大山鹿さんの晴れ後、丹沢、金時、高尾、そして、C級グルメ

山野草、山頂からの絶景、希少動植物、また、C級グルメ紹介など

秋晴れの日曜日

2016-10-16 20:02:40 | ご近所の話題
2016年10月16日(日)晴れ時々曇り
今日も行楽にはマズマズのお天気でしたね。こんな日は外でブラリと散策するのが一番と思い弘法山公園でノンビリとして来ました。先週より紅味の増したピラカンサが青空に映えて居ました。


江ノ島も視界良好でシーキャンドルがクッキリと見えました。


ススキも秋本番の様相を呈してきましたから、仙石原のススキも見頃を迎えていることでしょうね。


こちらのススキは蜘蛛の巣に絡まって芸術的な装いですが、蜘蛛は困って居ました。


タテハチョウとホウジャクがアザミの蜜を仲良く頂いていました。今年はホウジャクの当たり年の様でアザミ群落には20-30匹が集まって居ました。


アキノタムラソウには変な蛾が付いて居ました。


木の上ではヤマガラが大きなドングリを啄いて殻を破ろうとしていました。なかなか上手く行かずに困っていました。






仕舞いには飲み込もうとしていました。


もう諦めた様ですね。


お待ちかねの今日の逸品は味噌キノコうどんとしましょう。名前から想像すると名古屋の味噌煮込みうどんにきのこがトッピングされていると思いました。実態は味噌ラーメンのスープにうどんを入れてきのこをトッピングした様なのが出てきました。


まあ、兎に角、想像を超えた味でしたが何とか美味しく頂けました。


さて、締めはスミレの狂い咲きとしましょう。公園でタチツボスミレの花が咲いていました。秋もスミレが咲くのですね。


オマケは十五夜としましょう。登り始めとなる18時過ぎに撮影しましたからオレンジ色の大きな月でした。お天気が良くて月が出ると得をした気になりますね。:


それでは労働者の皆は明日からのお勤めを頑張りましょうね。
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« アサギマダラが飛び交う秋晴... | トップ | 逆光の野鳥撮影 弘法山公園 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タテハチョウとホウジャク (nampoo)
2016-10-16 20:44:02
こんばんは。
タテハチョウとホウジャクの組み合わせ素敵ですね。
こんな情景滅多に見られませんよね。
ススキを見るとそれだけで秋を感じますね。
ヤマガラ君、大きなドングリの丸呑みはちょっときついでしょう。
折角の餌残念でした。
タチツボスミレ季節を取り違えたのでしょうか。
十五夜のお月様綺麗です!
nampooさん (大山鹿)
2016-10-16 20:52:10
こんばんは
ぶらぶらと散歩をしていると色々な光景が飛び込んできて面白いですね。蜘蛛がススキに困った様子、ヤマガラがドングリを諦めた悔しそうな顔、少し早すぎたタチツボスミレなどお天気の良い日の散歩は最高ですね。
ホウジャクの当たり年 (TERUZO)
2016-10-16 21:38:22
確かに、今年はホウジャクをよく見ます。そのかわり、昨年よく見かけた同じ仲間のオオスカシバを見かけません。年によって多い少ないがあるんでしょうかねぇ。
Unknown (fukurou0731)
2016-10-17 18:08:26
こんばんは。
ホシホウジャク?とキタテハ?
でしょうか?
こんなにニアミスすることあるのですね。
すごい瞬間をとらえられていますね!
TERUZOさん (大山鹿)
2016-10-17 20:08:50
こんばんは
オオスカシバはホシホウジャクと一緒に弘法山公園でアザミの蜜吸っていました。ホウジャク系は全般的に多そうですね。去年などは大山の山頂で見かけてそれ以外では少なかったですよ。
Fukurouさん (大山鹿)
2016-10-17 20:12:40
こんばんは
ホシホウジャクとタテハチョウ科のヒオドシチョウと思います。ヒオドシチョウは黒が大分消えかかって居る様ですね。
秋も深まって蜜を頂くことに夢中になってニアミスを起こしているのでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL