TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




国会の議論をリードしているつもりなのか、教育再生会議が「子どもの保護者に対して『子育ての留意点』や『教えるべき徳目』などを「提言」しようとしている。改定教育基本法の「教育目標」が、学校教育のみならず「家庭」までターゲットにしてきたことは、昨年来のブログ読者の皆さんには御承知の通りだが、予想よりハイテンポで安倍内閣の「美しい国づくり」は進もうとしているようだ。

報道によると、教育再生会議の提言のポイントは以下の通りである。

◇「親学」提言のポイント

(1)子守歌を聞かせ、母乳で育児

(2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない

(3)早寝早起き朝ごはんの励行

(4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す

(5)インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施

(6)企業は授乳休憩で母親を守る

(7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞

(8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施

(9)遊び場確保に道路を一時開放

(10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる

(11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める

(毎日新聞 2007年4月26日)

まあ、この項目の並べ方から見ても、ハチャメチャでおよそレベルの低いお茶のみ話の域を出ていないことがわかる。なぜ「自尊心が低下しないように努める」のが「思春期」からなのか。教育再生会議の「徳目」大好きの面々も、「親学」路線を徹底すると「自尊心の低下」という副作用が出てくると気がついているのかいないのか。結論から言えば、「思春期」からでは遅すぎる。これは、かつて早期教育を受けてその後にバーンアウトした子どもと親たちを見てきた私の確信だ。

「母乳がいい」と思いながら、「母乳」が十分に出ないことで悩み苦しんでいる人たちのことをどう考えているのか。溢れるほどに母乳が出る人もいれば、いくら努力しても出ない人もいる。出ない場合は、「子守唄」に力を入れて「人工乳」を母乳のような気持ちで授乳させなさいとでも言いたいのだろうか。

「企業は授乳休憩で母親を守る」と言うが、「育児休業」の間違いではないのか。
満員電車を赤ちゃんを連れて出勤し、仕事時間中に「授乳中」という札を立てて赤ちゃんに向き合い授乳するというイメージなのだろうか。たしかに仕事を休まずに企業内保育所に子どもを預けて、授乳したいという人もいると思う。そのためには、企業内保育所の整備が必要だし、また、仕事は休んで育児に専念したいという人に対して、企業が子育てを支援するのなら、「育児休業」をしっかり確保すべきではないだろうか。再生会議の面々は、国民に説教を垂れるではなくて、経済財政諮問会議に乗り込んで「企業の子育て支援」を手厚くさせくべきだろう。

親子でテレビでなく「演劇」だと言うが、なぜ「音楽」「舞踏」「落語」「美術鑑賞」や「スポーツ観戦」は入っていないのか。浅利慶太氏(劇団『四季』代表)がその場にいたからというのでは、およそ「提言」の体をなしていない。テレビはいけないけれど、「映画作品」をビデオやDVDで鑑賞するのはOKということだろうか。それなら、テレビでやっている映画を見るのはどうなのかと子どもでも聞きたくなるだろう。

「遊び場確保に道路を一時開放」という提言だけは、半分評価する。「遊び」が子どもの感情基盤を形成し、生きる力を育んでいくのは間違いないことで、この点は政府の「教育論議」かまったく触れてこなかった点だ。着目点はいいのだが、「道路を一時開放」という方法論が安直で「セコイ」と感じる。私なら、子どもの生活空間に夢中になって遊ぶことが出来る『冒険遊び場』を作り出したいと考えるだろう。ただ、この提言には項目ごと脈絡がないぞと言いたい。唐突に「道路で遊んでみたら」と言い出した根拠と背景がわからない。

乳幼児検診などにあわせて「親学」講座を研修させようとあるが、いったい何をしようというのか。教員免許更新制を提案して110万人の教師の生殺与奪の権限を握ろうとしているが、講座を受講させて「指導力不足保護者」を摘発して、「親学合宿所」にでも放り込んで、「徳目」研修を刷り込む計画でもあるのか。国家が土足で「心」や「個人の内面」の中に踏み込むことに、彼らは何の躊躇もない。

ただし、笑っている場合じゃない。憲法を変えて、「国家が国民を管理・監督し、指導するのが当たり前」という戦前型価値観を「美徳」としている復古派がわいわいと騒いでいる安倍内閣は、「家庭教育基本法」「親学推奨義務化法」などを平気で起案する神経の持ち主が多い。「論じるに値しない」からこそ、ていねいに議論していく必要がある。

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 16 )



« 「戦後レジー... 「元気印」の... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ピタゴラスイッチ (ピタゴラスイッチ)
動画、いたちのたぬき、アルゴリズム体操ファンのためのピタゴラスイッチのサイトです
 
 
 
さもしき「国民の精神」押し付けに「イラネー」の合唱を (半哲学的談笑)
{{{: '''「憲法第9条は平和に貢献」78% 朝日新聞世論調査'''  3日で施行60年を迎える日本国憲法。朝日新聞社の全国世論調査(電話)で、憲法第9条が日本の平和に「役立ってきた」と評価する人が78%を占めた。憲法改正が「必要」...
 
