TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 ついに昨日、東京都議会本会議で「マンガ規制条例」(東京都青少年健全育成条例)が可決・成立した。夕方の民放のニュースでは石原都知事が出てきて「当たり前だ」「騒ぎすぎ」「頭冷やせ」などと相変わらず尊大な物言いを続けている。また、メディアは、東京都青少年・治安対策本部の掲げる「マンカ規制」を「過激な性表現のマンガは子どもには見せていいかどうか」という短絡的な切り口で報道し、他方で条例に抗議するマンガ家の声をはさんでいる。よくあるトリックだが、「過激な性表現のマンガを子どもたちに見せないようにするゾーニング」に、妄想たくましく「表現の自由」を振り回して抗議する愚かな輩という石原流のメディア操作の図式が目につく。こうした浅はかな流れに乗って垂れ流される情報の力=世論こそ、今回の都議会民主党内の「反対論」をねじ伏せた正体だ。

 

 東京都ではすでに、「区分陳列」(ゾーニング)は行なわれている。『ドラえもん』の隣に「過激な性表現のマンガ」が置いてある書店・コンビニなどは、そもそもない。マンガ規制条例にマンガ家のみならず、文化・芸術・表現に関わる多くの人が声をあげたのは、「過激な性表現のマンガを子どもたちから遠ざける」ことに反対したのではない。今回の条例の規定が「著しく曖昧で、監視当局の裁量のままに暴走する恐れがある」ことに、多くの人々の危惧は集中している。「過激な性表現を子どもたちから遠ざける」だけなら、条文をもっと限定的に絞り込むべきではないか。

 

今回の条例では、どう書いてあるのだろうか。「刑罰法規に触れる性行為」「婚姻を禁止されている近親間の性行為」を「不当に賛美し、誇張するように描写した表現物」が出版業界等の自主規制の対象となり、これらの中から「強姦等の著しく社会規範に反する性行為」を「不当に賛美し又は誇張して描いた表現物」が「不健全図書」の指定を受けるというのが、今回のマンガ規制条例の肝だ。

 

 この条文を読んで「過激な性表現のマンガ」だけを規制しているという人は、法律(条例)の怖さを知らない。東京都青少年・治安対策本部がなぜこのような「マンガ規制」に走るのかと言えば、その名の通り「青少年の健全育成」のためであり、規制をしないと「青少年の健全な成長・発達を妨げる」からだ。

 

「海老蔵殴打事件」ばかり追いかけているテレビが、母親たちに「過激な性表現のマンガ本」を見せて、「規制した方がいいですか」と聞けば、「こんなの子どもに見せたくないですね」となる。しかし、彼女たちが子どもの頃に、また現在も読んでいるマンガも対象になるんだということを知れば、「エーッ、知らなかった」ということになる。『風と木の詩』のようなマンガが、今の大人たちにどのような影響を与えたのか、改めて考えてみなければならない。

 

 規制が直接的な「性行為」のみに収束する保証はどこにもない。人前で尻を出してオナラをするような下品な行為は、「社会規範に反する」のではないか。裸になって、土手を走るシーンはどうなのか。「刑罰法規」は幅が広く、今後新設されたり、改正される「刑罰法規」も自動的に含むというなら、東京都の規制の範囲の線引きはきわめて曖昧だ。

 

性行為を離れて、暴走族が信号無視をしたり、集団暴走行為をしているマンガは「著しく社会規範に反する」と言えないか。スポーツカーに乗った女の子が制限速度を超えて疾走するシーンはどうなのか。また、「賭け麻雀」や「暁の決闘」を描いたマンガはどうだろうか。「チャンバラ」は刀を腰にさしている段階で銃刀法違反ではないのか。「刑罰法規」という目でマンガを見渡せば、無限に事例は出てくる。こうして、一度始めた規制は、「性行為」の枠を超えて表現全体に襲いかかる可能性がある。

 

 そんなに社会規範が大事ならマンガはない方がいい。社会常識とのズレや、屈曲を描くことを制限されたら、著しく不自由なものになる。事実、戦前の治安維持法下の日本でもマンガ規制は行なわれ、最後には『戦時マンガ』ですら検閲で差し止められた。マンガ・アニメなどに止まらない。青少年の健全育成の観点からは、「違法行為を不当に賛美し、または誇張して表現したお笑い」も有害だと彼らは言い始めるかもしれない。こうした規制は一度、やり始めたら際限がない。

 

 今日のマンガ規制条例の可決・成立で、日本国憲法が国家権力の暴走を戒め、国民に保証している「表現の自由」「検閲の禁止」が揺らぎ始める。たかが条例が、憲法を浸食するのであれば、まさに「石原の倒錯」だと言える。99年に国会で成立した「国旗・国歌法」は、「教育現場に影響を与えない」(野中広務官房長官)が答弁を重ねたが、「その答弁は間違っている」という東京都教育委員会によって、教員の大量処分を生んだ。そんな都知事の下で、「付帯決議」で「慎重な運用」を約束することにどれだけの意味があるのか。

 

どうしたら、この条例「改正」の害毒を無毒化できるかどうかは、これから先の「世論の動向」にかかっている。「成立前はうるさかったが、出来てしまえば皆、納得したのか静かになった」とでも都知事に言わせる程度のリアクションなら、私たちの危惧は遠のくことがないだろう。ただし、やりたい放題の石原都知事も任期は来年の春までだ。本人が「また出る」場合はもちろんのこと、出馬しない場合でも各候補がこのテーマをどう語るのか。

