大山鹿さんの晴れ後、丹沢、金時、高尾、そして、C級グルメ

山野草、山頂からの絶景、希少動植物、また、C級グルメ紹介など

山女魚甘露煮 2017年春

2017-04-25 19:20:46 | 渓流釣り
2017年4月25日(火)晴れ時々曇り
四国の方は雨が酷かった様ですね。関東は南風が強く吹きましたがまずまずのお天気となりました。このまま連休に突入出来ると良いのでしょうが、明日はお天気が崩れる様です。さて、今日は四時川の野鳥たちからアップしましょう。相模に居た冬鳥たちは北関東まで移動して来ている様ですね。アカハラの番からアップしましょう。






アオジが飛び立ちました。


殺人事件の時にギャーギャーと鳴くカケスもこんな涼しい場所に移動ですね。








アオジも桜の実を食べていました。柔らかくて美味しそうですね。




ヒヨドリも散った桜の花を美味しそうに食べていました。実の赤ちゃんが居るのでしょうね。


さて、此処からは皆さんが気になっている釣果の山女魚たちの物語としましょう。目出度く小ぶりの山女魚は甘露煮となった次第です。先ずは素焼きですね。


醤油、味醂、そして、砂糖で甘辛く煮付けました。


山女甘露煮のお供を務めるのは小田原・籠清のかまぼこ、安曇野の山葵漬、そして、博多の明太子です。更に、今が食べ頃の山椒新葉はベランダの山椒の木から失敬してきました。
タンポポのお皿も嬉しそうでしたよ。










ご飯がどんどん進みましたよ。あー、渓流釣りで鳥見をして、山女魚を甘露煮にして頂けるとは大山鹿さんは果報者ですね。
それでは、楽しい夕暮れ時をお過ごし下さいね。
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 四時川釣行の打ち上げは牛力... | トップ | パソコンの肥やしになりかけ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (コアジサイ)
2017-04-25 20:36:50
ご自分で釣った山女魚の甘露煮はさぞ美味しかったことでしょうね~ (#^.^#)
本場のかまぼこ 山女魚の上の木の芽が季節感が出ていますね~
ビールが進みそうですね^^

先程までCDで鳥の声を聞いていたので、はて!アカハラ
アオジはどんな鳴き声だったかと思いながら見せていただきました。
コアジサイさん (大山鹿)
2017-04-25 21:11:19
こんばんは
山女魚の甘露煮は「円が閉じた」と云う感じで全てが完結した思いです。
まあ、醤油を入れ過ぎた(或いは、砂糖が足りなかった)のが玉に傷ですが、狩猟民族の本懐ですね。
其方も新緑と花の開花が同時に訪れそうで、此処一週間は目が離せませんね。
アカハラは派手な囀りキョロキョキョ―と云う感じで、アオジは地味にチィチィですね。

カケス (nampoo)
2017-04-25 22:41:43
こんばんは。
カケス眼光鋭い鳥ですね。
凄く精悍に見えます。
アカハラは番で居たのですか!
どちらも本物を一度見たいものです。
アオジも余程居心地がいいのでしょうね。
まだ居るんですから。
nampooさん (大山鹿)
2017-04-25 22:59:44
こんばんは
カケスはサスペンス番組で殺人が起きる時に流れる鳴き声ですからヤクザナ顔をしています。
相模ではアカハラは居なくなりましたが、北関東辺りまで移動していた様ですね。
冬鳥が見られるのは日本が南北に長いからのでしょうね。

コメントを投稿

渓流釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL