TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




連立政権協議にあたって、社民党は連立政権参加を決めた場合の意志決定システムについて民主党に「与党政策協議」「与党責任者会議」などの場を設置するように求めた。だが、かつての細川連立政権の記憶とだぶらせ「官邸」と「与党」の二重権力構造が出来ることが危惧されるという論調のマスコミ報道や、「あくまでも内閣に一元化して与党協議機関は設置するな」という人々まで現れているが、まったくの筋違いの意見なのでここで私の意見をよく説明しておきたい。

 民主党は今回の「政権交代」の脱官僚政治の目玉として「国家戦略局」を置こうとしている。そして、政策決定を内閣に一元化するとしている。そこまでは了解するとしても、この「国家戦略局」なるものがどのような形態で、誰がどのように運営していくのかは必ずしも明らかでない。実際、これまで公表された「国家戦略局」のあり方がイメージ出来る論考や基本論文などは発表されてない。ずばり言えば、まだ謎の部分が多いのだ。

 ここで読者の皆さんにはイヤでも社民党の立場に仮に立って物事を考えてみていただきたい。現在は、連立政権協議を継続中である。もともと政策の違いがあるわけだから、即時スタートという訳にはいかない。いくつかのテーマで折り合いがつくかどうか総力をあげて努力をしている。しかし、今はこうして「連立与党として政権運営出来るかどうか」を協議している場があるが、この協議が実を結んで与党となることが決まったとする。やがて、麻生内閣が総辞職して首班指名で鳩山内閣が発足していよいよ新政権が出来た時には政権運営はどうなるのだろうか。

 仮に内閣の外に「与党協議機関」をつくらないとなると、国家戦略局がどのような役割を果たすのかを確認しなければならない。これが不明のままに「あとは民主党にまかせてくれ」というのでは、「停まらない特急列車に5分以内で乗り込んでくれ」と言われたのに等しい。「連立政権協議」が終了すると、内閣一元化であれば、閣僚をもし出していれば閣議で意見交換ということになるが、これは法案を国会提出する最後の場面であって、形骸化した閣議を実質化する努力はしたとしても、国政全般の与党内の意見調整を行なうことは物理的・時間的にも無理だろう。

 それなら国家戦略局の組織がどのようにつくられ、この中に与党内政策調整の機能が含まれるのかどうかを確認してスタートしたいというのが私たちの前提だが、どうも国家戦略局のイメージは「極秘」扱いなのか説明するのは難しい段階のようだ。民主党の何人かの友人や幹部に問い合わせてみたが、「極めて限られた人しか知らない状態」との返事が返ってくる。

 たとえば霞が関に100人の国会議員を投入するとしているが、なお300名を超える民主党国会議員が残ることになる。すると、従来までの民主党の部会は残すのか廃止するのかも重要な問題となる。もし厚生労働部会などの部会で政策や法案の素案を議論するのであれば、企画・立案段階で社民党・国民新党とも意見交換する場はつくれるはずだ。しかし、
この部会も廃止するということになると、民主党の多くの議員や私たちは政策決定に参加することが難しくなる。

 そこで国家戦略局が一部で報道されているように、政治家・民間人・官僚など30人程度で運営されるのであれば、毎回20~30件の案件の説明と机の上に山と資料が積まれる会議にならないか。私はかつて自社さ政権の時に「与党政策調整会議」に出ていたが、予算編成や税制改正、また国政全般が議題となる会議はタイトであり下手をすると通過儀礼的なものとなる心配もある。

 連立政権であれば政策決定に責任を持たなければならないが、企画・立案の大半に手が届かず、「社民・国民にも説明をしておこう」という程度の会議なら「政策調整」とは言えず、事後承認機関になってしまう。さらに、昨年来の年末年始派遣村のような雇用危機の事態や、社会を震撼させる事件・事故、自然災害などの時に、「このような対策をしよう」という提案はどこでしたらいいのか。いちいち官邸に行き、党首会談を申し入れるというのでは機動性に欠く。

 さらに心配なのは国会審議の空洞化である。民主党からは与党質問で鋭く切り込むわけにもいかないが、自民党がスキャンダル攻撃以外に実のある国会対応をするのかどうか心もとない。内閣提出法案を国会が審議して、ダメな点は突き返したり修正するのが議会の機能だろう。仮に部会を廃止して内閣一元化というスタイルになると、法案についてよく理解しているのは一握りの政治家と官僚たちということにならないか。

 また私たちは、内閣からいつ法案の素案や大綱を示されるのか。まったくその機会がなくて、内閣提出法案が完成形で出てくるのか。自動的に法案賛成装置のように起立するだけの連立与党では、党の政策を反映させる道は限りなく細い。

 別に社民党が注文をつけているのではなくて、連立与党のどこかで政策決定を共有して、責任ある議論をしていきたいということなのだ。だから、国家戦略局の具体像は政権協議の中で示してもらわなければ困るというのは、暴論でも言いがかりでもない強い要望なのだ。この点の議論を深めていくことは、新政権にとっても必要不可欠のことではないだろうか。






この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 13 )



« 議員会館の片... 「政治主導」... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
[政治] 政治家のブログの更新度と政権交代 (日録(不定期))
 今回政権交代が実現したのに伴い、これまで与党にいた(つまり、これから野党にいることになる)政治家の発信にも今まで以上に注意する必要があるだろうと思って、そういう種類のブログの情報を集めてみたが、いささか驚かされた。  というのは、これからの野党の政治...
 
 
 
[民主主義の危機] 民主党は衆院「小選挙区比例代表並立制」の欠陥(過剰代表)に慢心すべきでない (toxandoriaの日記、アートと社会)
<注記1> 当記事は下記の表題★で既にUP済みのものですが、内容の核心を分かりやすくするため改題して再UPするものです。些かの加除修正と、末尾で若干の記事追加があります。 ★[民主主義の危機]小・安・麻○ヤ王国が票固めし○暴寄生ゾンビ極右・自民党が出現したポス...
 
 
 
石原慎太郎都知事と石原宏高氏と水谷建設と東京オリンピック (わんわんらっぱー)
国際オリンピック委員会(IOC)は2009年10月2日コペンハーゲンで開かれるIOC総会で開催地を決定するそうです。候補地としてはリオデジャネイロが有力視されているようです。東京は最下位に甘んじることになるでしょう。 東京オリンピック招致とゼネコンは利害が一致し...
 
 
 
「せっかくできた新銀行東京。口利きするのは政治家の仕事で当たり前。」 (わんわんらっぱー)
○石原慎太郎都知事、1400億円の都税を飲み込んだ新銀行東京の口利き融資を正当化 新銀行東京は1400億円の都税を投入する結末になりました。一部融資は営業実態のない法人へ貸し出され元暴力団組員に流れたようです。 その新銀行東京の口利き融資が問題視されております...
 
 
 
国家戦略局 (葬式 お金)
民主党の「国家戦略局」の具体像が知りたい - 保坂展人のどこどこ日記 民主党は今回の「政権交代」の脱官僚政治の目玉として「国家戦略局」を置こうとしている。そして、政策決定を内閣に一元化するとしている...
 
 
 
民・社・国政権への要望 (代替案)
 公私とも忙しすぎて、管理者不在のままブログを放置しておりました。まことに申し訳ございませんでした。この間コメントを下さった皆様にまったく返信できませんでしたこと、深くお詫び申し上げます。  今回の選挙に関しては、結果が見えていましたし、マスコミ・キャ...
 
 
 
マスコミが隠す論点を争点化するために (代替案)
 半月ほど前になるが、イギリス人でありながら、一貫して小泉=竹中構造改革に反対し、日本型経営を擁護してきた異色の学者、ロナルド・ドーア氏が、『東京新聞』(8月16日)の「時代を読む」というコラムで面白いことを書いておられたので紹介したい。ドーア氏の主張は...
 
 
 
植草一秀氏計略逮捕に関与した神奈川県警と疑惑の政治家中田宏元横浜市長 (わんわんらっぱー)
○植草一秀氏計略逮捕に関与した神奈川県警と疑惑の政治家中田宏元横浜市長 小泉竹中カイカク批判の急先鋒だった植草一秀氏を直接計略逮捕したのは神奈川県警の鉄道警察職員3人だそうです。計略逮捕当日の2004年4月 8日に植草一秀氏は中田宏横浜市長の後援会で講演を...
 
 
 
石井紘基議員刺殺事件は整理回収機構の不正解明が原因との記事 (わんわんらっぱー)
○石井紘基議員刺殺事件と整理回収機構(RCC) 2005年12月22日に佐々木敬一氏が日刊ベリタに寄稿した記事によりますと、2002年10月25日の石井紘基議員刺殺事件は整理回収機構の不正解明 が原因とのことです。石井紘基氏のカバンから抜かれた書類の作成に携わった金融専門...
 
 
 
塩森恵子 『純情娘 ガテン系』 (集英社・「you」 連載中) その2 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 「you」18号に掲載された,塩森恵子さんの「純情娘 ガテン系」の第2話です.主人公の 黒沢塔子 は中学時代に「黒沢工務店」社長だった鳶職の父親を転落事故で亡くし,上野の東山高校の定時制に通いながら,当時工学部の学生だった兄の 築 とやはり鳶職の祖父と一...
 
 
 
NHK 「追跡! A to Z」 を聴いて (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 私はあいにく眼が不自由なので,本日9月5日20時からの,NHK 「追跡! A to Z」 は音声だけで聴かせてもらった.  この中で民主党の掲げる政策で,「高速道路の自由化」が取り上げていたが,私はこの政策は明らかに ETC メーカーとの癒着による,特定企業だけを...
 
 
 
民主党マニフェストの目玉 【国家戦略局】? ( そらそうよ!!)
鳩山由紀夫新政権の目玉の一つである国家戦略局。 この国家戦略局担当の大臣に菅直人民主党代表代行の起用が内定しているようである。 しかしこの「国家戦略局」って何をするのだろうか? 予算の骨格などを定めるのであれば、「経済財政諮問会議」と同じじゃないの?...
 
 
 
NO.1355 「国家戦略局」を考える。 (大脇道場)
 民主党が掲げる「国家戦略局」が、テレビで話題になっている。  近年の自民党政治の手法は、諮問会議政治とでも言うべき・・・経団連の...