 

 都民の不安・不信を払拭するために、条例はゼロから見直す。出版物のゾーニングは、警察主導の治安対策本部から、一般部門に移行する…ぐらいの政策を持つ候補が勝つことで、今回の悲劇は転換出来る。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )



« 『ムネオの伝言』... かくれキリシタン... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「エロ」は定量化できない その二 (格闘する21世紀アポリア)
〔ネットで拾った”エロ本小屋”の画像〕  東京都の青少年健全育成条例の改正案が、どうやら可決された模様である。石原慎太郎は「てめらがどうのこうの」と息巻いているが、やはりこの方の根性はチンピラである。すでに、大手出版社側は来年3月に予定されている東京国...
 
 
 
リメンバー東京都! (しろとら動物王国)
…しばらく政治的話題は自重してようと思いましたが 少し真面目な話続けます 多数の業界団体 果ては(支持率が微妙とはいえ)首相や 官房長官までもが反対意見を述べたの中 東京都青少年健全育成条例改...
 
 
 
検閲に来ました。 不健全な青少年・大人は居ませんか? (ゆきひろ社会科日記)
12月15日 馬鹿な都議会議員達が 何の思慮もなく 東京都議会本会議で 東京都青少年健全育成条例が可決・成立した
 
 
 
約束を早速反故にする東京都青少年健全育成審議会 (虚心去来)
http://twitter.com/nogamiyukie/status/15237195405205504 野上ゆきえ 東京都議会議員 次回の東京都青少年健全育成審議会は、平成23年1月11日15:30〜開会予定。 非公開(議員の傍聴も許されない)。 まずは、昨日までの都議会での議論を受け審議会の運営方法など検討...
 
 
 
ウィキリークス(WikiLeaks)弾圧:Avaazの対抗アクション (平和への結集第2ブログ)
下記署名サイトを見ていると、秒単位で新たな署名が追加されていて愉快なのですが、日本を含むアジアからの署名がなかなか目に入ってきません。欧米がほとんどです。英語サイトであるという理由が大きいのでしょうが、この落差は気になります。皆様、ぜひ署名をお願いしま...
 
 
 
日本は破綻しない。さぁ、オレ達の時代がやってくる (ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ)
Tweet リフレ派、財政拡大論者はいつも楽天的だ。 いわく、国債を大量に発行しても問題はない。日本には大量に貯蓄がありその貯蓄で国債は十分に消化できる。政府試算だってたくさんあるから大丈夫だ。最後はリフレ政策でインフレを起こせば国債の負担は少なくなる。...
 
 
 
金曜日 12/17・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年12月17日 金曜日 12/17・各社社説 今日の社説は税制改正大綱6社・検事総長辞任が2社・大阪都・中京都関連が1社とたった3項目の社説だった。 庶民の呟き 矢張り税制は国民にとっては大切なものだ。 考...
 
 
 
都条例改正案可決した場合、改廃請求ができ... (いやんばかんのブログ)
↓本当なら送るしかない都条例改正案可決した場合、改廃請求ができますhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1638597131&owner_id=34606646&comment_count=12&&mhome=1ただし、改廃請求活動に出版社が協...
 
 
 
土曜日 12/18・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年12月18日 土曜日 12/18・各社社説 今日は防衛計画大綱がメーンで読売を除いた5社が取り上げていた。その他は首相の首相沖縄訪問が2社重複していたのは此の二つだけだった。 護憲を叫ぶ人間には防衛力の強化は...
 
 
 
日曜日 12/19・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年12月19日 日曜日 12/19・各社社説 昨日は朝日の社説がネットに張り込まれるのが遅く、今日は産経の掲載が遅れているのか休みなのか,産経は今日はお休みです。 今日は新防衛大綱の社説が二社重複しているだけ...
 
 
 
月曜日 12/20/各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年12月20日 月曜日 12/20/各社社説 今日の社説は朝日と毎日が一項目の社説。 中で、唯一重複していたのは「高速無料化」の社説と云うことはあまり話題が無かったと云うことだろう 「高速無料化」私たち年代...
 
 
 
民主党都議会の裏切りで可決されたマンガ規制条例 (権力とマイノリティ)
■石原都政を助け表現の自由を束縛する民主党、読売新聞のリーク通りの結果 11月16日に読売新聞がリークと思われる記事を発表。それによれば「再提出案では『非実在青少年』の文言を削除、18歳未満とした規制対象のキャラクターについての言及を避けた」と報道。続...
 
 
 
キリスト教と科学 (社会のための学術的考察ブログ)
世界の宗教で最も勢力が大きいのは、キリスト教とイスラム教です。先進国のほとんどはキリスト教国ですから、キリスト教が最も影響力が強い宗教だと言えるでしょう。キリスト教が勢力を伸ばした原因はいくつか...
 
 
 
武道・格闘中継を「傷害行為を賛美するから規制して」なんて言われたらどうしますか? (表現空間S.R 管理人のノート)
 今回の記事は当サイト所定条件で無断転載など可能とします。  先日、東京都で「東京都青少年健全育成条例」の改正案が可決された。当サイトでは以前の記事「成立しても見直させることは不可能ではない」でこの条