TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




まもなく東西の衆議院補欠選挙の投票が終わり、大勢が判明し、与党に勢いがあれば、いよいよ「共謀罪第2ラウンド」がやってくるし、たとえ与党に辛い結果であっても、11月19日の沖縄県知事選挙をうかがいながら「共謀罪成立」のための作戦を立ててくることは間違いがない。しかし、ずいぶん国会をなめた話ではないか。政府提案の共謀罪に問題が多々あったことも自民・公明の議員たちは認めた。だからこそ、数度にわたる「修正案」を出しては引っ込め、強行採決を準備してまた書き直しては急停車し、「民主党案丸飲み」で宙返りに失敗してからは、第3次修正案なるものを通常国会が閉会する最後の委員会で朗読して、迷走を重ねたのだった。

夏の間、私は「海外の状況」に関心を抱き続けた。外務省の答弁姿勢が妙におどおどしていて、何かを隠している人たち特有の逆オーラが漂っていたからである。人間というのは面白いもので、何気ない表情や仕種が「言外に語る」ということもある。法務省によれば、「言外の意思表示」も共謀罪成立後は「要件が整えば沈黙の共謀と言えなくもない」などと言われてしまうだろうから、この法律がいかにディープな心の中に忍び込んでくるかは、『共謀罪とは何か』(岩波ブックレット)に詳しく書いておいたからぜひ読んでほしい。

そして、案の定「アメリカ合衆国」が国際組織犯罪対策条約を批准時に留保していたという重大事実を隠蔽していたことが明らかになった。この事情については、以前何度か書いている(今年の9月13日10月5日10月12日など)から省略するが、衆議院法務委員会で外務省は重大な虚偽答弁を行っていたのではないかとの疑いが20日の私の質疑で問題となった。昨日、昼過ぎに開いた毎日新聞の朝刊が次のように書いている。

「米国が「一部の州には限定的な共謀罪しかない」として、国際組織犯罪防止条約の一部規定を留保(特定の規定を自国に適用しない意思表示)していた問題で、外務省が米国の留保方針を知りながら「米国では特に問題なく法整備が可能だった」と国会で答弁していたことが分かった。同省の説明では、昨年10月12日に在米大使館から米国の留保方針の情報を得た。しかし、9日後の衆院法務委員会で小野寺五典外務政務官(当時)は「米国は共謀罪の規定を既に有し、条約との関係では特に問題なく法整備が可能だったと承知している」と答弁した。
 20日の同委員会で保坂展人議員(社民)がこの答弁を問題にし、「留保について何も言及しないのはいかがか」と質問。松島みどり外務政務官は「基本的に米国(連邦法)には共謀罪がある。留保は一部に過ぎない」と答えた。(『毎日新聞』10月21日朝刊)

さらに同委員会では、アメリカの州法の中で共謀罪の規定が限定的な州はたとえばどこなのかという問いに対して、「アラスカ・オハイオ・バーモント」であると答えた。これらの3州には殺人などの重大な犯罪にかかる共謀罪はあるが、その他の犯罪の共謀罪がない。だが、連邦法が幅広く適用されるので、実際上は条約批准の留保で「例外扱い(州法で犯罪となっていないので、連邦法も適用されない行為)は「ほとんどない」との回答を得ていると外務省西審議官は答弁した。つまり、アメリカは留保はしたが、条約が求める「長期4年以上の犯罪」はすべて共謀罪の対象となり「例外はほとんどない」とのことだ。

この「ほとんど」がひっかかる。ないなら、ないと断言したらいい。しかし、「ない」と断言すると、連邦政府は州政府に法改正を指示しなくてもいいことになり、条約批准にあたって「留保」をかける必要はまったくない。いや、それでも念のために「留保」をかけたのであるという外務省の主張だが、それだけ根拠薄弱な留保が簡単になされるのなら、日本もきちんと留保を考えようじゃないか。ピストルやマシンガンが平気で販売されている国と、銃刀法などで所持罪(これも、使用以前の予備段階で厳罰化されている)国と一緒にするのも、おかしな話じゃないか。

