大山鹿さんの晴れ後、丹沢、金時、高尾、そして、C級グルメ

山野草、山頂からの絶景、希少動植物、また、C級グルメ紹介など

尾瀬散策 2017年6月

2017-06-10 20:37:01 | ハイキング
2017年6月10日(土)晴れ一時雷雨
今日は快晴の尾瀬から無事帰宅してきました。矢張り、自力で行ける範囲を散策する自然遊びは楽しいですね。尾瀬も木道をひたすら歩くだけの公園ですから、その意味では楽しいですね。しかし、近年、ツアー客が幅を効かせて、自然を愛でる人たちは隅に追いやられてしまいそうです。そんなに急いでも尾瀬に来た意味がなくなりますよね。兎に角、山の基本の挨拶が蔑ろにされています。新宿の駅のホームのようで寂しいですね。まあ、今日は大自然をユックリとお楽しみください。マメザクラと至仏山としましょう。




水芭蕉と至仏山は有名なシーンですね。今年は至仏山に雪が多く残っていました。






水芭蕉と来ればザゼンソウでしょう。東電小屋の近くで自生していました。




木道には燧ヶ岳もその先に有りました。


夜中には満月が夜空に輝いていました。




月明かりの至仏山ですね。近くに星も輝いていました。


赤田代の湿地も月明かりに照らされて幻想的ですね。良く見ると星も写りこんでいますね。


さて、今日はお昼にカツカレーを頂いて来ました。お世話になったのは「山の鼻小屋」さんでした。ここはグルメな料理を提供している山小屋さんですよ。




締めは木道の話ですね。昔は木道の木を現地のカラマツなどを使っていたので、半割りにした板を使っていました。木道の板が左右対称になっているのにお気づきですか?


明日は早起きでサンコウチョウでも見に行きましょうね。それではユックリとお休み下さい。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 立ち蕎麦うどんの「吉」さん | トップ | 尾瀬の野鳥たち 2017年6月 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おっしゃるとおりです (TERUZO)
2017-06-10 21:02:42
> そんなに急いでも尾瀬に来た意味がなくなりますよね。> 兎に角、山の基本の挨拶が蔑ろにされています。
ツアーはとにかく効率重視で、そんなに急いでどうするの?と思うこともしばしば。
私は団体行動が苦手なので、余計にそう思うのかもしれませんが。
こんばんは (こあじさいの)
2017-06-10 21:18:29
どこまでも続く木道~ 拝見しているだけで気持ちよいですね。
どこまでも歩いて行きたくなります。辺りの風景も最高ですね。
水の精の化身のような水芭蕉 壮観ですね。
木道が左右対称だったとは! 気づかなかったです。
昨夜の満月 周りの雲が彩雲になってそれも綺麗でしたね^^ 
TERUZOさん (大山鹿)
2017-06-11 15:52:10
こんにちは
気持ちの良い夕暮れどきですね。
尾瀬ではビールを片手に今日の様な夕暮れを楽しんでいました。
自然の中での夕暮れどきを楽しみに毎年通っていますが、近年、木道が渋滞するのには参っています。
コアジサイさんの (大山鹿)
2017-06-11 15:56:35
自分の足で歩いた分だけ自然が楽しめる不思議な場所が尾瀬ですね。
今回は水芭蕉、ザゼンソウ、それ以外にも沢山の花を写して来ました。
明日辺りにアップするので乞うご期待ですね。
現在の木道は製材品をヘリで輸送しているようですから、半割れ木道は稀ですよ。
夜中に目が覚めたら(7時頃には寝ていました)お月さんが綺麗に輝いていました。部屋から撮影できるのは良いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL