TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




共謀罪反対で頑張って下さい! というメールが増えてきた。徐々に関心も高まっていると感じる。マスコミでは「与党、今国会成立を断念」(日経)などという情報も流れているが、気を緩めることは出来ない。

午後1時に開かれた法務委員会理事懇談会は、昨日の要求を受けて、外務省が文書回答を示した。民主党は「まことに不十分で納得できるものではないが、審議の中で正していく」と週末の審議入りを受け入れた。

与党側は、審議入りが決まったから「参考人質疑」の人選もそろそろどうかと提案したが、民主党は「世間の関心も高まってきているので、ぜひ公聴会を開いていただきたい」と逆提案。その先は、自民・民主両筆頭理事で協議するという話になった。

いよいよあと1週間だ。衆議院の採決はさせまいという立場からは長く、逆の立場からは短い。審議の中で、法案の問題点をあぶり出すべく準備を始めることとする。

共謀とは何か。どこまでが共謀と言えない領域で、どこからが共謀なのか。誰もが考える疑問だろう。しかも中止しても共謀罪は単独で成立する。何ら行為がなくても犯罪を遂げたと解されることになる。「組織性」と「団体性」が要件と言われているが、国会答弁を聞いていてもその概念は曖昧だ。

限られた条件の中で質疑に入るので、法案の成立を心配している皆さんからの疑問点もぜひ出していただきたい。

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )



« 佐世保事件か... 明日、共謀罪... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
SNSは現代版「隣組」になりうるか (よろずもめごと論)
 ニュースの現場で考えることの「SNSは権力の複製装置と化すのか」を読んで、う~んと唸ってしまった。
 
 
 
STOP THE \"共謀罪\"(or 平成の治安維持法) (半共分子の独り言)
「共謀罪成立に反対・抗議する京都署名」http://kyobozai.hpcity.jp/index.html(この中に、署名用紙のPDFがありますので、プリントアウトして署名捺印して10/17必着で郵送してください。-2005-10-13 追記 ) (エクソダス2005の記事によると、衆議院議長宛ての署名
 
 
 
共謀罪の廃案のために/いかなる修正も共謀罪の危険性を減じない (自由ネコ通信)
= いかなる修正も共謀罪の危険性を減じない =  10月6日付の公明新聞によると、5日に行われた公明党と創価学会の連絡協議会で,「漆原良夫広報委員長が、(共謀罪について)『あくまでも組織的犯罪集団を対象とするもの』と説明。その上で(1)適用は組織的な犯罪集
 
 
 
トラックバック雑記文・05年10月22日 (新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~)
 トラックバック:「kitanoのアレ」/「成城トランスカレッジ!」/「カマヤンの虚業日記」/本田由紀/古鳥羽護/「フリーターが語る渡り奉公人事情」/保坂展人/茅原実里 忙しくて更新する暇がないよ…。  kitanoのアレ:ジェンダーフリーとは/暴走する国会/憲法調査