TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




今日は雨が降り続ける中を、街頭演説を続けた。体の芯から冷えてくるような数時間だったが、「政治」という場に居続けて「言葉」を武器にして「文書」と「演説」で有権者に語りかけ続けるという営為を私たち政治家は、続けていかなければならないと思っている。「保坂さん、政権の批判はよく判りました。演説を聞いていると批判が多くて何をやりたいのか分からない」という声にも出会う。ああ、民主党が陥っている「対案路線」の影響が、ここにも出てきているのだなと思う。

私はタウンミーティングのデタラメぶりに怒っている。しかし、怒っているから判るのだが、国会の野党議員の中にも温度差がある。「まあ、どうせ政府のやることなんてそんなもんでしょ」というようなシニカルな声から、「批判しても与党が多数なのだから、選挙で勝って政権交代をするしかない」という声。どちらも、間違っているわけではない。

麻生外務大臣の「核武装論議容認論」についても、久間防衛庁長官の「イラク戦争支持は小泉総理個人の見解発言」にしても、ユルフン状態の緊張感を欠いた放言・失言が続いている。しかし、その時、その場で怒るということが大事ではないだろうか。その場で、怒らずに許容することが、政治のレベルをますます下げていく。『TVタックル』やワイドショーが追求する「面白さ」に迎合し傾斜していくと、政治家は瞬間芸にたけて、ますます「演技者」となる。

政治とは希望の言葉を紡ぐ仕事である。どんなに暗い時代にも、どんなに風雨が激しくとも、未来の一点の光明をみつめて、その可能性を人々に伝える職責があると考えている。ただ、私は怒っている時に、ニコニコ笑うわけにはいかない。怒っていることをしっかり相手に伝えることがなければ、国会論戦も予定調和をこなすだけになってしまう。

昨日の記者会見は、毎日新聞が書いてくれた。他のメディアでは、来週もまた、「内閣・政府広報」の検証は進めていきたいと思っている。このタウンミーティング問題の無駄遣い追及や、官邸ホームページ・メルマガ費用年間7億円台という事実に、私は驚きあきれて問題にした。「まあ、いいじゃないか。7億ですむなら安いじゃないか」という意見がある人もいて、いろいろな受け取り方があるなと思う。来週になれば、何にどのような予算を使っていたのかが判るので、続報をお待ちいただきたい。

怒りを安定して燃焼させることで、熱い意志を育んでいきたい。怒りが暴発することなく、その対象を変革していくためにはプログラムも戦略も必要となる。瞬間湯沸かし器のように煙をあげているだけでは、やがて怒っている側自身が焦げついてしまう。「怒り」が空回りして宙に散ってしまうことのないように、作戦を立てて戦略を練って、わかりやすく人に伝わる言葉で、ひとりひとりに明日も語りかけ続けたい。

(誤変換ご指摘ありがとございました。直しました。12月10日)

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« タウンミーテ... 秋深まり、や... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
〔爆笑動画〕熱弁を振るう安倍首相のニセ者 (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
爆笑!偽安倍晋三動画 http://www.youtube.com/watch?v=ZChBDYx-354&eurl= 東京ばなな「見ぃつけたっ」(16個入り)
 
 
 
「明治以後の日本人としては森鴎外が一番えらいと・・」 (いわいわブレーク)
これは『戦後精神の経験〈2〉―藤田省三小論集』(影書房1996年)のある経済学教授との(‘90年に行なわれた)対談の中で、出てくる故・藤田省三氏のセリフです。(この対談は、みすず書房『全体主義の時代経験』‘95年にも収録)ちょっと、えっ?と感じました ...
 
 
 
民主党と教育基本法の改定問題ー民主党は徹底抗戦せよー (未来を信じ、未来に生きる。)
 参院教育基本法特別委員会は7日、教育基本法改正案について11日に参考人質疑、12日に中央公聴会を開催することを決めた。  与党は14日に締めくくり質疑と委員会採決を行う方針で、成立は15日の会期末ぎりぎりになる公算が大きくなった。野党が内閣不 ...
 
 
 
財源に関するKaisetsuの提案 (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 『New Platonic Synergy Theory』   )
Kaisetsuの提案 租税特別措置法の完全廃止。揮発油税を含めて道路関連税の一括廃止。一般消費税の廃止。同時に環境関連税、福祉関連税の創設。高額所得税、不労所得税、奢侈税特にタバコ税・酒税の懲罰課税の創設、自動車・バイク運転税の創設、現行の道路関 ...
 
 
 
安倍総理が「国益に立脚した戦略の政治家」だって?? (ちょっと一言)
 何となく安倍総理の影が薄いと感じる今日この頃ですが、それに反して気になりだした
 
 
 
フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物?(3) (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2006.12.10.14:30ころ フィリピンから介護士、日本から毒性廃棄物?
 
 
 
憲法9条を世界遺産に (けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト)
 「憲法9条を世界遺産に」(集英社新書 太田光 中沢新一 対談)を読みました。芸
 
 
 
「共謀罪創設法案の審議再開の前提となる要求事項」に対する回答~NPJに全文掲載 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
共謀罪関連法案について、野党側が審議に入る条件の一つとして、政府に提出していた「共謀罪創設法案の審議再開の前提となる要求事項」に対する回答がだされた。まだ、十分に検討していないが、これまでの形式的な回答の域を超えるものではなさそうだ。これでは、 ...