「アラスカ・オハイオ・バーモンド」という3州を外務省はあげたが、3州だけとは限らない。アメリカの各州の刑法で「限定的な共謀罪」を持っているのはどこなのかを読者の方で御存知の方はぜひ知らせていただきたい。おそらくアメリカ政府の留保によって犯罪とならない行為(共謀)を具体的にあげることが出来たら、日本政府が例外なく619種類の共謀罪を作ろうとしている正当性が問われることになる可能性がある。松島みどり外務大臣政務官は6月まで法務委員だった自民党の政治家だが、ジャーナリスト出身。「ほとんどないの例外的な事例が何に当たるのか調べて委員会に報告します」と答弁した。

こんな議論も「ええい、面倒だ。やればやるほど難しくなるから採決だ」と与党がなだれ込むとしたら、共謀罪というのは国際組織犯罪対策条約を悪用して国民を縛るために早く創設したい治安立法だという本質が明らかになってしまう。法務委員会の与党理事は、立派な見識と理性に溢れている人たちなので、ここは与野党問わずに法務省・外務省が議員に説明してきたことに嘘や、情報操作がなかったのかも含めて、検証していただきたい。

アメリカについて今日は書いたが、毎日、日替わりで色々な国の事例を書き続けるだけのデータは入手した。120カ国以上が批准したこの条約で国内法制化した国はノルウェーしかないということに注目してもらいたい。(私の質問主意書に対しての答弁書) 国際組織犯罪対策条約にグローバルスタンダートで歩調をあわせるのであれば、共謀罪創設は必要なく、既存の法律の一部改正などの手直しで十分だ。「民主党案じゃ批准できなない」(麻生外務大臣)という無知をさらけだしたのか、外務官僚の悪質なふりつけに乗ったのか、「越境性を犯罪成立要件」とした国まで存在していることを見ても分かる通り、批准は簡単に出来る。他の国は、「国連立法ガイド」に従って、自国の法体制を大事にしながらやっとるぞ。

皆さんからの指摘、提案もぜひいただきたい。

(追記)衆議院補欠選挙、自民党の2勝が確定した。こうなると、厳しい攻防が明日から始まると見て間違いないだろう。明日の動きに要注意だ。夕方4時には、さっそく教育基本法特別委の理事懇談会が予定されている。




この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 15 )



« 教育に市場原... 危うし、教育... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
東京新聞が共謀罪審議入りについて批判~ピーター・バラカンさんとも勝手に「共謀」 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
以前、アワープラネットTVを見学させてもらったことがあったので、感謝の気持ちで5周年記念パーティーに出席した。ピーター・バラカンさんが理事だそうで、挨拶をした。英国出身の方らしく、「テロ」と言う言葉は使いたくない、と言い、①国家の行為については ...
 
 
 
【転載熱望】共謀罪の行方に関心を寄せるすべての方へ送る海渡弁護士の解説 (共謀罪ってなんだ?)
以下も、ヤメ蚊さんのブログ「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士」 からの転載です。 (ここから) --------------------------------------------------------------------------------------------------- 先日、アラー ...
 
 
 
1789 フランス革命 そして 2006 日本民主主義元年! 安晋会自民党をひきずりおろせ! (新党を欲する人 ~ 立憲平和党本部)
= 衆院補選に負けようと 今年を「日本民主主義元年」とする! = ''' 立憲平和党党首 与志井 和が吼える ポッドキャスト ''' ''' http://geocities.yahoo.co.jp/gl/tereterew5/view/20061022 ''' = 衆 ...
 
