TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




本日、11時より衆議院第一議員会館で四野党「共謀罪対策チーム」が発足した。民主党から平岡秀夫(衆)・松岡徹(参)・共産党から仁比聡平(参)・国民新党から糸川正晃(衆)の5人が世話人となり、27人が参加の意志を表明した。会場に集まったのは、4党で10数人の議員と代理出席の秘書多数で、座長の平岡秀夫議員から開会の挨拶があった。続いて日本弁護士連合会より過去4年にわたって共謀罪創設に警鐘を打ち鳴らしてきた経過と、直近の問題点について報告があった。

今日のスペシャル・ゲストは米国から来日している弁護士のアルフレッド・ランバーモント・ウェーバー(Alfred Lambremont Webre)氏だった。(※国際弁護士であり、宇宙協力機構国際理事、 エール大学で経済学、テキサス大学で憲法学と公民権を教えていた)

アメリカの「国際組織犯罪対策」の批准にあたって条約留保を付していたことが問題となり、昨年の秋以降は外務省との論争が続いている。すでに『米国・国務省から日本政府への書簡』(『どこどこ日記』2006年11月30日)で報告しているが、アメリカのアラスカ・オハイオ・バーモントの3州における共謀罪の刑事司法上の扱いについて、この書簡を読んだ上でコメントしてもらった。勉強会の席上で配布されたサマリーを以下、掲載することにする。

[3月6日勉強会でのアルフレッド・ランバーモント・ウェーバー弁護士のメモ]

1. クリフトン・M・ジョンソン氏(米国国務省法律顧問部法執行および情報課法律顧問補佐)から在米国日本大使館担当書記官へ宛てた2006年10月24日付けの書簡について検討いたしました。

2. この書簡に記載されている、質問(2)および(3)に対する回答を以下に引用します:
「(2) すべての州に共謀罪の規定があるか?」
「あります。すべての州が共謀罪の規定を有しており、ほとんどの州は、一般的に1年以上の拘禁刑で処罰可能な犯罪と定義されている重罪を行うことの共謀を犯罪としています」。
「(3) 限定的な共謀罪の規定を有しており、本条約により禁じられている行為を完全には犯罪としていない州はどこか」
「アラスカ州、オハイオ州およびバーモンド州の3州のみが限定的な共謀罪の規定を有しています。もっとも、仮に犯罪とされていない部分が存在したとしても、連邦刑法は十分に広範であるため、本条約第5条に規定される行為が現行の連邦法の下で処罰されないということはほとんどあり得ません (以下略)」

3. 上の(2)および(3)は、いずれも、法的に不正確で非常に誤解を招きやすい表現を含んでいます。合衆国では犯罪の管轄は主として州にあり、連邦ではありません。連邦犯罪は、明白な連邦の利害に関するものに限定されています。したがって、アラスカ州やオハイオ州やバーモンド州といった特定の州の刑法の下で規定されているような犯罪をはたらく共謀罪の犯罪自体は、州の共謀罪です。連邦の共謀罪ではありません。ケースバイケースで決定されます。

4. 条約の第5条は、上述のとおり、「組織的犯罪集団」への参加の犯罪化に限定しています。条約の第2(a)条は、「組織的犯罪集団」を「一定期間にわたって存在し、直接的または間接的に、金銭的あるいはその他の物的利益を得るために、本条約に制定される1件以上の重大な犯罪をはたらくという目的を持って行為する、3人以上の者からなる体系的な組織」と定義しています。

5. 書簡は、州法の下で起こり得る広範囲の犯罪行為に広く適用される州法の共謀罪の定義を、非常に狭い「組織的犯罪集団」の定義と意図的に混同しようとしています。組織的犯罪集団とは、俗にマフィアやヤクザとみなされる対象に用いられるものです。このように、書簡の著者は、合衆国における刑法に関する州の主権ならびに管轄を侵害しようとし、またあたかも「組織的犯罪集団」が共謀罪の新たな定義であるかのように見せようとしています。州法の定める共謀罪は、連邦法の下の組織的犯罪集団とは全く異なります。狭義の合衆国連邦法の下の組織的犯罪集団は州法の共謀罪の定義の対象となるものでもなく、この定義を侵害するものでもありません。ともかく、合衆国において共謀罪が州法によって規定されるか連邦法によって規定されるかは、ケースバイケースで決定されます。(小林しおり訳)

