TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




30日、大阪市西区の靱(うつぼ)公園と中央区の大坂城公園でホームレスのテントを一掃するという行政執行が行われた。大阪市職員と警察官1000名が抗議するホームレスとその支援者たちに包囲網を縮めていき実力行使したという。大阪市は、イベントが近づいており公園整備をやる必要があったというのだが、考えさせられる出来事だ。

大阪の経済状態は悪い。関空の工事が終わり、建設産業からもたくさんの失業者が出た。仕事があれば就業したいが、肝心の仕事がないという人たちがホームレスの人たちの事情だ。仕事はあるけどあえてやめて、ホームレスになったという人はいない。住所不明でも就業できるのは日雇い労働ぐらいで、建設不況で仕事にアブレる人たちが公園のテント村に避難していったのではないか。

少年たちや酔った若者たちによる「ホームレス襲撃事件」は全国で頻繁に起きている。「人間以下」「汚い」と罵倒して、殴る蹴るの暴行を受け、大怪我をして亡くなった人も少なくない。ライブドア事件が「六本木の大金持ちの若者・ホリエモン」の事件なら、大阪では「公園の極貧のホームレス」を行政がどう扱うかについて問いかける事件だ。

大阪市は10億円を準備して宿泊所をつくったという。ひとり1畳程度しかない(これはテレビ番組で聞いた話だが)宿泊所では、公園のテントの方がいいと住民たちは反発した。放漫財政の大阪市は、第3セクターで高層ビルをつくったり、箱ものを次々と造って大赤字になっている。失業対策事業で「仕事」を回復できる環境を取り戻すことが一番のホームレス福祉になると思う。

この冬の寒さは厳しい。「甘えている」「迷惑な人たち」「勝手なことやっている」と非難するのは自由だが、私たち自身がこの寒さのさなかに野宿できるか、金もなく、仕事もなく、助けてくれる人も見当たらず、寒空を見上げる公園の元住人たちが今夜どうしているのか---温かいスープと食事、暖房のきいた部屋で過ごしている私たちが心配し、どうしたらいいのか案じることを忘れないようにしたい。

『あしがらさん』という映画を一昨年観た。新宿の通称あしがらさんを20代の監督がより添いながら追跡した秀作だ。小泉構造改革が進めば、ホームレスは加速度的に増加する。厳寒の時期、寒波が襲来すると何人もが路上で生命を終焉させる……そんな事態が起きかねない。政治の役割は大きい。

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )



« 官製談合、防... 金太郎飴の天... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
やっぱりもんたはもんた (家にいさせて)
200万だとか400万だとかの含み損で、被害者とされている音声処理&モザイク映像の人達にはこれっぽっちもシンパシーを感じない。 「堀江さん、凄いこと言ってたじゃないですか」と肩を落とす主婦。悲しいBGMと共に、眠れない日々が続く・・・と神妙なナレーション。 「許
 
 
 
ブルーシート村撤去 (やんちゃなおやじ!)
 大阪名物、また一つ消える! 大阪城のあちこちにあった『テント村』、いきなし撤去されちまったよ。  正論から言えば、当然! いつまでどあつかかましゅうただで住んどんねん! 水道は使い放題、トイレ完備、弁当の食い残しはどこにでもあるし、都心のまん中やから一応便
 
 
 
公園はホームレスの「住所」だ! (青天白日)
・公園暮らしに「住所」認める 「実体ある」と大阪地裁(朝日)今日の朝刊一面に出ていた記事だが、いやあ、この判決は面白い。判決を承けて、自治体側では早くも「ホームレスたちからの転入届が殺到するのではないか」と怯え始めているらしい。被告の北区長が控訴するのは
 
 
 
トラックバック雑記文・06年02月04日 (新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~)
 今回のトラックバック:赤木智弘/木村剛/東浩紀/「ニート・ひきこもり・失業 ポータルネット」/渋井哲也/芹沢一也/「S氏の時事問題」/「ヤースのへんしん」/「読売新聞の社説はどうなの・・2」/保坂展人/「topics:JournalistCourse」  過日、『「ニート」っ
 
 
 
国と仕事と「汗水流して働く」 (猫のあしおと)
いわゆる「汗水流して働く」と言うと、まず土建だろう。 その現場とは、高級車に乗って貴金属をジャラジャラしている社長に 顎で使われるような状態だ。 それを「アタリマエ」にしているのでは、汗水流して働く という行為が尊敬されるようになるハズもない。 .