 
 
共謀罪審議に松島みどり議員が登場(入管法改定案に関する国会会議録より) (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2006.10.22.17:45ころ 共謀罪、隠してきた米国留保の謎が解け始めて
 
 
 
「共謀罪めぐり法務省、外務省、日弁連がネット上で論戦(朝日)... (タカマサのきまぐれ時評)
■朝日のきのうの記事を転載。この表題そのものが、かなりヤバい状況を象徴しているようにおもうのは、ハラナのおもいすごしか?共謀罪めぐり法務省、外務省、日弁連がネット上で論戦2006年10月21日11時19分(asahi.com) 共謀罪を創設する法案をめぐって臨時国会 ...
 
 
 
W補選 自公勝利で「共謀罪」ヤバイ状況? (競艇場から見た風景)
W補選「自民・公明」の与党が勝利したことで、一気に「共謀罪」を強行採決する可能性が高まったのでは? 本当にヤバイ予感がする。予感が外れてくれることを祈るのだが・・・。共謀罪めぐり法務省、外務省、日弁連がネット上で論戦 共謀罪を創設する法案をめぐっ ...
 
 
 
[緊急] 教基法改悪法と共謀罪 24日にも強行採決か (m2のブログ)
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/actions
 
 
 
共謀罪法案の審議入り=強行採決の行方は? (法と常識の狭間で考えよう)
 10月22日に大阪9区と神奈川16区で行われた衆議院議員補欠選挙は、自民党の2
 
 
 
手っ取り早く「共謀罪」法案廃案を求めるサイバーアクション (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
あちこちの送り先にメールをいっぺんに同送できるシステム。これを利用しない手はない。 以下、グリーンピース・ジャパン http://www.greenpeace.or.jp/info/features/civil_liberty/cyberaction/ からのメール転載 ↓ 憲法99条で憲法擁護義務を ...
 
 
 
共謀罪 手軽なアクション (喜八ログ)
■「亡国の愚法『共謀罪』に反対の声をあげたいのだが、電話は苦手だし、FAXはもっていないし、メールをだすのも面倒だし・・・」という「面倒くさがり」は少なくないと思います(正直なところ私もその1人です(汗))。そういう方にも気軽にできるアクシ ...
 
 
 
共謀罪、隠してきた米国留保の謎が解け始めている (政治・経済 メモ代わりに・・・)
「保坂展人のどこどこ日記(2006-10-22)」より引用。(★引用開始★)夏の間、私は「海外の状況」に関心を抱き続けた。外務省の答弁姿勢が妙におどおどしていて、何かを隠している人たち特有の逆オーラが漂っていたからである。人間というのは面白いもので、何気 ...
 
 
 
共謀罪必要論を根本から ― 根こそぎ退治して! (とくらBlog)
 私も共謀罪といえば、やっぱり、この画像↓をすぐに思い出します。今日の川辺よりさんのTBで再会しました。  共謀罪は今国会見送りかと思っていたら、急に24日強行採決か?という記事があふれ、おまけに、みんなが転載されている記事に、平岡議員の名前が ...
 
 
 
共謀罪の審議、後回し 衆院法務委員会(朝日新聞) (「国民保護法」ってご存知ですか?)
共謀罪、隠してきた米国留保の謎が解け始めている
 
 
 
[報道メディア]検事総長の指揮権を促す上申書を作成することになりました。 (hirono_hideki 日暮途遠)
検察官はそれぞれが検察権を行使する独任官庁であるが、結局のところ検察権は行政権に属し、全体として統一されたものでなければならないことから、検察官は検事総長を頂点とした指揮命令系統となっている(検察官同一体の原則)。 http://ja.wikipedia.org/wiki/ ...
 
 
 
【速報】 共謀罪・・・この臨時国会での審議は見送りに! (日本がアブナイ!)
何と与党は、この秋の臨時国会で「共謀罪」の審議を行なうことを断念することに決めたと いう。(~~)yoshi yoshi  でも、その分、教育基本法の改正を急ぐらしい。^^;  コレも何とか阻止したいな~。p(*^-^*)q がんばっ♪     「共謀罪」創設 ...