ここで述べられているのは、まさしくRICO法のことであって、共謀罪のことではありません。この書簡は、RICO法を意図的に共謀罪と混同させようとしています。私の法律家としての意見を申し上げれば、日本はこの条約を批准するために、いかなる形態の共謀罪もつくる必要はないと言うことができます。この書簡は、実に誤解を招く、誤ったものであります。

この見解を聞いて、今日の勉強会は若干のやりとりを経て、今後精力的に継続していくことを確認して散会した。(その意義については明日以降に後述)






この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )



« 明日、共謀罪... 浅野史郎氏と... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
9条と国際貢献 (かっこいい) (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
お玉の大好きな伊勢崎賢治様がマガジン9条に登場!! 以前お玉は「武装解除」という本を紹介しましたが、この人、かなりかっこいいです。 武装解除 -紛争屋が見た世界 こりゃあ書かねば・・最近本業の(おい、何が本業なのだ、お玉)護憲がなかなか語れなかったけど...
 
 
 
NHK「命令放送」訴訟の構造 (高野 善通のブログアネックス)
 今週発売の週刊現代、発売中の月間現代4月号でも裁判員制度批判記事が掲載されています。そもそも国策という観点から批判がほとんどされてこなかった裁判員制度。それをマトモに批判する記事であるというだけで読む価値は大変大きいものです。元東京高裁判事・大久保太...
 
 
 
衆議院 法務委員会 + 法務大臣・法務副大臣・法務大臣政務官 名簿 (2007年2月17日更新) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
衆議院 法務委員会 + 法務大臣・法務副大臣・法務大臣政務官 名簿 (2007年2月17日更新) 長勢 甚遠  ,ながせ じんえん ,自民,衆議院,北陸信越,富山1 ,当選6回 法務大臣 http://www.n-jinen.com/ https://ssl.n-ji
 
 
 
参議院 法務委員会 名簿(2007年2月1日更新) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
参議院 法務委員会 名簿(2007年2月1日更新) 山下 栄一,やました えいいち,公明,参議院,近畿,大阪,改選時期2010/7/25 法務委員会委員長 決算委員会委員, 日本国憲法に関する調査特別委員会委員, 教育基本法に関する特別委員会委
 
 
 
日本における人種主義・人種差別の撤廃にむけて(反差別国際運動(IMADR)) (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2007.3.7.00:15ころ 本日も、ちょっと紹介だけ。  日本における人種
 
 
 
野党4党の共謀罪対策チーム第1回勉強会に出席して (法と常識の狭間で考えよう)
 民主党、共産党、社民党、国民新党の野党4党の有志議員が、3月6日、「共謀罪対策
 
 
 
今こそ革命的祖国敗北主義を (アッテンボローの雑記帳)
 昨日の「漂泊の民・道みちの輩(ともがら)」に付いたコメントへの返事を書いていた
 
 
 
「共謀罪」改め「テロ・組織犯罪謀議罪」改め「テロ等謀議罪」 (言ノ葉工房)
♪すばらしい日々だ 力あふれ  すべてを捨てて 僕は生きてる           by okuda tamio 会話さえ難しくなる!?るかっちのすばらしい日々ーなわけあるかっ!なブログへようこそ。         
 
 
 
がんばって、福島さん! ドンマイ! (とむ丸の夢)
 3月6日の参議院予算委員会の最後の質疑に立ったのは社民党の福島さんでした。車中のラジオで聴いてました。 福島さんの質疑は大きく分けて2点に分かれていました。 まず1点は非正規雇用されたものが正規雇用される難しさを
 
 
 
伊勢崎賢治さんの差別論 (喜八ログ)
「劣等感のある人間は、自分の身近にまず見下せる同胞を探し、自分が上のクラスに取り入れられるためにそれをことさら差別する」 伊勢崎賢治東京外国語大大学院教授の著書『武装解除』からの引用(15頁)です。伊勢崎さんは国連PKOのメンバーとして世界の紛争地域...
 
 
 
共謀罪 野党4党が対策チーム勉強会 (ろーやーずくらぶ)
 与党が共謀罪法案修正の動きを見せ、「小さく産んで大きく育てる」方向へシフトしましたが、民主、共産、社民、国民新の野党4党による共謀罪対策チームの勉強会が開催されました。JanJanでその模様が報道されています。