんの実家近くの漁港にて。大漁旗で飾られたお正月の漁船達。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2014-01-01 | 地域生活
明けましておめでとうございます。



先人達の言う様に歳を重ねるごとに1年があっという間に過ぎて行きます。
昨年の事を思い起こすと、多くの出会いと機会に恵まれ夢が次々と形になった、充実した1年であったと思います。出会いが繋がりになり、紡ぎ合って流れになって行くのを感じています。各地でサポートしてくれた方々に深く感謝いたします。皆様のお陰で自由な表現が出来ています。
さらに表現を深め独自のメッセージを発信して行きますので、今年もお付き合い下さいます様、どうぞよろしくお願いいたします!

***********************************

1月1日には家のある三角山に登り、山の神様に最初のご挨拶をします。穏やかで暖かい元日の朝でした。


大木の根方に生える野生の万両。


土地神様を祀ったおふら


房総の正月と言えば、満開の水仙。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

宮下昌也と巡る悠久の旅