 
 
無期懲役刑の現状 (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
無期懲役刑の現状New! ○無期懲役  無期懲役は世間で思われているほど甘くなく、90年代に再犯事件が相次いだこともあり、特に2000年以降においては、基本的に最低でも20年以上は経過しないと仮釈放されない運用がされており、『矯正統計年報』によれば、最近3年間に仮釈...
 
 
 
頑張れ、ニート、フリーター、おばさんも応援するぞ (とむ丸の夢)
 朝一番で雑談日記さんの所にバナーをいただきにあがると、「自由と生存のメーデー07 プレカリアートの反攻」のデモのようすが詳しく載っていました。 去年のサウンドデモでは不釣り合いにものものしい警戒の中で、車
 
 
 
超大国アメリカのように (ガイアのうた)
最近新しい自分を発見した・・・ と言っても、あまり嬉しいことではない。 強くなったのだ。 それも超大国アメリカのように・・・ 夫への思いやりとか、心くばりとか、 感謝の気持ちが消えて、 その分、自分を主張することが 空に浮かぶ巨大な飛行船のように増幅し続け...
 
 
 
財務省の競争的資金配分と地方国立大学の今後 (aiubisの岡目八目のひとりごと)
最近、日経に国立大学法人に関する記事がいくつか載った。いずれも、運営費交付金の削減が進むと破綻する大学が出てくるのではないかという見出しなり、内容なりであった。(一回目は4・23の日付タイトル「国立大学の経営破綻招く」)もう一つは、4月30日の小さなコ...
 
 
 
憲法記念日に寄せて (高野 善通のブログアネックス)
 さて、現日本国憲法が施行されて60年の記念日。「還暦」を迎えて憲法のあり方を考える上では非常に重要な節目であることは国民にとっても理解できると思います。何しろ、イラクへの自衛隊派遣問題、北朝鮮脅威とどう向き合うかというこの国の安全に関する緊急かつ重大...
 
 
 
【朗報!】憲法施行60年の今日、「改憲と護憲のポジショニング・マップ」が出来ました! (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
1.メディアの変化 昨日のNHK総合 その時 歴史が動いた 第287回 憲法施行60年 特集 憲法九条 平和への闘争はなかなか見応えのある番組だった。 http://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_yotei.html より引
 
 
 
出会いっていいなあ (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
昨日は地元の憲法関連の集会へ出かけました。 実は来月にお玉たちが企画している講演会があるので、ついでにその宣伝をさせてもらったり、チケットの販売もやったりとお客さんのつもりで行ったはずが、いろいろ大忙しになっちゃいました。 その後三宮で友人3人と夕食を...
 
 
 
現代頼母子講・考――互いに助かろう、得をしよう (とむ丸の夢)
消費者金融が軒並み利益を減らしていますね、というよりアイフル、アコム、武富士、プロミスといった大手4社は、平成19年3月期連結決算の最終赤字が計1兆円規模に上る見通し。これは利息制限法の上限(年20%)を超え
 
 
 
『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
人気ブログランキングは政治部門で一定のポチ数を頂けているようです。みなさん、有り難うございます。ちょっとドキドキですが、もう少しここで頑張ってみます。 人気blogランキングへ   さて、村野瀬玲奈さんと「そいつは帽子だ!」のごんさんの共同作業で素晴...
 
 
 
善悪畢竟無し (政治)
善悪畢竟無し、2000年ぐらい前から記録がある言葉です。 理由の一つに、それぞれの生き物の立場で善悪が異なってくるからだと思います。 それは人と人との間でも同じで、立場によって善悪は異なってくる。 そもそも人を一つの枠にくくっていることが本来はおかしなこと。...
 
 
 
却下された「親学」提言 (反日勢力を斬る)
<font size=5 color=blue>却下された「親学」提言 <font size=3> フジテレビ「FNNスピーク」(2007年5月11日)をいま見ていたら・・・ <font color=black> 教育再生会議の提言は、安倍首相の判断で却下された。 提言のうち、「子守歌を聞かせ、...
 
 
 
親学に賛成する人 (非国民通信)
親学:政府提言に賛否が拮抗 毎日新聞世論調査(毎日新聞) 毎日新聞が5月26、27日に実施した全国世論調査で、親に向けた子育ての指針(親学(おやがく))を政府が提言することについて尋ねたところ、賛成47%、反対44%で賛否が拮抗(きっこう)した。公立小...
 
 
 
【教育】は玩具じゃないぜ (SHINAKOSAN IS OKINAWAN)
本 文 再生会議、土曜授業など提言 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000127-mai-polちゃっかりかりゆしウェアを着て「ジュゴンや珊瑚は死んでいいけどクールビズで温暖化を食い止めよう」と張り切る安倍が去年から官邸主導で教育改革を進めるべく設置した...
 
 
 
つくばみらい市事件で考える、「威嚇」と行政 (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2008.1.23.18:00ころ 【抗議署名】つくばみらい市における平川和子さ